政策・
自治研活動
 私たちの組合にとって、地方自治の確立、分権・市民参加の推進はもっとも大きな取り組みのひとつです。とくに、国から地方への権限と財源の委譲という国や都道府県に対する働きかけと、市民協働という行政と住民との基本的な関係を確立する(これまでの行政と住民の関係は、「管理する・管理される」という上意下達的な関係といっても過言ではありませんでした)ことがかねてからの組合の目標でした。



(項目をクリックして下さい)
【2015年】
● 新春座談会《特集》『中核市、市民の期待と私たちの働き方』 (2015年1月)
【2014年】
● 特定秘密保護法成立 (2014年1月)
【2013年】
● 新春座談会『一人ひとりが主役に』 (2013年1月)
【2010年】
● 11・16高齢者支援・共助の街づくりを考える集い開催 (2010年1月)
【2009年】
● こどもたちの未来につなぐ八王子のこども施策を考える 総括(第1回〜3回) (2009年11月)
● こどもたちの未来につなぐ八王子のこども施策を考える (2009年4月)
● 新春座談会 暮らし、仕事、こ育て、環境 (2009年1月)
【2008年】
● 新春てい談 産業界と労働組合 産・官・労の連携で八王子の未来を考える (2008年1月)
【2006年】
● 公共サービス確立に向けた300万人請願署名 (2006年2月)
【2004年】
● 八王子のまちづくり くらしのグランドデザインを考える (2004年12月)
● 問われる八王子市の自治・分権構想 (2004年12月)
【2003年】
● 基本構想・基本計画シンポジウム (2003年8月)
● 自治体の財政自主権を脅かす、変質した「三位一体改革」(2003年6月)
【2002年】
● 第6回市職自治研集会開催 (2002年10月)
【2001年】
● 自治研・自主研究活動に支援と情報提供 (2001年12月)
● 第5回八王子市職自治研集会(2001/9/8開催)(2001年10月)
● 豊かな地域社会の創造を (2001年1月)

第6回市職自治研集会開催 テーマ 「自治」―市民主催のはじまり 

 

 10月11日午後6時30分からクリエイトホールで第6回八王子市職自治研集会が開催されました。
 集会には本庁、清掃、保育、児学、学校など各部会代表に加え、「ゆめおり会議」、経済団体、市民団体など一般市民、管理職など約70名の参加がありました。テーマは「自治」―市民主権のはじまり。法政大学武藤教授の特別講演を中心に、自治体のあり方や政策決定のプロセスなどの考え方が示されました。

 

●主催者の挨拶
 ――藤岡執行委員長

 今年の自治研集会は、八王子市が基本構想・基本計画の見直し策定段階に入る直前に開催されている。これまでの21プラン、新21プランの功罪を検証し、自立した、すなわち責任ある街づくりの長期計画を策定するため、組合側も政策提言をしていきたい。

●基調提起
 ――関谷副委員長

 ゆめおり会議という市民会議方式で基本構想の見直し素案が示されたことについて、従来に無い市民参加が図られてきた、と受け止めたい。地方分権一括法から2年半経過し、自立した市民主権のもとで街づくりを進めることが求められている。
 とくに基本構想・基本計画の見直しはその試金石であり、計画策定作業において、従来の固定観念にしばられづ、行政現場の意見を積極的に提起したい。その際、(1)政策立案、執行、検証におけるタテ割り体質の克服。(2)既存公共施設・公共財(人材等)の有効活用。(3)市民(団体)との協働と民間社会資本との提携。を基本に考えていきたい。
 その上で、自治研集会で発表した部会や職場の政策レポートに沿って、具体的な施策に反映させたい。

 

自治研修会レポート
  1 地域産業の振興と地方分権のキーワード
2 福祉を考える(市民サービスのユニバーサルデザイン)
3 環境問題と市民参加
4 「防災」を通して市民自治が歩き出す
5 行政情報ネットワークを巡る課題
6 課税自主権についての一考
7 八王子市の子ども施策をダイナミックに
8 保育の現状と課題
9 臨職併用方式による学校給食の優位性と学校施設の有効活用
10 地域行政サービスの展開について
11 「知的弱肉強食社会」でのセイフティネット構築に向けて
12 外郭団体の問題点と今後の活性化に向けて
13 男女平等参画社会、地域の創設にむけて
14 環境行政について
15 入札・委託契約制度について
16 臨時職員・嘱託職員の役割と公正労働基準の確立
17 道路・水路補修センターの役割
 
     


(機関紙「はちおうじ」401号/2002.10.31)
▲top (上のメニューに戻ります)