【2016年】
● 2016春闘 都本部統一要求・基本9項目について確認ー妥結 (2016年3月)
【2015年】
● 2015春闘 格差是正闘争本部(市職・臨職・公共労)団結して闘う (2015年4月)
【2014年】
● 2014春闘 都本部統一要求統一指標について一定の回答が示された (2014年3月)
【2013年】
● 2013春闘 都本部統一要求基本10項目について一定の回答が示された (2013年3月)
● 2013春闘 デフレ脱却と賃金の向上! (2013年2月)
【2012年】
● 2012春闘 一定の内容に到達 (2012年3月)
● 2012春闘で取り組む重点課題 (2012年2月)
【2011年】
● 2011春闘 都本部統一指標基本項目をクリア (2011年3月)
● 2011春闘「都本部統一要求書提出」 (2011年3月)
● 2011春闘の取り組みについて (2011年2月)
【2010年】
● 2010春闘 当局側、組合主張を認めた回答を示す! (2010年5月)
● 2010春闘の交渉課題 臨職組合・公共労 (2010年3月)
● 2010春闘 生活向上のための賃金・労働条件改善 (2010年3月)
● 2010春闘の取り組み 6拠点春闘地域集会の開催 (2010年2月)
【2009年】
● 2009春闘交渉到達点を確認 一定の回答を引き出し妥結 (2009年4月)
● 格差是正闘争本部の取り組み (2009年3月)
● 2009春闘の取り組み (2009年2月)
【2008年】
● 4/4 黒須市長と春闘交渉到達点を確認 (2008年5月)
● 2008格差是正春闘フォト・レポート (2008年4月)
● 2008春闘 労働基準法、労働安全衛生法が遵守された働きやすい職場づくりを目指して (2008年2月)
【2007年】
● 自治労八王子市公共サービス職員労働組合(公共労)の取り組み (2007年3月)
● 嘱託員の報酬引き下げ提案に対する交渉強化を (2007年3月)
● 2007春闘 格差是正! 春闘勝利に向けて (2007年3月)
● 2007春闘 STOP! THE 格差社会 拡大し、固定化する格差の是正を (2007年2月)
【2006年】
● 2006春闘の取り組み (2006年3月)
● 地域労働運動の推進を (2006年3月)
● 春闘批准投票終了─今秋賃金確定までの闘争体制確立 (2006年3月)
● 2006春闘オルグを実施します (2006年2月)
【2005年】
● 春闘確認書について (2005年3月)
● 2005春闘 人勧尊重、「現行賃金水準を踏まえた協議」を確認 (2005年3月)
【2004年】
● 2004春闘 (2004年3月)

4/4 黒須市長と春闘交渉到達点を確認

 4月4日、八王子市職、臨職組合、公共労の三組合は黒須市長、田中副市長と春闘交渉の到達点を改めて確認し、今後の課題について協議しました。
 これまで組合交渉は田中副市長が労務担当の理事者として対処してきましたが、山積する労使の諸課題とともに、春闘確認に踏まえた今後の労使協議を着実に進めるため、黒須市長と藤岡委員長をはじめとする組合側との協議を持つことになりました。


 組合側は、昨年秋の賃金確定交渉に踏まえ、本年1月に八王子市職・現評、臨職組合、公共労で格差是正闘争本部(本年12月までの臨時組織)を設置し、春闘交渉も格差是正闘争本部として取り組みました。


賃金水準、格差是正政策課題の協議推進
 冒頭、藤岡委員長から「(1)職員の生活、働き甲斐を実現するための賃金任用制度、脱単純労務職化等の推進。(2)臨時非常勤職員や公共サービスを請け負う公共民間労働者の処遇改善。(3)次世代育成支援、長時間労働の是正。(4)自治体として市民生活を守るために、社会的な不正を見抜き、適切な公共サービスを実現する体制(画一的な委託や指定管理者制度の見直し)」について発言しました。
 これに対して黒須市長は、「安定した労使関係は自治体運営にとって大切だと認識している。このことは八王子の中小企業・従業員にも大きな影響を与えるのでしっかりやっていきたい」また「財政が厳しいから給与を下げると言う考え方ではいい仕事はできない。自治体業務を担う臨時・非常勤職員の処遇も課題があると思う」さらに「こどもの保育や教育、文化や歴史などの施設を一律的に指定管理者とすべきか検討する必要もある」としました。
 政策課題についても確認し、とくに地域サービスについては組合側の提言も含め今後協議したいとの考え方が示されました。


(機関紙「はちおうじ」475号/2008.5.12)

▲top (上のメニューに戻ります)