(項目をクリックして下さい)
【2016年】
● 第28回三多摩反核平和の火リレー 核のない平和な世界の実現を! (2016年5月)
● 2016原発のない福島を!県民大集会 (2016年3月)
【2015年】
● 戦後70年に想う (2015年8月)
● 被爆・戦後70年 八王子平和・原爆資料館 (2015年8月)
● 被爆70周年 原水爆禁止世界大会 (2015年8月)
● 第27回三多摩反核平和の火リレー 核のない平和な世界の実現を! (2015年7月)
● 憲法改正無くして戦争のできる国へ戦争法案認めない (2015年5月)
● 戦後・被爆70年「見て・聞いて・知る戦争の時代」〜7・25「八王子平和の日」イベント〜 (2015年5月)
● 特集 戦後70年 私たちは今 (2015年5月)
【2014年】
● 核も戦争もない平和な21世紀に! (2014年8月)
● 三多摩集中行進に八王子市職から18名が参加 (2014年6月)
● 集団的自衛権行使容認は憲法9条に抵触する重大な誤り (2014年6月)
● 第26回三多摩反核平和の火リレー 核のない平和な世界の実現を! (2014年6月)
● 集団的自衛権の行使 解釈の変更だけで、戦争ができる (2014年5月)
● 東日本大震災から3年、鎮魂、そして復興への誓い (2014年3月)
● さようなら原発1000万人署名提出行動 (2014年1月)
【2013年】
● 被爆68周年 原水爆禁止世界大会 (2013年9月)
● 八王子平和の日イベント 追悼! 中沢啓治さんを偲んで (2013年7月)
● 6.2 つながろうフクシマ!さようなら原発集会 (2013年6月)
● 5・15沖縄平和行進 基地のない平和の実現を! (2013年6月)
● 第25回三多摩反核平和の火リレーに参加 (2013年6月)
● 八王子平和運動センター 「護憲運動の強化」に向けた取り組み その2 (2013年5月)
● 八王子平和運動センター 「護憲運動の強化」に向けた取り組み その1 (2013年3月)
● 東日本大震災から2年を迎えて 都本部脱原発行動委員会を結成 (2013年3月)
【2012年】
● 被爆67周年 原水爆禁止世界大会 核兵器のない平和で公正な世界のために (2012年9月)
● 八王子平和の日イベント 八王子平和・原爆資料館「被爆者から被曝者へ」交流集会 (2012年8月)
● 「さようなら原発・ストップ再稼動、三多摩集中行進」に参加! (2012年6月)
● 第24回三多摩反核平和の火のリレー (2012年6月)
● 3・11全国各地で脱・原発集会が開催 (2012年3月)
【2011年】
● さようなら原発1000万人アクション集会 明治公園に6万人が集結! (2011年10月)
● 原水爆禁止2011世界大会 核兵器のない平和で公正な世界を! (2011年9月)
● さようなら原発1000万人アクション (2011年9月)
● 5・15沖縄平和行進 (2011年6月)
【2010年】
● 原水爆禁止2010世界大会 核兵器のない平和で公正な世界を! (2010年10月)
● 八王子平和・原爆資料館開設13周年 7・25八王子平和の日・講演会 (2010年8月)
● 2010沖縄平和行進 普天間基地包囲行動 (2010年7月)
【2009年】
● 核兵器廃絶・恒久平和 原水禁世界大会に参加 (2009年11月)
● 第45回護憲大会(高松市)開催 (2009年3月)
【2008年】
● 核兵器廃絶・恒久平和 広島・長崎原水禁大会に参加 (2008年9月)
【2007年】
● 「原爆と平和」作文コンクール優秀作品 (2007年7月)
● 核兵器廃絶、軍縮の推進を (2007年7月)
【2006年】
● 写真で見る! 原水爆禁止世界大会 長崎大会に参加 (2006年8月)
● チェルノブイリ事故20年 東京平和運動スタディーツアーに参加 (2006年7月)
● 在日米軍基地の再編反対 ― 米軍再編に全面協力の小泉政府 ― (2006年3月)
【2005年】
● 核兵器廃絶、核も戦争も無い21世紀を (2005年7月)
● 思想・心情の自由、人権と命を守ることが公共サービスの本旨 (2005年3月)
【2004年】
● 被爆59周年 原水爆禁止世界大会開催 (2004年8月)
● 平和主義、国際協調に向けて (2004年3月)
● 有事関連法案の相互の関係 (2004年3月)
● 自衛隊のイラク派遣に抗議し即時中止を求める (2004年2月)
● 自衛隊はイラクへ行くな!自衛隊のイラク派兵中止を求める三多摩行動 (2004年2月)
● ワールドピースナウ、イラクへの自衛隊派遣反対集会に6,000人参加 (2004年2月)
● 声明「イラクへの自衛隊派遣反対」 (2004年1月)
【2003年】
● 自衛隊はイラクへ行くな!殺すな!殺されるな! (2003年12月)
● 核も戦争もない平和な21世紀に「労働組合こそ平和主義の先頭にたとう」 (2003年8月)
● 憲法施行56周年記念集会 (2003年5月)
● NO WAR イラク戦争反対 (2003年3月)
● イラク攻撃反対 (2003年3月)
● アメリカ・ブッシュ政権のイラク攻撃反対!!小泉政府の戦争加担反対!! (2003年2月)
● イージス艦「きりしま」のインド洋・アラビア海出航はなぜ、集団自衛権の行使なの? (2003年1月)
【2002年】
● 私たちは戦争加担者にならない (2002年12月)
● 有事法制関連三法案を廃案へ (2002年10月)
● 秋葉広島市長から八王子市職へお礼のメッセージ (2002年10月)
● 近くて遠い国の5日間 (2002年9月)
● 朝鮮民主主義人民共和国訪問 (2002年7月)
● 核兵器廃絶、基地撤去、沖縄平和行進に参加して (2002年6月)

