政策・
自治研活動
 私たちの組合にとって、地方自治の確立、分権・市民参加の推進はもっとも大きな取り組みのひとつです。とくに、国から地方への権限と財源の委譲という国や都道府県に対する働きかけと、市民協働という行政と住民との基本的な関係を確立する(これまでの行政と住民の関係は、「管理する・管理される」という上意下達的な関係といっても過言ではありませんでした)ことがかねてからの組合の目標でした。



(項目をクリックして下さい)
【2015年】
● 新春座談会《特集》『中核市、市民の期待と私たちの働き方』 (2015年1月)
【2014年】
● 特定秘密保護法成立 (2014年1月)
【2013年】
● 新春座談会『一人ひとりが主役に』 (2013年1月)
【2010年】
● 11・16高齢者支援・共助の街づくりを考える集い開催 (2010年1月)
【2009年】
● こどもたちの未来につなぐ八王子のこども施策を考える 総括(第1回〜3回) (2009年11月)
● こどもたちの未来につなぐ八王子のこども施策を考える (2009年4月)
● 新春座談会 暮らし、仕事、こ育て、環境 (2009年1月)
【2008年】
● 新春てい談 産業界と労働組合 産・官・労の連携で八王子の未来を考える (2008年1月)
【2006年】
● 公共サービス確立に向けた300万人請願署名 (2006年2月)
【2004年】
● 八王子のまちづくり くらしのグランドデザインを考える (2004年12月)
● 問われる八王子市の自治・分権構想 (2004年12月)
【2003年】
● 基本構想・基本計画シンポジウム (2003年8月)
● 自治体の財政自主権を脅かす、変質した「三位一体改革」(2003年6月)
【2002年】
● 第6回市職自治研集会開催 (2002年10月)
【2001年】
● 自治研・自主研究活動に支援と情報提供 (2001年12月)
● 第5回八王子市職自治研集会(2001/9/8開催)(2001年10月)
● 豊かな地域社会の創造を (2001年1月)

新春座談会《特集》『中核市、市民の期待と私たちの働き方』

 今年の新春座談会は、市職青年部役員の盛川部長、橋本事務局次長、市職前川執行委員、退職者会役員の田中会長、菊地事務局長、4月に統一自治体選挙を控えている特別執行委員の森えいじ市議会議員を招き、「中核市、市民の期待と私たちの働き方」をテーマにお話しを伺いました。





【司会】
青木委員長

【司会】 本日はお忙しいところ、お集まりいただきありがとうございます。
 さて、八王子市は2015年4月に全国44番目の中核市としてスタートすることとなります。
 その、八王子市がどの様に変わるのか、そして仕事を通じて市民の皆さんに私たち職員はどう向き合うべきなのか。若い世代や先輩たちのお考えを聞かせていただけたらと思います。
 先ず、自己紹介を兼ねて、皆さんの仕事や普段活躍されているステージについてお話いただけたらと思います。

盛川 佳徳さん

【盛川さん】 私は入庁4年目で職場は生活福祉第一課に所属しています。100件近い市民の皆さんの生活支援と自立サポートが日々の業務です。前職は道路事業部で境界確定の業務などしていましたが、同じ市民サービスでも土地や建物に関する知識も必要であったり、市民と寄り添う能力を求められたりと市役所の仕事の幅広さと遣り甲斐を実感しています。

【司会】 そうですね。基礎自治体は市民の皆さんの財産を守り生活を支える重要な役割を果たしていますね。あらゆる年代、子どもから高齢者まで行政との関わりは切り離せないですからね。橋本さんは入庁2年目の保健師さんですね。保健所での仕事は慣れましたか。

橋本 奈苗さん

【橋本さん】 保健対策課で地域保健担当の業務に就いています。平成19年4月に保健所政令市となりました。今年は8年目となり、八王子市の福祉部や医療保険部との連携を図ることによってより適切な保健業務の提供ができる良い関係を築いています。私も担当する地域の皆さんと顔の分かる繋がりを大事にしています。業務量も多く私の様な若い保健師も多く経験を積むことが何よりも力になると思います。優しく頼もしい先輩たちに日々のアドバイスをいただきながら楽しく仕事をすることができています。

森 えいじさん

【森さん】 保健所政令都市以後、橋本さんのおっしゃる通り福祉や保健医療との連携は進んできていると思います。八王子で生活する高齢者や障がい者をはじめ子育て支援も含め暮らしやすいまちづくりを実現しやすくなったのは八王子市の魅力でもあると考えています。

田中 輝昌さん

【田中さん】 私は退職者会の会長をしていますが、八王子市は中核市でどう変わるのですか。市民説明会や広報などで情報の提供はいただいていますが、私たち高齢者が暮らしやすいまちづくりを進めていただきたいと思いますね。

