【2016年】
● 2016春闘 都本部統一要求・基本9項目について確認ー妥結 (2016年3月)
【2015年】
● 2015春闘 格差是正闘争本部(市職・臨職・公共労)団結して闘う (2015年4月)
【2014年】
● 2014春闘 都本部統一要求統一指標について一定の回答が示された (2014年3月)
【2013年】
● 2013春闘 都本部統一要求基本10項目について一定の回答が示された (2013年3月)
● 2013春闘 デフレ脱却と賃金の向上! (2013年2月)
【2012年】
● 2012春闘 一定の内容に到達 (2012年3月)
● 2012春闘で取り組む重点課題 (2012年2月)
【2011年】
● 2011春闘 都本部統一指標基本項目をクリア (2011年3月)
● 2011春闘「都本部統一要求書提出」 (2011年3月)
● 2011春闘の取り組みについて (2011年2月)
【2010年】
● 2010春闘 当局側、組合主張を認めた回答を示す! (2010年5月)
● 2010春闘の交渉課題 臨職組合・公共労 (2010年3月)
● 2010春闘 生活向上のための賃金・労働条件改善 (2010年3月)
● 2010春闘の取り組み 6拠点春闘地域集会の開催 (2010年2月)
【2009年】
● 2009春闘交渉到達点を確認 一定の回答を引き出し妥結 (2009年4月)
● 格差是正闘争本部の取り組み (2009年3月)
● 2009春闘の取り組み (2009年2月)
【2008年】
● 4/4 黒須市長と春闘交渉到達点を確認 (2008年5月)
● 2008格差是正春闘フォト・レポート (2008年4月)
● 2008春闘 労働基準法、労働安全衛生法が遵守された働きやすい職場づくりを目指して (2008年2月)
【2007年】
● 自治労八王子市公共サービス職員労働組合(公共労)の取り組み (2007年3月)
● 嘱託員の報酬引き下げ提案に対する交渉強化を (2007年3月)
● 2007春闘 格差是正! 春闘勝利に向けて (2007年3月)
● 2007春闘 STOP! THE 格差社会 拡大し、固定化する格差の是正を (2007年2月)
【2006年】
● 2006春闘の取り組み (2006年3月)
● 地域労働運動の推進を (2006年3月)
● 春闘批准投票終了─今秋賃金確定までの闘争体制確立 (2006年3月)
● 2006春闘オルグを実施します (2006年2月)
【2005年】
● 春闘確認書について (2005年3月)
● 2005春闘 人勧尊重、「現行賃金水準を踏まえた協議」を確認 (2005年3月)
【2004年】
● 2004春闘 (2004年3月)

2010春闘の交渉課題 臨職組合・公共労

 2010春闘は、生活のできる、働きがいのある賃金報酬制度の実現に向け、
1.新年度の雇用確保
2.臨時職員の賃金単価引き上げ
3.処遇改善

を課題とし、そのほか格差是正に取り組みます。「過日3月1日に団体交渉を行い、統一要求書を提出しましたが、労使間で正規職員の給与など、さまざまな削減が合意されている今、生み出された原資をどう配分していくのか。格差是正を労使ともに取り組むべき重要課題に掲げている以上、誠意をもった回答がなされるべきであります」現場の臨時職員がより実感の持てる、一歩踏み込んだ賃金単価の引き上げを求めるものであります。また、一般嘱託員の報酬に関しては、昨年度は市当局が提案した東京都の勧告(0・09%削減)を基に減額改定を行いましたが、我々が主張・指摘してきたように、人勧のみをそのまま報酬額に適用する現行制度自体が極めて問題です。一般嘱託職員は、正規職員とは異なり諸手当ても無く、全く昇給する機会すら無く、こうした現状の報酬制度は、生活給として一定の範囲で守られる正規職員の給与制度との間に、明らかに雲泥の格差が存在しています。これまで賃金任用制度検討会で協議してきた一般嘱託員の任用・報酬制度の見直し協議を早急に進めることを要望し、嘱託職員の業務内容・果たしている役割・責任を考慮した上で、公正な働き甲斐の持てる賃金・任用制度の確立と実施に向けて取り組みます。




 公共労の組合員の職場は、指定管理者制度のもと学童保育所や文化・まちづくり等の公共施設の管理運営、互助会といった八王子市が設立した外郭団体と社会福祉法人の経営する保育園であり、全て八王子市が深く関わる公共サービス事業を行っています。各支部の経営者と八王子市の関係が、私たち公共民間労働者の生活と賃金労働条件に大きな影響を与えていることは言うまでもありません。
 したがって、公共労の春闘要求は、各支部の経営者だけでなく、その背後の八王子市と両方に対して行わなければならないのです。しかし、直接の雇用関係のない八王子市と交渉することができません。そこで、公共労は、今年も格差是正闘争本部に結集し、八王子市職や臨時・非常勤組合と共に2010春闘に取り組んでいます。統一要求書にあたり、具体的に次の3点について要求しました。

1.指定管理者制度等による公共サービスの切り下げや人員削減が行われないよう、八王子市は各事業所を指導すること。また、法律を遵守させること。
2.公益法人改革議論などは、改めて八王子市が設立した外郭団体のあり方について責任と誠意をもって対応すること。
3.公契約条例の制定を実現すること。


 指定管理者の二巡目、公益法人改革、委託費の削減等に伴い、賃下げや労働条件の引き下げの提案が毎年行われ、雇用の危機も目の前に迫ってきています。また、どの職場でも行き過ぎた組織・体制等のスリム化が原因で、心身を病んで仕事もままならず、不調を訴える仲間も少なくありません。安心して働ける環境、実質的な雇用の確保を最大優先として、私たち八王子公共労は、引き続き取り組みを進めます。


(機関紙「はちおうじ」491号/2010.3.19)

▲top (上のメニューに戻ります)