(項目をクリックして下さい)
【2016年】
● 第28回三多摩反核平和の火リレー 核のない平和な世界の実現を! (2016年5月)
● 2016原発のない福島を!県民大集会 (2016年3月)
【2015年】
● 戦後70年に想う (2015年8月)
● 被爆・戦後70年 八王子平和・原爆資料館 (2015年8月)
● 被爆70周年 原水爆禁止世界大会 (2015年8月)
● 第27回三多摩反核平和の火リレー 核のない平和な世界の実現を! (2015年7月)
● 憲法改正無くして戦争のできる国へ戦争法案認めない (2015年5月)
● 戦後・被爆70年「見て・聞いて・知る戦争の時代」〜7・25「八王子平和の日」イベント〜 (2015年5月)
● 特集 戦後70年 私たちは今 (2015年5月)
【2014年】
● 核も戦争もない平和な21世紀に! (2014年8月)
● 三多摩集中行進に八王子市職から18名が参加 (2014年6月)
● 集団的自衛権行使容認は憲法9条に抵触する重大な誤り (2014年6月)
● 第26回三多摩反核平和の火リレー 核のない平和な世界の実現を! (2014年6月)
● 集団的自衛権の行使 解釈の変更だけで、戦争ができる (2014年5月)
● 東日本大震災から3年、鎮魂、そして復興への誓い (2014年3月)
● さようなら原発1000万人署名提出行動 (2014年1月)
【2013年】
● 被爆68周年 原水爆禁止世界大会 (2013年9月)
● 八王子平和の日イベント 追悼! 中沢啓治さんを偲んで (2013年7月)
● 6.2 つながろうフクシマ!さようなら原発集会 (2013年6月)
● 5・15沖縄平和行進 基地のない平和の実現を! (2013年6月)
● 第25回三多摩反核平和の火リレーに参加 (2013年6月)
● 八王子平和運動センター 「護憲運動の強化」に向けた取り組み その2 (2013年5月)
● 八王子平和運動センター 「護憲運動の強化」に向けた取り組み その1 (2013年3月)
● 東日本大震災から2年を迎えて 都本部脱原発行動委員会を結成 (2013年3月)
【2012年】
● 被爆67周年 原水爆禁止世界大会 核兵器のない平和で公正な世界のために (2012年9月)
● 八王子平和の日イベント 八王子平和・原爆資料館「被爆者から被曝者へ」交流集会 (2012年8月)
● 「さようなら原発・ストップ再稼動、三多摩集中行進」に参加! (2012年6月)
● 第24回三多摩反核平和の火のリレー (2012年6月)
● 3・11全国各地で脱・原発集会が開催 (2012年3月)
【2011年】
● さようなら原発1000万人アクション集会 明治公園に6万人が集結! (2011年10月)
● 原水爆禁止2011世界大会 核兵器のない平和で公正な世界を! (2011年9月)
● さようなら原発1000万人アクション (2011年9月)
● 5・15沖縄平和行進 (2011年6月)
【2010年】
● 原水爆禁止2010世界大会 核兵器のない平和で公正な世界を! (2010年10月)
● 八王子平和・原爆資料館開設13周年 7・25八王子平和の日・講演会 (2010年8月)
● 2010沖縄平和行進 普天間基地包囲行動 (2010年7月)
【2009年】
● 核兵器廃絶・恒久平和 原水禁世界大会に参加 (2009年11月)
● 第45回護憲大会(高松市)開催 (2009年3月)
【2008年】
● 核兵器廃絶・恒久平和 広島・長崎原水禁大会に参加 (2008年9月)
【2007年】
● 「原爆と平和」作文コンクール優秀作品 (2007年7月)
● 核兵器廃絶、軍縮の推進を (2007年7月)
【2006年】
● 写真で見る! 原水爆禁止世界大会 長崎大会に参加 (2006年8月)
● チェルノブイリ事故20年 東京平和運動スタディーツアーに参加 (2006年7月)
● 在日米軍基地の再編反対 ― 米軍再編に全面協力の小泉政府 ― (2006年3月)
【2005年】
● 核兵器廃絶、核も戦争も無い21世紀を (2005年7月)
● 思想・心情の自由、人権と命を守ることが公共サービスの本旨 (2005年3月)
【2004年】
● 被爆59周年 原水爆禁止世界大会開催 (2004年8月)
● 平和主義、国際協調に向けて (2004年3月)
● 有事関連法案の相互の関係 (2004年3月)
● 自衛隊のイラク派遣に抗議し即時中止を求める (2004年2月)
● 自衛隊はイラクへ行くな!自衛隊のイラク派兵中止を求める三多摩行動 (2004年2月)
● ワールドピースナウ、イラクへの自衛隊派遣反対集会に6,000人参加 (2004年2月)
● 声明「イラクへの自衛隊派遣反対」 (2004年1月)
【2003年】
● 自衛隊はイラクへ行くな!殺すな!殺されるな! (2003年12月)
● 核も戦争もない平和な21世紀に「労働組合こそ平和主義の先頭にたとう」 (2003年8月)
● 憲法施行56周年記念集会 (2003年5月)
● NO WAR イラク戦争反対 (2003年3月)
● イラク攻撃反対 (2003年3月)
● アメリカ・ブッシュ政権のイラク攻撃反対!!小泉政府の戦争加担反対!! (2003年2月)
● イージス艦「きりしま」のインド洋・アラビア海出航はなぜ、集団自衛権の行使なの? (2003年1月)
【2002年】
● 私たちは戦争加担者にならない (2002年12月)
● 有事法制関連三法案を廃案へ (2002年10月)
● 秋葉広島市長から八王子市職へお礼のメッセージ (2002年10月)
● 近くて遠い国の5日間 (2002年9月)
● 朝鮮民主主義人民共和国訪問 (2002年7月)
● 核兵器廃絶、基地撤去、沖縄平和行進に参加して (2002年6月)