朝鮮民主主義人民共和国訪問  

 組合は、5月24日に開催した第15回市職拡闘で、東京平和運動センター第5次平和視察団(朝鮮民主主義人民共和国「=共和国と表記」訪問)に藤岡委員長の派遣を決めました。日程は6月23日から27日までの5日間。帰国間もない7月2日にお話を伺いました。なお川村副委員長も三多摩平和運動センター議長として参加しました。
 また7月23日午後6時から本庁食堂でスライドによる報告会も予定しています。皆さんのご参加をお待ちしております。(編集委員会)

聞き手―まずはお疲れ様でした。日程表を見ると朝から夜までびっしりのようですが。
委員長―はい、ハードな5日間でしたね。平壌(ピョンヤン)、開城(ケソン)を中心に軍事境界線のある板門店にも行きました。実は14人の団員の内3人も体調を崩したほどです。
聞き手―入国ルートはどうしたのですか。
委員長―新潟からウラジオストック経由でピョンヤンに入りました。北京ルートも有るようですが、いわゆるロシアルートです。新潟から約5時間でピョンヤン空港に降り立ちました。
聞き手―第一印象は。
委員長―ピョンヤン市内に着いたのは夜10時過ぎでしたが、市内のあちこちにハングル文字で金日成や金正日、朝鮮労働党のスローガンが大きく掲げられライトアップされていました。人影がほとんど無いので(あとでその理由が分かりましたが)ちょっと不気味な印象でしたね。
聞き手―それでは、ピョンヤンやケソンを通じた共和国の印象についてお伺いします。

高層建築物が目立つピョンヤン

委員長―ピョンヤンは人口200万を超える大都市で、政府関係のみならず一般住宅も高層化されていました。住宅は古い順から建て替えられている印象でしたね。通訳の呉(ウォ)さんに聞いたのですが、共和国では結婚すると2DK程度の住宅が与えられ、一方単身者は学校や会社の寮で生活するのが普通だということでした。
聞き手―地方都市や農村の住宅はどうですか。
委員長―3日目にピョンヤンからケソンまで車で移動したとき、三階建て程度の農家の集合住宅も見ましたが、平屋で敷地の周りを石塀で囲む朝鮮特有の農家もかなりありました。
聞き手―案内された施設はどうでしたか。
委員長―ほとんどピョンヤン市内ですが、人民大学習堂、チュチェ思想塔、学生少年宮殿などでした。人民大学習堂は図書館と大学を合わせたような施設で、とにかく大きな建物です。蔵書3千万冊、30人から200人以上入れる学習室が600室、図書閲覧席は6000席、800人以上収容のホールが20など、これらが一つの建物の中にあります。
聞き手―共和国の皆さんは勉強好きと言う事ですか。
委員長―労働者も農民も勉強したければ人民委員会の許可を得て、半年から1年程度の期間ここで勉強し、その間の生活は保障されているとのことでした。呉さんの話では、仕事を終えて帰宅すると夜は文化芸術や学習活動をするそうです。(このため夜の人通りが少ない)勉強がすきか嫌いかというより社会全体の活動という感じですね。
聞き手―社会主義だからこそ可能なシステムと言う事でしょうか。
委員長―そうかも知れませんが国家の介入とも取れます。おもしろいのがこの巨大な学習堂の正面に大同江(ピョンヤン市内を流れる川)をはさんでチュチェ思想塔という、高さ170メートルの塔が建っていて、勉強に疲れるとそれをながめ、自分が正しいと再確認をするという話です。
聞き手―心のよりどころということでしょうか
委員長―そういうことですね。つぎに学生少年宮殿という施設を見学しましたが、これは日本の小学生から高校生ぐらいの子供たちが放課後の課外活動を行う施設ですが、五百の学習室、蔵書10万冊の図書館や体育館、ホールなどの施設が有ります。
聞き手―教育に熱心ですね。
委員長―国家施策として人材育成が行われているという感じですね。子供同士のイタズラやケンカも有ると思うのですが。

