(項目をクリックして下さい)
【2016年】
● 第28回三多摩反核平和の火リレー 核のない平和な世界の実現を! (2016年5月)
● 2016原発のない福島を!県民大集会 (2016年3月)
【2015年】
● 戦後70年に想う (2015年8月)
● 被爆・戦後70年 八王子平和・原爆資料館 (2015年8月)
● 被爆70周年 原水爆禁止世界大会 (2015年8月)
● 第27回三多摩反核平和の火リレー 核のない平和な世界の実現を! (2015年7月)
● 憲法改正無くして戦争のできる国へ戦争法案認めない (2015年5月)
● 戦後・被爆70年「見て・聞いて・知る戦争の時代」〜7・25「八王子平和の日」イベント〜 (2015年5月)
● 特集 戦後70年 私たちは今 (2015年5月)
【2014年】
● 核も戦争もない平和な21世紀に! (2014年8月)
● 三多摩集中行進に八王子市職から18名が参加 (2014年6月)
● 集団的自衛権行使容認は憲法9条に抵触する重大な誤り (2014年6月)
● 第26回三多摩反核平和の火リレー 核のない平和な世界の実現を! (2014年6月)
● 集団的自衛権の行使 解釈の変更だけで、戦争ができる (2014年5月)
● 東日本大震災から3年、鎮魂、そして復興への誓い (2014年3月)
● さようなら原発1000万人署名提出行動 (2014年1月)
【2013年】
● 被爆68周年 原水爆禁止世界大会 (2013年9月)
● 八王子平和の日イベント 追悼! 中沢啓治さんを偲んで (2013年7月)
● 6.2 つながろうフクシマ!さようなら原発集会 (2013年6月)
● 5・15沖縄平和行進 基地のない平和の実現を! (2013年6月)
● 第25回三多摩反核平和の火リレーに参加 (2013年6月)
● 八王子平和運動センター 「護憲運動の強化」に向けた取り組み その2 (2013年5月)
● 八王子平和運動センター 「護憲運動の強化」に向けた取り組み その1 (2013年3月)
● 東日本大震災から2年を迎えて 都本部脱原発行動委員会を結成 (2013年3月)
【2012年】
● 被爆67周年 原水爆禁止世界大会 核兵器のない平和で公正な世界のために (2012年9月)
● 八王子平和の日イベント 八王子平和・原爆資料館「被爆者から被曝者へ」交流集会 (2012年8月)
● 「さようなら原発・ストップ再稼動、三多摩集中行進」に参加! (2012年6月)
● 第24回三多摩反核平和の火のリレー (2012年6月)
● 3・11全国各地で脱・原発集会が開催 (2012年3月)
【2011年】
● さようなら原発1000万人アクション集会 明治公園に6万人が集結! (2011年10月)
● 原水爆禁止2011世界大会 核兵器のない平和で公正な世界を! (2011年9月)
● さようなら原発1000万人アクション (2011年9月)
● 5・15沖縄平和行進 (2011年6月)
【2010年】
● 原水爆禁止2010世界大会 核兵器のない平和で公正な世界を! (2010年10月)
● 八王子平和・原爆資料館開設13周年 7・25八王子平和の日・講演会 (2010年8月)
● 2010沖縄平和行進 普天間基地包囲行動 (2010年7月)
【2009年】
● 核兵器廃絶・恒久平和 原水禁世界大会に参加 (2009年11月)
● 第45回護憲大会(高松市)開催 (2009年3月)
【2008年】
● 核兵器廃絶・恒久平和 広島・長崎原水禁大会に参加 (2008年9月)
【2007年】
● 「原爆と平和」作文コンクール優秀作品 (2007年7月)
● 核兵器廃絶、軍縮の推進を (2007年7月)
【2006年】
● 写真で見る! 原水爆禁止世界大会 長崎大会に参加 (2006年8月)
● チェルノブイリ事故20年 東京平和運動スタディーツアーに参加 (2006年7月)
● 在日米軍基地の再編反対 ― 米軍再編に全面協力の小泉政府 ― (2006年3月)
【2005年】
● 核兵器廃絶、核も戦争も無い21世紀を (2005年7月)
● 思想・心情の自由、人権と命を守ることが公共サービスの本旨 (2005年3月)
【2004年】
● 被爆59周年 原水爆禁止世界大会開催 (2004年8月)
● 平和主義、国際協調に向けて (2004年3月)
● 有事関連法案の相互の関係 (2004年3月)
● 自衛隊のイラク派遣に抗議し即時中止を求める (2004年2月)
● 自衛隊はイラクへ行くな!自衛隊のイラク派兵中止を求める三多摩行動 (2004年2月)
● ワールドピースナウ、イラクへの自衛隊派遣反対集会に6,000人参加 (2004年2月)
● 声明「イラクへの自衛隊派遣反対」 (2004年1月)
【2003年】
● 自衛隊はイラクへ行くな!殺すな!殺されるな! (2003年12月)
● 核も戦争もない平和な21世紀に「労働組合こそ平和主義の先頭にたとう」 (2003年8月)
● 憲法施行56周年記念集会 (2003年5月)
● NO WAR イラク戦争反対 (2003年3月)
● イラク攻撃反対 (2003年3月)
● アメリカ・ブッシュ政権のイラク攻撃反対!!小泉政府の戦争加担反対!! (2003年2月)
● イージス艦「きりしま」のインド洋・アラビア海出航はなぜ、集団自衛権の行使なの? (2003年1月)
【2002年】
● 私たちは戦争加担者にならない (2002年12月)
● 有事法制関連三法案を廃案へ (2002年10月)
● 秋葉広島市長から八王子市職へお礼のメッセージ (2002年10月)
● 近くて遠い国の5日間 (2002年9月)
● 朝鮮民主主義人民共和国訪問 (2002年7月)
● 核兵器廃絶、基地撤去、沖縄平和行進に参加して (2002年6月)

