政策・
自治研活動
 私たちの組合にとって、地方自治の確立、分権・市民参加の推進はもっとも大きな取り組みのひとつです。とくに、国から地方への権限と財源の委譲という国や都道府県に対する働きかけと、市民協働という行政と住民との基本的な関係を確立する(これまでの行政と住民の関係は、「管理する・管理される」という上意下達的な関係といっても過言ではありませんでした)ことがかねてからの組合の目標でした。



(項目をクリックして下さい)
【2015年】
● 新春座談会《特集》『中核市、市民の期待と私たちの働き方』 (2015年1月)
【2014年】
● 特定秘密保護法成立 (2014年1月)
【2013年】
● 新春座談会『一人ひとりが主役に』 (2013年1月)
【2010年】
● 11・16高齢者支援・共助の街づくりを考える集い開催 (2010年1月)
【2009年】
● こどもたちの未来につなぐ八王子のこども施策を考える 総括(第1回〜3回) (2009年11月)
● こどもたちの未来につなぐ八王子のこども施策を考える (2009年4月)
● 新春座談会 暮らし、仕事、こ育て、環境 (2009年1月)
【2008年】
● 新春てい談 産業界と労働組合 産・官・労の連携で八王子の未来を考える (2008年1月)
【2006年】
● 公共サービス確立に向けた300万人請願署名 (2006年2月)
【2004年】
● 八王子のまちづくり くらしのグランドデザインを考える (2004年12月)
● 問われる八王子市の自治・分権構想 (2004年12月)
【2003年】
● 基本構想・基本計画シンポジウム (2003年8月)
● 自治体の財政自主権を脅かす、変質した「三位一体改革」(2003年6月)
【2002年】
● 第6回市職自治研集会開催 (2002年10月)
【2001年】
● 自治研・自主研究活動に支援と情報提供 (2001年12月)
● 第5回八王子市職自治研集会(2001/9/8開催)(2001年10月)
● 豊かな地域社会の創造を (2001年1月)

八王子のまちづくり くらしのグランドデザインを考える

 11月27日(土)東京工科大学において、第八回八王子市職自治研修会が開催しました。今回は「八王子のまちづくり くらしのグランドデザインを考える」をテーマにコーディネーターとして(株)計画技術研究所 林泰義所長、パネラーに東洋大学福祉学科 森田明美教授、八王子学生委員会 吉田健人委員長、八王子市総合政策部 西田和夫部長を向かえ、組合員を始め一般市民参加の中、パネルディスカッション形式で集会を行いました。また、(1)こども家庭支援センター 峰尾幸代さんから「こども家庭センターの開設」について、(2)館清掃事業所 笹川勝宏さんから「ごみ収集の有料化・戸別収集」についてを市職からの報告としていただきました。

 市は、基盤の弱かった、0歳から18歳未満の子どもたちの総合的な相談に対応するため「子ども家庭支援センター」を10月25日にクリエイトホール一階に開設した。
 オープンしてまだ1ヶ月、多くの乳幼児と保護者が親子ふれあい広場にやってくる。また、相談も従前の乳幼児に偏っていたものが、虐待の問題を含めて学齢期から青年まで、深刻な相談が寄せられ、地域とのネットワークを含めこれから私たちの役割を重く受け止めている。

 今回初めて、自治研シンポジュウムで環境(ゴミ)問題について報告しました。テーマが「くらしのグランドデザイン」という大きなテーマでしたが、清掃部会が取り組んできたゴミの「有料化・戸別収集」に付いて、小学生を対象にした指導員によるゴミの分別やリサイクル指導の様子を、スライドを使って説明が出来たので良かったと思います。子どもたちが身近なところから環境(ゴミ)問題に対して、関心や興味を持ってもらう事が大切だと思います。