聞き手―軍事境界線のある板門店はどうでしたか。
委員長―ピョンヤンから約二百キロ南の古都ケソン(開城)にほど近い村が板門店です。幅2〜4キロの非武装地帯を挟んで北と南が対峙している訳ですが、両「国」の旗が小高い丘になびき、軍事境界線上に立てられている会議場に入ったときにはさすがに緊張しました。
聞き手―戦争状態が続いているということですか。
委員長―正確に言うと、戦争が終結した訳ではなく停戦状態だと言うことです。しかし、板門店で閉鎖されている道路に、「ソウルまで70キロ」という道路標識があり、統一にかける思いを感じましたね。
聞き手―人々や街の様子は如何でしたか。
委員長―私もそこが一番知りたかったところですが、専用バスですべて団体行動の為よく分かりませんでした。しかし仲良くなった呉さんと滞在4日目の朝、ホテルからピョンヤン駅まで散歩したんです。ちょうど朝の通勤時で大勢のピョンヤン市民が足早に歩道を歩いていました。自転車はほとんどありません。車は政府と工場、人民軍の関係だけで、人々はトロリーバスか路面電車、地下鉄などを利用します。食糧や衣料品などの店はどこにあるのか呉さんに尋ねると、集合住宅の地下に売店が有る。とのことでした。
委員長―そのほか歩きながら、家事、育児は女性の仕事で男性には育児休業は無い、反面女性は55歳定年で年金生活が保障され男性は60歳まで働かなければ犯罪者と同じである…など話してくれました。(続く)


三多摩平和運動センター議長
八王子市職副委員長 川村 貞二

 国連加盟国のなかで唯一日本が国交を結んでいない国が北朝鮮です。今回、北朝鮮へは三多摩平和運動センターの代表としての参加でした。三多摩地域のおける朝鮮の方々との付き合いは長く、1959年に「朝鮮人の方々の帰国運動」を三多摩地域運動として取り組んだのが始まりです。現在も日常的に文化講演や囲碁将棋大会や交流会が三多摩の多くの地で行われています。また、私自身が育った高尾町(旧、浅川村)には、旧日本軍の司令部づくりに徴用された朝鮮の方々の集落があり、小さい頃から現在も付き合っている友人も何人もいます。
 しかし、島国根性のせいか、他国の文化や生活をあまり理解できずに今日に至っています。そうした経験と反省から今回の訪朝では、個人目的をしっかり持とうとしましたが、結果的に「人々の視点」というタイトルで訪朝を終えました。
 私たち日本人の視点からすると、「危険な国、何を考えているのか(国家として)」と疑問符の多い国です。しかし、私達訪問団を迎えてくれた朝鮮職業同盟の方々(日本の連合本部役員にあたる)や市民を見る限り、生活物資など日常生活面は苦しそうですが、「あきらめや開き直り、悲観的な姿勢」がない国であるように思えました。
 日本のホームレスや物乞いが多い他のアジアの国に較べれば、国民生活からすると良い国かもしれません。正味三日の国際交流でした。生活実態など踏み込んだ交流になりませんでしたが、疑心暗鬼から遠くの国にしてしまうのではなく、出来る交流の積み重ねから信頼を作ることの必要性を益々感じたところでした。

 

(機関紙「はちおうじ」398号/2002.7.22)
▲top (上のメニューに戻ります)