【2016年】
● 2016春闘 都本部統一要求・基本9項目について確認ー妥結 (2016年3月)
【2015年】
● 2015春闘 格差是正闘争本部(市職・臨職・公共労)団結して闘う (2015年4月)
【2014年】
● 2014春闘 都本部統一要求統一指標について一定の回答が示された (2014年3月)
【2013年】
● 2013春闘 都本部統一要求基本10項目について一定の回答が示された (2013年3月)
● 2013春闘 デフレ脱却と賃金の向上! (2013年2月)
【2012年】
● 2012春闘 一定の内容に到達 (2012年3月)
● 2012春闘で取り組む重点課題 (2012年2月)
【2011年】
● 2011春闘 都本部統一指標基本項目をクリア (2011年3月)
● 2011春闘「都本部統一要求書提出」 (2011年3月)
● 2011春闘の取り組みについて (2011年2月)
【2010年】
● 2010春闘 当局側、組合主張を認めた回答を示す! (2010年5月)
● 2010春闘の交渉課題 臨職組合・公共労 (2010年3月)
● 2010春闘 生活向上のための賃金・労働条件改善 (2010年3月)
● 2010春闘の取り組み 6拠点春闘地域集会の開催 (2010年2月)
【2009年】
● 2009春闘交渉到達点を確認 一定の回答を引き出し妥結 (2009年4月)
● 格差是正闘争本部の取り組み (2009年3月)
● 2009春闘の取り組み (2009年2月)
【2008年】
● 4/4 黒須市長と春闘交渉到達点を確認 (2008年5月)
● 2008格差是正春闘フォト・レポート (2008年4月)
● 2008春闘 労働基準法、労働安全衛生法が遵守された働きやすい職場づくりを目指して (2008年2月)
【2007年】
● 自治労八王子市公共サービス職員労働組合(公共労)の取り組み (2007年3月)
● 嘱託員の報酬引き下げ提案に対する交渉強化を (2007年3月)
● 2007春闘 格差是正! 春闘勝利に向けて (2007年3月)
● 2007春闘 STOP! THE 格差社会 拡大し、固定化する格差の是正を (2007年2月)
【2006年】
● 2006春闘の取り組み (2006年3月)
● 地域労働運動の推進を (2006年3月)
● 春闘批准投票終了─今秋賃金確定までの闘争体制確立 (2006年3月)
● 2006春闘オルグを実施します (2006年2月)
【2005年】
● 春闘確認書について (2005年3月)
● 2005春闘 人勧尊重、「現行賃金水準を踏まえた協議」を確認 (2005年3月)
【2004年】
● 2004春闘 (2004年3月)

2008格差是正春闘フォト・レポート


 〈3/1〉 連合中央集会
 3月1日、連合は明治公園で格差是正を中心課題とした春闘中央集会を開催しました。3月前半の春闘山場を前に、約15,000人の参加があり、八王子市職からも120人が集会とデモ行進に参加しました。
 連合は「先進国の中で低い日本の労働分配率を改善し確実な賃金改善の実現」「パート労働者の処遇改善と組織化」「ワークライフバランスの推進」「派遣法の見直しと最低賃金の引き上げ」などを掲げ、春闘山場の交渉を強めるとしています。
3・1 格差是正連合中央集会

自治労宣伝カーに続く八王子市職組合員


 〈2/25〉 団体交渉
(2/25)団体交渉で要求書を提出
 八王子市職、臨職組合、公共労、八王子市職現評は、2月25日に団体交渉を開催し、08春闘・自治労統一要求と独自要求を当局に提出しました。
 組合側は「格差是正闘争本部を設置し、臨時非常勤職員、公共民間組合員の処遇改善に取り組む。八王子市当局は誠意ある回答を」と迫りました。


 〈3/4〉 当局側回答
 八王子市当局は、3月4日団体交渉で基本的な回答を示し、春闘期の確認(下ページ)を交わすことになりました。
(3/4)回答する当局側・田中副市長


