(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● 労使懸案確認協議 石森市長と意見交換 確実な組織体制、財政確立を (2014年6月)
【2012年】
● 石森市長・中村副市長・村松副市長に対して政策協議を申し入れ (2012年5月)
【2009年】
● 黒須市長と春闘課題について確認 (2009年4月)
● 健康福祉部あり方検討会 健康福祉部の業務検証を活かし市民サービス体制の確立を (2009年2月)
● 学校改革検討会 地域の公共サービスとの連携(地域連携)を (2009年2月)
【2008年】
● 第1回報告研修会を開催(10/9) (2008年12月)
【2007年】
● 地方分権推進・財政確立労使協議会 政策課題の推進を (2007年12月)
● 学校と地域、食教育のあり方 (2007年3月)
● 東京都八王子作業所閉鎖問題 (2007年3月)
● 地方分権推進・財政確立労使協議会 (2007年1月)
【2006年】
● 労使協議会(政策協議会)3月8日開催 その2 (2006年4月)
● 労使協議会(政策協議会)3月8日開催 (2006年3月)
● 八王子市職政策委員会 (2006年1月)
【2005年】
● 青梅マラソンの灯を消すな (2005年12月)
● 労使の政策協議、第二次賃金任用制度の協議を進めるにあたって (2005年1月)
【2004年】
● 子育て・学校、 清掃、 医療・保健、 生涯学習、道路・都市計画など業務のあり方協議を積極的に進めよう(2004年8月)
【2003年】
● 政策協議会で、入札・委託契約制度の検討を要請(2003年9月)
● 実施計画(3年間)、来年度予算編成の協議開始(2003年9月)
● タテ割を乗り越え説明責任を果たすことがサービスの本質 (2003年2月)
● 基本構想、基本計画、全面的な組織変更について協議 (2003年1月)
【2002年】
● 21プラン・新21プランの実質的転換に (2002年10月)
【2001年】
● 地方分権、財政確立に向けて全職場の総点検〜 (2001年7月)
● 賃金削減を許さず、労働条件の確保と自治体サービスの質的改善を (2001年4月)
● 第1回地方分権・財政確立労使協議会を開催 (2001年1月)
● 豊かな地域社会の創造を (2001年1月)
【2000年】
● 「地方分権推進、財政確立労使協議会(仮称)」の事前会議開催 (2000年12月)

 

青梅マラソンの灯を消すな

 東京都は07年2月の第三日曜日に東京マラソンの実施を決めた。2月の第三日曜日は、「青梅マラソン」の開催日である。さらに東京都は、青梅市竹内市長に、青梅マラソンの開催日程の変更を求めたという。
 もちろん竹内市長は「迷惑千万」とし、青梅市議会も東京マラソンの日程変更を求める請願を採決した。まったく正しい。東京マラソンの日程を再考すべきである。しかし石原都知事は「大」東京マラソンと銘打って、青梅のことなどまったく眼中にない様子だ。
 今でこそマラソンブームかも知れないが、青梅マラソンは人々がそれほど長距離レースに参加しない頃から、苦労して積み上げてきた大会である。40年前の東京オリンピック・メダリストの円谷選手やフランクショーター、そしてあの瀬古利彦も走っている。かく言う私も、27年前八王子市役所のユニホームを着て30キロを完走した思い出がある。まさに市民レースの草分けである。
 しかし、大東京がやることには、一自治体の青梅は遠慮しろという事なのだろうか。ランナーにとって、日程変更は大変なことである。一年のスケジュールを青梅に合わせ、トレーニングをしているマラソン愛好家が「万」といるのである。
 さらに、「分権の時代」である。失われやすい地方の文化や歴史、地域のコミュニティを大切にし、次世代に引き継ぐことこそ、大東京がリーダーシップを発揮すべきことのはずだ。しかし「大東京マラソン」はむしろ地域への挑戦である。
 ところで、石原都知事の「大東京マラソン」は、オリンピックの東京招致にも連動する模様である。ある種の政治とも言える。青梅をつぶし、福岡を蹴落とした先に、一体どんな東京の自治があるのだろうか。
 多摩地域の各自治体は、東京都・石原都知事の横暴を許すべきではないと思う。そして青梅を孤立させてはならない。地域を大切にすることの大きな価値を、脈絡のない思いつき「大東京マラソン」の嵐から守り抜くべきである。

(関連記事、組合ホームページ「週刊フジ・12月3日青梅マラソン」)
 http://www.jichiro8.net/html/10/10_0.html


(機関紙「はちおうじ」446号/2005.12.20)
▲top (上のメニューに戻ります)