【2016年】
● 2016春闘 都本部統一要求・基本9項目について確認ー妥結 (2016年3月)
【2015年】
● 2015春闘 格差是正闘争本部(市職・臨職・公共労)団結して闘う (2015年4月)
【2014年】
● 2014春闘 都本部統一要求統一指標について一定の回答が示された (2014年3月)
【2013年】
● 2013春闘 都本部統一要求基本10項目について一定の回答が示された (2013年3月)
● 2013春闘 デフレ脱却と賃金の向上! (2013年2月)
【2012年】
● 2012春闘 一定の内容に到達 (2012年3月)
● 2012春闘で取り組む重点課題 (2012年2月)
【2011年】
● 2011春闘 都本部統一指標基本項目をクリア (2011年3月)
● 2011春闘「都本部統一要求書提出」 (2011年3月)
● 2011春闘の取り組みについて (2011年2月)
【2010年】
● 2010春闘 当局側、組合主張を認めた回答を示す! (2010年5月)
● 2010春闘の交渉課題 臨職組合・公共労 (2010年3月)
● 2010春闘 生活向上のための賃金・労働条件改善 (2010年3月)
● 2010春闘の取り組み 6拠点春闘地域集会の開催 (2010年2月)
【2009年】
● 2009春闘交渉到達点を確認 一定の回答を引き出し妥結 (2009年4月)
● 格差是正闘争本部の取り組み (2009年3月)
● 2009春闘の取り組み (2009年2月)
【2008年】
● 4/4 黒須市長と春闘交渉到達点を確認 (2008年5月)
● 2008格差是正春闘フォト・レポート (2008年4月)
● 2008春闘 労働基準法、労働安全衛生法が遵守された働きやすい職場づくりを目指して (2008年2月)
【2007年】
● 自治労八王子市公共サービス職員労働組合(公共労)の取り組み (2007年3月)
● 嘱託員の報酬引き下げ提案に対する交渉強化を (2007年3月)
● 2007春闘 格差是正! 春闘勝利に向けて (2007年3月)
● 2007春闘 STOP! THE 格差社会 拡大し、固定化する格差の是正を (2007年2月)
【2006年】
● 2006春闘の取り組み (2006年3月)
● 地域労働運動の推進を (2006年3月)
● 春闘批准投票終了─今秋賃金確定までの闘争体制確立 (2006年3月)
● 2006春闘オルグを実施します (2006年2月)
【2005年】
● 春闘確認書について (2005年3月)
● 2005春闘 人勧尊重、「現行賃金水準を踏まえた協議」を確認 (2005年3月)
【2004年】
● 2004春闘 (2004年3月)

2007春闘 拡大し、固定化する格差の是正を

田中副市長に要求書を提出する
 臨職組合小林委員長

格差社会が生み出す低所得者と長時間労働
 政府は「景気回復」局面が続き、企業収益は五年連続の増収、雇用情勢は回復、消費も上昇傾向と宣伝しています。
 しかし、私たち一般市民・労働者に景気回復の実感はありません。
 事実、株主配当や企業役員の収入が倍増するだけで、労働者の賃金は逆に目減りをしています。(下図参照)
 さらに、定率減税の廃止や社会保障費の増大で、可処分所得は減少しています。
 また、失業者は減っても、雇用増の実態は非正規、短期・短時間雇用です。このため、正規雇用者は長時間労働とリストラに苦しみ、一方では正規・非正規の格差は拡大しています。
 07春闘では、いきすぎた格差の是正、非正規雇用の均等待遇、人間性のあるワークルールの確立が問われています。

格差社会が生み出す低所得者と長時間労働
 臨職組合の調査によれば、八王子市に勤務する臨時・非常勤職員は千人を超えています。(含む教育委員会)
 八王子市の公共サービスは、臨時・非常勤職員がいなければ成り立たない状況といえます。
 これまで組合側は、業務内容の協議を進める中で、臨時・非常勤の方が担いやすい業務も検討してきました。しかし最近の実態は、正規職員の極端な人員抑制と、無原則的な臨時・非常勤職員の増大傾向といった状態が続いています。
 一方、臨時・非常勤職員の雇用条件は有期雇用(2ヶ月〜1年)、低賃金、不十分な福利厚生など均等待遇(労働基準法第三条)を満たしているとはいえません。
 格差是正春闘の最大課題が、臨時・非常勤職員の処遇改善といえます。


 

(機関紙「はちおうじ」460号/2007.2.7)

▲top (上のメニューに戻ります)