 〈2/25〉〈3/7〉 本庁朝ビラ
交渉を伝える朝ビラ配布
 本庁職場では、団体交渉に合わせて、各職場代表による朝ビラ配布行動を続けました。


 〈3/13〉 自治労三多摩地域協議会 春闘決起集会に150人参加
 3月13日、自治労東京都本部三多摩地域協議会(藤岡議長)は立川市民会館で春闘決起集会を開催しました。参加者は四百名を超え、八王子市職、臨職組合、公共労からは約150人が参加しました。
 自治労三多摩地域協議会は、多摩地域の自治労組合員が身分の壁を超えて、地域公共サービスの確立と労働条件改善、格差是正の取り組みを進めるために設置されました。
多数の参加者であふれた三多摩地域協議会の春闘集会
藤岡議長挨拶
三多摩地域協議会の
議長を務める藤岡委員長
「08春闘は、当初経営側も一定の賃上げを容認する動きが見えたが、円高や金融不安などを理由に、大手組合の賃金交渉は成果が上がっていない。中小組合はもっと厳しいので格差は拡大する傾向にある。
 一方、自治体公共サービスの状況は、小泉改革以降「官から民へ」「小さな政府」といった流れで、アウトソーシングが強まっている。これにより自治体公共サービスが空洞化し、低賃金、不安定雇用が拡大している。春闘でこの状況を変える取り組みを強めよう」


 〈3/10〉 保育園部会 独自学習会を開催
保育園部会の春闘学習会
 保育園部会は3月10日、春闘学習会を開催し、保育指針について確認しながら、保育園を取り巻く状況、基幹型保育所の役割など部会全体で取り組む確認をしました。


 〈2/16〉 自治労臨時非常勤 全国集会に参加
 2月16日、自治労は臨時非常勤全国集会を開催し、八王子からは臨職組合が参加しました。
 全国の自治体に働く臨時職員、嘱託職員の雇用や賃金、休暇制度などの情報交換を実施しました。
臨時非常勤職員の全国集会

 

2008春闘 格差是正闘争本部で闘う
 八王子市職、臨職組合、公共労、八王子市職現評は昨年秋の賃金確定闘争に踏まえ、通年的に臨時非常勤職員の処遇改善、公共事業の委託先労働者=公共労の雇用確保と労働条件改善を取り組むため格差是正闘争本部を設置しました。
 本部長は藤岡八王子市職委員長、副本部長は小林臨職組合委員長、小泉公共労委員長、鈴木現評議長といった四団体が一体で取り組む体制となっています。
 組合側は格差是正闘争本部を中心に、全職場で身分を超えた職場改善に取り組みます。



確  認  書

 平成20年の春闘期の交渉に際し、下記のとおり確認する。

1.官民格差を是正するための賃金改定率は、東京都人事委員会勧告を尊重する。なお、国の地域給への対応を踏まえ検討してきた給与水準については、自主交渉・自主決着を基本に引き続き協議していく。

2.臨時職員・嘱託員の位置づけ、あり方については、引き続き賃金任用制度検討会で協議する。また、時代の要請である格差是正・均等待遇の動向を踏まえ、臨時職員・嘱託員の勤務労働条件の改善については、関係団体と協議していく。

3.職員の勤務時間については、民間の所定労働時間との均衡を図るため、人事院勧告を尊重する。
  また、労働基準法第36条に基づく協定については、これまでどおり協議し締結する。なお、不払い残業はないものと認識しているが、実態の把握に努め、もしあれば直ちに解消する。

4.公共サービスの実施者として、公共サービス関連の事業所に従事する民間労働者の労働環境は、市民サービスに影響を与えることを認識し、労働環境の改善・安全管理の徹底を含め関係法令を遵守するよう、事業者に対し引き続き要請していく。また、公契約改革については、他市に先がけて導入した総合評価制度の導入結果を検証し、引き続き検討していくものとする。

5.組織機構改革や指定管理者制度の活用に当たっては、適正な人員配置など施設の設置目的が達成されているか検証し、事前に協議するとともに、行政サービスのあり方を踏まえ対応する。

6.ワーク・ライフ・バランスの実現を目指し、特定事業主行動計画を検証すると共に、時間外勤務の削減や両立支援のための取り組みを充実していく中で、男女平等をさらに推進していく。

7.その他、委託事業については、偽装請負等の問題はないと認識しているが、今後さらに適正化に努める。

平成20年3月6日
(2008年)
                副市長    田中 正美
                副執行委員長 関谷 健司


(機関紙「はちおうじ」474号/2008.4.3)

▲top (上のメニューに戻ります)