【森さん】 中核市移行で福祉や環境、都市計画など事務移管されるのですが、市が直接事務を行うことで効率化が図られたり、市民参加で条例づくりが可能になるので私たち議会はより市民の皆さんの意見を広く聴き入れ、きめ細かな行政サービスの提供が可能となります。

前川 健一さん

【前川さん】 私はごみ減量対策課に所属していますが、ごみの量を減らすための分別資源化を進めるとともにごみを発生させないために市民の皆さんにご協力をいただいています。中核市に移行することで、産業廃棄物に関する許可や指導を行うこととなります。企業や市民に地球環境保護の理解を求めてごみ埋め立てゼロを目指していきます。

菊地 文子さん

【菊地さん】 ごみの有料化を八王子市は実施していますが、私たちが働いていたころは何でも燃やし埋め立てる時代で働き方も変わりましたね。
私は事務所での仕事に就いていたこともありましたが、窓口に来られる市民の皆さんの話をよく聴くことが大切だと感じていました。単に市役所に用事を済ませに来るだけでなく、気持ちよく帰っていただこうという思いで仕事を進めていました。
 こうした気遣いから市民と私たちの信頼が生まれ次の時の仕事もスムーズにいくような気がします。一つ上手くいくと自信にも繋がり困難な仕事でも前向きに取り組めるようになると思いますよ。
 市民の皆さんの気持ちを受け止め一緒に問題解決していくのが市民協働と言うのですよね委員長。

八王子市保健所

【司会】 行政が権限を持ち何でもこなす時代ではなく、市民の皆さんの意見を聴き、一緒に進めていく時代が市民協働の根幹なのでしょう。そういう意味では菊地さんは市民協働の先駆けと言えますね。ところで前川さんはJICA(国際協力機構)の派遣で海外で活躍されましたが今後その経験をどのように生かしたいですか。

【前川さん】 ミクロネシアの島でごみ収集の事業に関わってきました。ごみを回収する習慣が無く何でも捨てるため、いたる所にごみが散乱していました。衛生的にも良くないため、ごみを定期的に回収することとなり、島民の皆さんに集まっていただき説明会を行い回収に協力を求めました。八王子市などから送っていただいた清掃車を使って定期的に回収を始めましたがなかなか簡単にはいきませんでした。初めて回収した時は袋が3個しか出されなかったのですが少しずつ広がりを見せています。島民や市民の皆さんに理解を求めることは大変ですが遣り甲斐にも繋がるし、こうした努力を大切にしていきたいです。

【橋本さん】 一人ひとりの市民と寄り添うことが私の使命だと感じています。以前に勤めていた病院では画一的な生活空間での仕事でしたが、保健所は一人ひとりの違う生活環境で暮らしている市民と一体で仕事を進める面では、仕事量が多いのは大変ですが遣り甲斐を感じています。

市街地活性化
(環境フェスティバル)

【盛川さん】 今、市役所は入庁した職員にジョブローテーションと言って3年程度の早い間隔で職場を異動して、幅広い知識を身に着けていく仕組みにあります。中核市ではより専門的で高度な判断も要求されることもあり、一つの職場での経験を積み重ねてその仕事を深く知ることも重要です。若い世代が働き甲斐が持てる仕組みづくりを組合にも森さんにも期待したいですね。

【森さん】 市民の皆さんが暮らしやすい街にするには、行政の職員の皆さんが元気でなければいい仕事ができません。若い世代が増えることによって知識や能力は高まってきています。市民協働は菊地さんが感じていたような心を大切にして市民と接することによって生まれてくるのだと考えます。
 職員の皆さんが働き甲斐の持てる組織作りを皆さんと一緒に作っていきたいと思います。

【司会】 そういう意味では30代前半までの若い世代の働き方は大きく変わってきていて、賃金制度を含めた職場環境の整備や組織のあり方など組合としても職場の皆さんの意見を十分聞きながら進めていかなければなりませんね。

【田中さん】 市民の皆さんの意見を聴く、そして市民と寄り添い協働でより良い街づくりを進めるためにも森さんには期待をしていますし、私たち退職者会も森さんを支えることで元気になれます。

【司会】 中核市になりますが、行政の職員としての本質は変わりないことが先輩や若い皆さんのお話を伺うことで大変よくわかりました。本日はご協力ありがとうございました。

 本紙の発言内容は編集委員会の責任で発言の趣旨を概略的にまとめたものになっています。
 参加された皆さんお疲れさまでした。



(機関紙「はちおうじ」535号/2015.1.1)
▲top (上のメニューに戻ります)