【2016年】
● 2016春闘 都本部統一要求・基本9項目について確認ー妥結 (2016年3月)
【2015年】
● 2015春闘 格差是正闘争本部(市職・臨職・公共労)団結して闘う (2015年4月)
【2014年】
● 2014春闘 都本部統一要求統一指標について一定の回答が示された (2014年3月)
【2013年】
● 2013春闘 都本部統一要求基本10項目について一定の回答が示された (2013年3月)
● 2013春闘 デフレ脱却と賃金の向上! (2013年2月)
【2012年】
● 2012春闘 一定の内容に到達 (2012年3月)
● 2012春闘で取り組む重点課題 (2012年2月)
【2011年】
● 2011春闘 都本部統一指標基本項目をクリア (2011年3月)
● 2011春闘「都本部統一要求書提出」 (2011年3月)
● 2011春闘の取り組みについて (2011年2月)
【2010年】
● 2010春闘 当局側、組合主張を認めた回答を示す! (2010年5月)
● 2010春闘の交渉課題 臨職組合・公共労 (2010年3月)
● 2010春闘 生活向上のための賃金・労働条件改善 (2010年3月)
● 2010春闘の取り組み 6拠点春闘地域集会の開催 (2010年2月)
【2009年】
● 2009春闘交渉到達点を確認 一定の回答を引き出し妥結 (2009年4月)
● 格差是正闘争本部の取り組み (2009年3月)
● 2009春闘の取り組み (2009年2月)
【2008年】
● 4/4 黒須市長と春闘交渉到達点を確認 (2008年5月)
● 2008格差是正春闘フォト・レポート (2008年4月)
● 2008春闘 労働基準法、労働安全衛生法が遵守された働きやすい職場づくりを目指して (2008年2月)
【2007年】
● 自治労八王子市公共サービス職員労働組合(公共労)の取り組み (2007年3月)
● 嘱託員の報酬引き下げ提案に対する交渉強化を (2007年3月)
● 2007春闘 格差是正! 春闘勝利に向けて (2007年3月)
● 2007春闘 STOP! THE 格差社会 拡大し、固定化する格差の是正を (2007年2月)
【2006年】
● 2006春闘の取り組み (2006年3月)
● 地域労働運動の推進を (2006年3月)
● 春闘批准投票終了─今秋賃金確定までの闘争体制確立 (2006年3月)
● 2006春闘オルグを実施します (2006年2月)
【2005年】
● 春闘確認書について (2005年3月)
● 2005春闘 人勧尊重、「現行賃金水準を踏まえた協議」を確認 (2005年3月)
【2004年】
● 2004春闘 (2004年3月)

格差是正闘争本部の取り組み


 *09春闘、市職の課題
▲3/3 田中副市長に要求書を提出する藤岡委員長

 09春闘も民間労働組合の本格的な交渉ゾーンに突入しました。昨年末からの世界的不況のなか、日本の民間企業は、リストラや派遣労働、といった構造改革によりバブル崩壊以降、体力を温存してきました。円高の影響も否定は出来ないにしろ、企業はここぞとばかり派遣契約を一方的に打ち切り非正規社員の解雇を強行しています。それに加え、政府与党は経済政策を明確に示すどころか、無責任な閣僚の対応など失策を繰り返しています。連合、自治労はこうした状況では景気回復は望めないとして、今こそ賃上げを勝ち取り、内需の拡大を通して景気の回復をめざして今春闘を闘うことを決定しました。
 こうしたなか、八王子市職臨職組合、公共労の格差是正闘争本部は、3月3日に都本部統一要求書を提出し、3月13日の民間労組の山場に合わせて要求実現に向け交渉体制を強化しました。
 具体的には(1)公務労働者としての賃金水準の確保(2)臨時非常勤職員の処遇改善(3)公正な公務サービス提供を目指し公契約条例の制定に向けた取り組みなど7つの指標獲得を求めています。
 一方各組織の課題として、八王子市職では地域給問題に伴う賃金のあり方や市民ニーズに見合ったサービス体制の確立と任用制度の確立を求めています。また、年度末を目前に控え、勤務時間の見直しや人員体制協議における再任用等の配置について協議をしています。
 とくに、勤務時間の取り扱いについては、一日の勤務時間を8時間から7時間45分に短縮するとして、今年4月からの実施を強く主張し確認しました。また、2010年度から再任用が5年間となるため、再雇用制度を見直すこととなります。
 こうしたことから組合では65歳まで働き続けられる環境作りを目指していきます。

《春闘の重点課題》
*勤務時間問題とサービス残業の追放
*通勤手段の変更(CO2の削減)
*連合の政策協定の実現の取り組み
*政策課題関連交渉・協議



 *09春闘、臨職組合の課題
▲2/21 自治労臨時・非常勤全国協議会

賃金、休暇等の待遇改善
 臨時職員の賃金については、改訂後の当局資料によっても、三多摩のJR沿線の主要な市に比べて、一般事務、保育士、栄養士、調理員等をはじめ低い職種も多く、100円以上も違う職種もあります。休暇についても他市を見てという考えが強いが、せめて他市なみの賃金の底上げと休暇の積極的改善を求めます。

任用制度の見直し
 嘱託職員の課題については、一般嘱託職員の任用制度見直しを中心に、嘱託員の現状や位置づけ、役割等について「賃金任用労使検討会」で協議をおこなっている。市当局には、コスト削減の報酬見直しではなく、市政にとっての必要性、常勤職員のパートナーとしての制度づくり、非常勤職員の給与に関する08人事院報告をふまえた協議を求めています。現在は、まだ入り口の交渉段階であり、雇用継続、格差の是正等の勤務・労働条件の協議には至っていません。

《春闘の重点課題》
*一般嘱託職員任用制度の見直し
*21年度嘱託職員報酬改定
*賃金、休暇等の待遇改善


 *09春闘、公共労の課題
▲3/3 団体交渉をする右側から臨職組合・小林委員長、公共労・小泉委員長、市職・藤岡委員長、執行部

臨時・非常勤職員の均等待遇・雇用確保
 八王子市職や臨時非常勤組合と共に、昨年立ち上げた「格差是正対策本部」に結集して09春闘を闘います。自治労方針を原則的に支持する立場ですが、賃上げもさることながら、臨時非常勤職員の均等待遇・雇用確保など、組織内の非正規労働者の課題解決に全力で取り組みます。
 要求書の提出や交渉は支部毎の対応になりますが、固有職員・嘱託職員の賃金などは、八王子市職や臨時非常勤組合の交渉結果に、大きな影響を受けます。従って、闘争本部の取り組みは重要です。
 学童保育所支部は、昨年以降、市職の部会等と連携し、学校改革検討会において、地域内の学童保育所機能の拡充など取り組みを続けています。
 ふれあい財団支部は、これまで春闘の統一要求書を除いては。08秋闘において、初めての請求書を提出しました。成果として嘱託員の特別休暇の拡充、賃金格差の一部改善が図られました。引き続き職場の声を要求にまとめて、09春闘につなげていきます。
 あすなろ保育園支部、互助会支部、社協支部、由木保育園支部も、当局側の一方的な不利益変更提案に押し切られないよう、公共労執行委員会や学習会等の取り組みを通じて交流を続けています。


《春闘の重点課題》
*賃金労働条件の事前協議、合意の確認。さらに労働協約の締結
*正規、非正規職員との処遇格差の解消
*生活できる賃金、報酬を前提とした雇用の継続、確保
*ワークライフバランスの実現と職場のワークルールの確立

 


(機関紙「はちおうじ」482号/2009.3.16)

▲top (上のメニューに戻ります)