(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● 労使懸案確認協議 石森市長と意見交換 確実な組織体制、財政確立を (2014年6月)
【2012年】
● 石森市長・中村副市長・村松副市長に対して政策協議を申し入れ (2012年5月)
【2009年】
● 黒須市長と春闘課題について確認 (2009年4月)
● 健康福祉部あり方検討会 健康福祉部の業務検証を活かし市民サービス体制の確立を (2009年2月)
● 学校改革検討会 地域の公共サービスとの連携(地域連携)を (2009年2月)
【2008年】
● 第1回報告研修会を開催(10/9) (2008年12月)
【2007年】
● 地方分権推進・財政確立労使協議会 政策課題の推進を (2007年12月)
● 学校と地域、食教育のあり方 (2007年3月)
● 東京都八王子作業所閉鎖問題 (2007年3月)
● 地方分権推進・財政確立労使協議会 (2007年1月)
【2006年】
● 労使協議会(政策協議会)3月8日開催 その2 (2006年4月)
● 労使協議会(政策協議会)3月8日開催 (2006年3月)
● 八王子市職政策委員会 (2006年1月)
【2005年】
● 青梅マラソンの灯を消すな (2005年12月)
● 労使の政策協議、第二次賃金任用制度の協議を進めるにあたって (2005年1月)
【2004年】
● 子育て・学校、 清掃、 医療・保健、 生涯学習、道路・都市計画など業務のあり方協議を積極的に進めよう(2004年8月)
【2003年】
● 政策協議会で、入札・委託契約制度の検討を要請(2003年9月)
● 実施計画(3年間)、来年度予算編成の協議開始(2003年9月)
● タテ割を乗り越え説明責任を果たすことがサービスの本質 (2003年2月)
● 基本構想、基本計画、全面的な組織変更について協議 (2003年1月)
【2002年】
● 21プラン・新21プランの実質的転換に (2002年10月)
【2001年】
● 地方分権、財政確立に向けて全職場の総点検〜 (2001年7月)
● 賃金削減を許さず、労働条件の確保と自治体サービスの質的改善を (2001年4月)
● 第1回地方分権・財政確立労使協議会を開催 (2001年1月)
● 豊かな地域社会の創造を (2001年1月)
【2000年】
● 「地方分権推進、財政確立労使協議会(仮称)」の事前会議開催 (2000年12月)

 

政策協議会で、入札・委託契約制度の検討を要請 

 

 9月3日、組織変更実施後はじめての政策協議会を開催しました。なお当局側は組織変更により、市長・助役に加え、総合政策部長、行政経営部長、総務部長、労務担当参事を中心に、財務部長、学校教育部長、環境部長等関係所管が随時出席する事となりました。
 組合側は執行委員長をはじめ副委員長、書記長等組合三役を中心に、現評や執行部が随時参画することになります。

▲労使政策協議会(9月3日)

 今後の中心的な協議事項は、基本構想・基本計画に基づく実施計画(3年間)の内容と来年度の予算編成になります。
 また現業サービス(職員)の有効活用、清掃、学校、保育のあり方協議、政策入札の導入と地域雇用の拡大、職員採用の早期実施なども申し入れました。なお議事録や必要なデータは随時お知らせして行きます。

 

 

 

(機関紙「はちおうじ」415号/2003.9.26)
▲top (上のメニューに戻ります)