パネルディスカッション

森田:70年代、戦後の日本というのは何もない中で作り出していく喜びと苦しみの中でまちをつくってきた。今は、あるものをリフォームしていく時代。今、子どもたちが抱える問題、子育てをしている人たちの問題が非常に深刻になってきている。同時に質が変わり、今までの仕組みでは対応しきれなくなっている。
吉田:学生が11万人、21大学あって、学園都市といろいろの人たちが言われるが、学園都市の魅力を生かそうというのがなかなかないのかな。市民の会議も参加者が金太郎飴のようなところがある。もっといろいろな人たちと関わっていただきたい。
西田:八王子は186平方キロメートル、半分が山で半分が市街地。まだまだ年に4,000〜5,000人の人口増。9年後には58万人という推計を立て、八王子のまちづくりを考えていこうとしている。
林:森田先生が言われた状況の違いは、非常に大きな流れであり、人口で言うと後2年位で人口が減り始める。行政の予算もどんどん減っていくが、行政は何もできないかと言って問題を投げ出すわけにはいかない。そこで行政に任せた基本計画を皆で考えていく大変な状況。

(後半は、ポストイットを活用して会場からの意見も含めてディスカッション)

森田:子どもとか子育て家庭というのは、ある意味非常に援助を必要とする人たち。安心度・安全度が必要。八王子のように多様な地域を持っていると社会的資源がどれだけ整っているかバランスを見極めることが必要。協働という言葉は、市民がどれくらい力を持っているかによって決まる。
西田:サービス等を提供していくための最終的な責任は行政が持つ。そして、地域においては、調整役になっていくのではないか。
林:最終的な責任は市が負わなきゃというのは、責任を行政が独占している。神頼みではない市民協働が必要。
吉田:「民度」と言う言葉がある。判断していく市民のほうが意識が低いとだめ。公金を使っている市職員が批判されるのは仕方ないにしても今頑張っている部分もだいぶある。
林:市民意識という話は、だんだん育ち合う関係、それぞれ学んで新たな力を付けていく。
森田:「市民性って何だ」というとき、組織代表や利益代表が市民性を代弁する。子どもの問題は、子どもが感じ取っていることを私たちがきちんととらえていくのは難しい。大人のルールで作ってしまったときは、子どもには全然魅力がない。
林:吉田さんが言った市の関わりがある人は、金太郎飴。そのこと自体が問題。
西田:現状では、主要な団体に声を掛けざるを得ない。それぞれ地域の歴史と成り立ちがある。町会・自治会は八王子では7割ぐらいの組織率、地域の中心的存在。
林:ありがとうございました。今日は、「協働を進めるには?」「どういう仕組みを作ったらいいか」「いろいろな資源をどう生かすか」また、「子どもの問題に着目してどんなまちづくりの戦略があるか」次世代を見据えたまちづくりの必要性も出された。これには、縦割りの組織から少しずつ横へ開き、市民のくらし、子どもの日々のくらしの中から新しい協働、新しい行政のあり方が求められている。
(パネルディスカッションの抜粋。詳細は、1月にフォーラム八王子で報告します。)

参加者の声(ポストイット・感想)

・あるがままの自然を残す努力をしつつ、子どもの遊び場・人がくらせる環境を残したい。
・高齢者の暮らしは大変 厳しい。働く意欲を救い上げる施策の研究を…
・ごみ問題、その他の市政について学生が興味を持つような説明が必要では…
・市民協働というが、行政の都合のいい言い訳では?もっと工夫や努力を…
・職員として、市民として地域の関わりを考えたよい機会だった。
・様々な視点からまちづくりが必要。
・子どもへの重点施策が足りないと日々痛感している。などなど


自治研集会
自治研集会は、職場・しごと・地域を原点に、研究・学習などを行ってきた自治研活動の集大成です。成果や課題を組合員全体で議論し、新しい公共の創造に向け取り組みます。

 

(機関紙「はちおうじ」432号/2004.12.27)
▲top (上のメニューに戻ります)