平和主義、国際協調に向けて(2004年3月号)

1.米英軍のイラク侵攻から3月20日で一年がたつ。
  昨年12月、小泉政府・与党はイラクへの自衛隊派遣を決定し、年明け以降自衛隊陸・海・空の本隊がイラク・サマワに続々と送られている。さらに本通常国会には、いわゆる有事関連7法案が上程され、日本国憲法の平和主義は外交政策、国内政治両面から空洞化が進んでいる。
2.イラク戦争は、アメリカ・ブッシュ政権が国連や国際世論の反対を押し切って強引に武力行使した、単独主義、大儀無き戦争である。軍事侵攻の最大の理由とした大量破壊兵器もいまだに発見できずにいる。また今日に至ってブッシュ政権は、「軍事侵攻に協力しなかった国はイラク復興=権益を享受させない」とし、侵略者そのものの論理に終始している。
3.しかし小泉政府は、こうしたブッシュ政権のイラク侵攻をいち早く支持した。そしてその延長として、つまり占領政策の一翼を担うために武装した自衛隊を派遣した。自衛隊現地責任者は「治安維持のためにイラクに来たのではない」と言った。しかし、これまで比較的治安が保たれていたサマワが、自衛隊の出現でむしろ武力的緊張状態が高まっている。これこそが現代の戦争の実態であり、憲法解釈においても違法とされている現代の集団的自衛権そのものである。
4.今イラクでは劣化ウラン弾の放射線で汚染された地中の湧き水で生活し、老人と子ども達、罪無き市民が不安の坩堝(るつぼ)に置かれている。
  人々が平和に生活するための基本的な条件が整っていない。医療、教育、福祉、環境保護、そして雇用と経済インフラノ。そして何よりも貧困や略奪、他国による暴力的恐怖からの解放が求められている。
5.自衛隊の本質は、紛れも無く近代兵器で武装された軍隊である。軍隊としての機能の余力で土木、建設作業をする占領軍に変わりない。小泉政府は「戦争をしに行くのではない。イラク復興に行く」と詭弁を弄(ろう)した。ならば、なぜ武器が必要なのか。ならば、なぜ自衛隊なのか。戦争を支持した国家の軍隊が戦場に行けば、それこそまさに戦争ではないか。
6.私たちは前世紀、植民地主義と侵略戦争でおびただしいアジア諸国の人々の命が奪い、日本国民自身も多大な犠牲を払うこととなった。日本国憲法の平和主義は、こうした人々の犠牲の上に得ることができた。
  戦後60年、憲法の見直しが議論されているが、戦争放棄と国際平和主義は21世紀の国際社会が目指すべき普遍的な目標であり、攻撃への報復、テロへの制裁という暴力の連鎖を断ち切る唯一の道である。
  私たちは、今回のイラク自衛隊派遣を子どもたちや、アジア諸国の人々にまったく説明ができない。説明できないことを容認するわけには行かない。
 イラクへの武力侵攻から1年となる今日、改めてイラクへの自衛隊派遣反対し、占領統治ではなく医療、福祉、環境、教育など文民支援を進めるための取り組みを進めていかなければならない。
 日本国憲法の平和主義を守り、交流と連帯で国際協調を実現しよう
 地域社会の平和と住民福祉を守ろう。
     2004年3月

自治労八王子市職員組合
自治労八王子市臨時・非常勤職員組合
自治労八王子市公共サービス職員労働組合
八王子市職員等退職者会

 

(機関紙「はちおうじ」422号/2004.3.23)
▲top (上のメニューに戻ります)