近くて遠い国の5日間 


 8月30日政府は、「小泉首相が9月17日に平壌を訪問し、金正日総書記と会談する」と発表しました。朝鮮民主主義人民共和国政府は、今年7月以降韓国との対話路線を強め、ロシア、中国を始め日朝赤十字会談など積極的な外交政策を進めてきました。日本との関係は、植民地侵略や拉致問題など未解決な問題が山積し、未だに国交が回復していません。しかし、一昨年の南北首脳会談に続き、対話と強調の積み重ねが、「不幸な歴史」を乗り越える唯一無二の方策であることは間違いありません。(編集委員会)


職業総同盟について

▲平壌市内の職業総同盟本部前。前列左から3人目は日本海沖で「行方不明」となった新潟出身の寺越さん。現在は朝鮮職業同名の幹部。

聞き手―これまで平壌市や板門店の様子をお伺いしましたが、受け入れ先の朝鮮職業総同盟について説明してください。
委員長―今回の朝鮮訪問は、朝鮮職業総同盟の招きで実現しました。共和国では30歳以上の労働者は全員職業総同盟の組合員になります。構成員は約160万人、40%が女性とのことでした。
聞き手―日本の労働組合とどう違うのですか。
委員長―組合員がいて執行部が有り、執行委員長がいると言うことでは日本の労働組合とそれほど変わりませんが、一番違うのは組合規約に「朝鮮労働党の指導のもとで…」と明記されている点ですね。そうした意味で日本の労働組合のような自主性は無いと思います。

▲平壌・モランボン縫製工場

聞き手―八王子市職は自主性がある?
委員長―もちろん。自主性の塊(かたまり)みたいなものです。(笑い)
聞き手―その違いは、国家体制の違いと言うことでしょうか。
委員長―そうですね。工場経営を担当する者はいても、経営者ではないし、私有財産も無い訳ですから。基本的な労使関係が日本とは違います。
聞き手―でも給料はくれるんでしょ。
委員長―もちろんです。社会主義でも通貨は必要ですからね。ただし基本的な生活物資は配給制と言うことでした。(その後、配給制は7月からなくなったようです)

 

食糧危機は

 

