3
 


 

 

政策・
自治研活動
 私たちの組合にとって、地方自治の確立、分権・市民参加の推進はもっとも大きな取り組みのひとつです。とくに、国から地方への権限と財源の委譲という国や都道府県に対する働きかけと、市民協働という行政と住民との基本的な関係を確立する(これまでの行政と住民の関係は、「管理する・管理される」という上意下達的な関係といっても過言ではありませんでした)ことがかねてからの組合の目標でした。



(項目をクリックして下さい)
【2015年】
● 新春座談会《特集》『中核市、市民の期待と私たちの働き方』 (2015年1月)
【2014年】
● 特定秘密保護法成立 (2014年1月)
【2013年】
● 新春座談会『一人ひとりが主役に』 (2013年1月)
【2010年】
● 11・16高齢者支援・共助の街づくりを考える集い開催 (2010年1月)
【2009年】
● こどもたちの未来につなぐ八王子のこども施策を考える 総括(第1回〜3回) (2009年11月)
● こどもたちの未来につなぐ八王子のこども施策を考える (2009年4月)
● 新春座談会 暮らし、仕事、こ育て、環境 (2009年1月)
【2008年】
● 新春てい談 産業界と労働組合 産・官・労の連携で八王子の未来を考える (2008年1月)
【2006年】
● 公共サービス確立に向けた300万人請願署名 (2006年2月)
【2004年】
● 八王子のまちづくり くらしのグランドデザインを考える (2004年12月)
● 問われる八王子市の自治・分権構想 (2004年12月)
【2003年】
● 基本構想・基本計画シンポジウム (2003年8月)
● 自治体の財政自主権を脅かす、変質した「三位一体改革」(2003年6月)
【2002年】
● 第6回市職自治研集会開催 (2002年10月)
【2001年】
● 自治研・自主研究活動に支援と情報提供 (2001年12月)
● 第5回八王子市職自治研集会(2001/9/8開催)(2001年10月)
● 豊かな地域社会の創造を (2001年1月)

高齢者支援・共助の街づくりを考える集い開催


 11月16日(月)学園都市センターホールにおいて「高齢者支援・共助の街づくりを考える集い」(主催:11・16高齢者支援・共助の街づくりを考える集い実行委員会)が、それぞれの分野の方々を招いて行われました。高齢時代におけるより良い地域社会、人にやさしい共助の街づくりのネットワーク構築を目指すための第一歩となりました。
こどもが描いた絵をバックにパネラーの皆さん

高齢者支援は共助の街づくりから
 集いには、平日の6時30分開催にもかかわらず、会場(250名収容)には多くの来場者があり、高齢化問題に向け関心の高さが伺えました。
記念講演で八王子市地域福祉計画の審議員である首都大学東京・和気純子准教授から高齢者支援の八王子市における現状と課題の提起を受けました。
 その中で、「八王子を含めて全国で高齢化が進んでいる。介護保険制度が2005年(5年に一度改定)に改定され、新しい制度や新しいサービスの導入、また、職員の増員や専門職主体のネットワークづくりなどが行われ、高齢者介護に対応してきた。
 八王子市は広域で地域間の特徴がある。これから八王子の特性を踏まえ、地域包括支援センターの役割を含め行政・地域・事業者のネットワークの構築が重要」の報告がありました。
 続けて行われたシンポジウムでは介護事業の現場で、それぞれ活動の核となり、高齢者の現場で汗をかいている方々や、高齢者の生涯支援としてシルバー人材センターから、日々の活動と現状の報告が行われました。


《満席となった会場内》
ネットワークづくりの第一歩に
 シンポジウムでは、介護保険制度導入後は混乱したものの、9年目を迎え制度も安定してきている。
 一方で、介護事業所での労働者の離職率が高く業務範囲も広く課題も多い。
 保険者として制度の構築には、行政を中心として医師会やケアマネージャー、介護事業者等の連携が重要であるとしました。
 シルバー人材センターでは独居老人の家事援助では話し相手も含め対応する場面も多いなか、制約もあり戸惑いを感じているとの報告もされました。
 また、コーディネーターである平川先生からは、社会保障制度自体も崩れつつあるなかで、誰かがやってくれるのではなく、身近な問題として私たちがもう一歩前に踏み出して行かなければならないと提言がされました。
 高齢者介護、認知症は薬では治せない。人と人とつなぎ合って、支えあって受け止めることによって幸せになれるとの発言もされました。
 今回の集いをこうしたネットワーク作りの足がかりにしていくこととして全体で確認しシンポジウムを終了しました。


*次 第*

《八王子お手玉の会実演》
《映像》
「高齢社会の街の姿」
《主催者挨拶》
《来賓挨拶》
八王子市 岡部副市長
《講演》「高齢時代を迎えた八王子」
    首都大学東京  和気 純子 准教授
《シンポジウム・パネラー》
 *介護支援専門員  君島 信朗 氏
 *地域包括支援センター  本間  穣 氏
 *八王子市医師会理事 医師  数井  学 氏
 *八王子市シルバー人材センター理事  福島 光子 氏  
《コーディネータ》
 *八王子介護保険サービス事業者連絡協議会 会長
    医師 平川 博之 氏
 *八王子自治研究センター  藤岡 一昭 氏


【八王子市の年齢別人口】
 
合 計
比 率
総数
547,702人
276,017人
271,685人
100%
平均年齢
42.99歳
41.70歳
44.30歳
0〜14歳
73,045
37,636人
35,682人
13.34%
15歳〜64歳
365,036
189,497人
175,539人
66.65%
65歳以上
109,621
49,157人
60,464人
20.01%

《2009年3月末日現在の住民基本台帳登録者数から》



65歳以上の高齢者数
111,593人
65歳以上の単身高齢者
26,060人
65歳以上の(労々)者数
42,629人

《2009年9月末の住民基本台帳で調査》


(機関紙「はちおうじ」489号/2010.1.1)
▲top (上のメニューに戻ります)