▲平壌(ピョンヤン)から開城(ケソン)へ広がる耕作地

聞き手―ところで食糧危機という実感はありましたか。
委員長―共和国の主食は米、小麦、大麦、トウモロコシ、ジャガイモで全国民の需要量は年間700万tといわれています。95年の集中豪雨の年は、穀物生産が200万t以下に落ちたと言うことですが、現在は4〜500万tまで回復したようです。
聞き手―しかしそれでは足りないじゃないですか。
委員長―そういうことになりますね。しかし、平壌から板門店に行く途中で見た畑は、赤土でしたがトウモロコシや小麦、じゃがいもなど広々と耕作されていました。水田もかなりありましたね。ちょっと気になったのは、農民はいるけど、農作業の人影は少ないと言うことです。
 食糧危機について私の印象では、単に水害や干ばつだけが原因ではなく、農業の集団化や共同所有による非効率と食料の輸送力にも問題があるように感じましたね。

 

民間レベルの交流を

聞き手―拉致問題や日本との国交回復については話されましたか。
委員長―ええ、かなり意見交換しました。共和国は平和的、自主的統一の為に障害になっているのは韓国に駐留する米軍であり、米軍基地だと主張していました。

▲牡丹峰第1高中学校の視察を終えて

聞き手―日本の立場は?
委員長―国交回復に向けて、半世紀に渡る日本の植民地支配と侵略行為を率直に認め、これからどのような友好関係を作り出すべきかもっと話し合う時間が必要だと思いますね。
 共和国は、社会主義という単一のイデオロギーで、かなり無理をしながら国家体制を維持している訳で、中国・ロシアのみならず、韓国や日本と共存する必要があると思いますね。
 だから拉致問題を、共和国政府が対日政策の中に位置付けると言うことは信じられません。彼らは日本語も日本文化もよく知ってますよ。
聞き手―共和国の姿が見えないため先入観で判断している?
委員長―事実は明確にすべきでしょうが、イメージが先行している様にも感じます。それと、国交回復は政府間協議だけでなく、労働組合や民間レベルの交流をもっと積極的に進めるべきだと思いますね。
聞き手―お互いを知ることから始める?
委員長―そうですね。
聞き手―ありがとうございました。  (おわり)

【反核平和委員会からのお知らせ】

 前号から2回にわたり、東京平和運動センターの一員として朝鮮民主主義人民共和国を訪問した藤岡委員長からお話を伺いました。これを受けて反核平和委員会として、さらに詳しい内容を報告集としてまとめることとします。一昨年の南北首脳会談に続き、9月には平壌で日朝首脳会談が実現するということで、大きな歴史の転換期を迎えていることは間違いありません。日本と朝鮮の関係をもう一度原点に返り検証し、日朝友好・国交回復に向けた市民レベルの取り組みを労働組合としても支援していくことが重要だと考えております。 (反核平和委員会事務局)



▲8月10日、有事法政反対1,000人委員会、呼びかけ人会議

 8月10日(土)八王子労政会館で、「有事法制に反対する1000人委員会」がスタートしました。武力攻撃事態法を始めとする有事三法案は、先の通常国会で「継続審議」となり、秋(10月ごろ)の臨時国会で再度審議されることとなっています。
 私たちは、当初からこの法律は戦争体制準備法であり、地域社会の平和と基本的人権を奪う悪法であるとし廃案を求めてきました。この1000人委員会は、組合員の皆さんひとり一人にも参加を呼びかけています。組合では執行部・反核平和委員会を中心に1000人委員会にたくさんの皆さんの参加を求め、有事法制廃案に向けた取り組みを強めていく考え方です。

【有事法制に反対する1000人委員会呼びかけ人】

勝亦裕子(初沢町在住)
坂本龍彦(ジャーナリスト)清水文美子(出版社専務)
長沢三郎(元日野市教育長)
西畠 正(西東京共同法律事務所・弁護士)
前田 朗(造形大学教授)
松本智量(延立寺住職)
山田 真(八王子中央診療所・医師)
山根雅子(フリーライター)
藤岡一昭(八王子勤労者センター議長・1000人委員会事務局長)

(機関紙「はちおうじ」399号/2002.9.13)
▲top (上のメニューに戻ります)