7 7


 

 




(項目をクリックして下さい)
【2016年】
● 第28回三多摩反核平和の火リレー 核のない平和な世界の実現を! (2016年5月)
● 2016原発のない福島を!県民大集会 (2016年3月)
【2015年】
● 戦後70年に想う (2015年8月)
● 被爆・戦後70年 八王子平和・原爆資料館 (2015年8月)
● 被爆70周年 原水爆禁止世界大会 (2015年8月)
● 第27回三多摩反核平和の火リレー 核のない平和な世界の実現を! (2015年7月)
● 憲法改正無くして戦争のできる国へ戦争法案認めない (2015年5月)
● 戦後・被爆70年「見て・聞いて・知る戦争の時代」〜7・25「八王子平和の日」イベント〜 (2015年5月)
● 特集 戦後70年 私たちは今 (2015年5月)
【2014年】
● 核も戦争もない平和な21世紀に! (2014年8月)
● 三多摩集中行進に八王子市職から18名が参加 (2014年6月)
● 集団的自衛権行使容認は憲法9条に抵触する重大な誤り (2014年6月)
● 第26回三多摩反核平和の火リレー 核のない平和な世界の実現を! (2014年6月)
● 集団的自衛権の行使 解釈の変更だけで、戦争ができる (2014年5月)
● 東日本大震災から3年、鎮魂、そして復興への誓い (2014年3月)
● さようなら原発1000万人署名提出行動 (2014年1月)
【2013年】
● 被爆68周年 原水爆禁止世界大会 (2013年9月)
● 八王子平和の日イベント 追悼! 中沢啓治さんを偲んで (2013年7月)
● 6.2 つながろうフクシマ!さようなら原発集会 (2013年6月)
● 5・15沖縄平和行進 基地のない平和の実現を! (2013年6月)
● 第25回三多摩反核平和の火リレーに参加 (2013年6月)
● 八王子平和運動センター 「護憲運動の強化」に向けた取り組み その2 (2013年5月)
● 八王子平和運動センター 「護憲運動の強化」に向けた取り組み その1 (2013年3月)
● 東日本大震災から2年を迎えて 都本部脱原発行動委員会を結成 (2013年3月)
【2012年】
● 被爆67周年 原水爆禁止世界大会 核兵器のない平和で公正な世界のために (2012年9月)
● 八王子平和の日イベント 八王子平和・原爆資料館「被爆者から被曝者へ」交流集会 (2012年8月)
● 「さようなら原発・ストップ再稼動、三多摩集中行進」に参加! (2012年6月)
● 第24回三多摩反核平和の火のリレー (2012年6月)
● 3・11全国各地で脱・原発集会が開催 (2012年3月)
【2011年】
● さようなら原発1000万人アクション集会 明治公園に6万人が集結! (2011年10月)
● 原水爆禁止2011世界大会 核兵器のない平和で公正な世界を! (2011年9月)
● さようなら原発1000万人アクション (2011年9月)
● 5・15沖縄平和行進 (2011年6月)
【2010年】
● 原水爆禁止2010世界大会 核兵器のない平和で公正な世界を! (2010年10月)
● 八王子平和・原爆資料館開設13周年 7・25八王子平和の日・講演会 (2010年8月)
● 2010沖縄平和行進 普天間基地包囲行動 (2010年7月)
【2009年】
● 核兵器廃絶・恒久平和 原水禁世界大会に参加 (2009年11月)
● 第45回護憲大会(高松市)開催 (2009年3月)
【2008年】
● 核兵器廃絶・恒久平和 広島・長崎原水禁大会に参加 (2008年9月)
【2007年】
● 「原爆と平和」作文コンクール優秀作品 (2007年7月)
● 核兵器廃絶、軍縮の推進を (2007年7月)
【2006年】
● 写真で見る! 原水爆禁止世界大会 長崎大会に参加 (2006年8月)
● チェルノブイリ事故20年 東京平和運動スタディーツアーに参加 (2006年7月)
● 在日米軍基地の再編反対 ― 米軍再編に全面協力の小泉政府 ― (2006年3月)
【2005年】
● 核兵器廃絶、核も戦争も無い21世紀を (2005年7月)
● 思想・心情の自由、人権と命を守ることが公共サービスの本旨 (2005年3月)
【2004年】
● 被爆59周年 原水爆禁止世界大会開催 (2004年8月)
● 平和主義、国際協調に向けて (2004年3月)
● 有事関連法案の相互の関係 (2004年3月)
● 自衛隊のイラク派遣に抗議し即時中止を求める (2004年2月)
● 自衛隊はイラクへ行くな!自衛隊のイラク派兵中止を求める三多摩行動 (2004年2月)
● ワールドピースナウ、イラクへの自衛隊派遣反対集会に6,000人参加 (2004年2月)
● 声明「イラクへの自衛隊派遣反対」 (2004年1月)
【2003年】
● 自衛隊はイラクへ行くな!殺すな!殺されるな! (2003年12月)
● 核も戦争もない平和な21世紀に「労働組合こそ平和主義の先頭にたとう」 (2003年8月)
● 憲法施行56周年記念集会 (2003年5月)
● NO WAR イラク戦争反対 (2003年3月)
● イラク攻撃反対 (2003年3月)
● アメリカ・ブッシュ政権のイラク攻撃反対!!小泉政府の戦争加担反対!! (2003年2月)
● イージス艦「きりしま」のインド洋・アラビア海出航はなぜ、集団自衛権の行使なの? (2003年1月)
【2002年】
● 私たちは戦争加担者にならない (2002年12月)
● 有事法制関連三法案を廃案へ (2002年10月)
● 秋葉広島市長から八王子市職へお礼のメッセージ (2002年10月)
● 近くて遠い国の5日間 (2002年9月)
● 朝鮮民主主義人民共和国訪問 (2002年7月)
● 核兵器廃絶、基地撤去、沖縄平和行進に参加して (2002年6月)

2010沖縄平和行進 普天間基地包囲行動


 5月14日から15日にかけて沖縄平和行進が行われ、主催者発表で延べ5千人が平和を訴え沖縄本島を縦断しました。八王子市職からは4名が参加。普天間基地の県内移設反対を訴え、普天間基地包囲行動を行いました。


▲宜野湾市海浜公園野外劇場に集まった
 参加者
 沖縄平和行進は、沖縄が本土に復帰した5月15日にあわせて毎年開催されており、今回で38回を数えます。宜野湾海浜公園でゴールを迎えた行進団は、続いて行われた「5・15平和とくらしを守る県民大会」に参加し、3800人の参加者とともに普天間基地の県内移設反対を訴えました。
 翌16日には、5年ぶりに普天間基地包囲行動が行われ、普天間基地のフェンス、外周国道、県道など約13キロを「人間の鎖」で取り囲み、激しい雨に打たれる中、労働組合や市民団体、住民ら17000人が行動に参加し、普天間基地の無条件返還を訴え、沖縄平和行進を終了しました。
 普天間基地の問題が過去例のない規模で世間の耳目を集める中、平和行進と集会、戦跡を巡り、平和についての学習をしてきました。
▲雨の中、元気に参加した皆さん
 熱帯性の暴風雨が吹き荒れる中、沖縄平和祈念資料館に向かいました。そこでは琉球王国の歴史、悲惨な地上戦、本土とは違った形で進んだ沖縄の戦後復興を学ぶことができます。資料館の展示の中で、特に印象に残った写真がありました。1970年のコザ騒動の写真です。コザ騒動は米兵の起こした交通事故の処分が軽微なことや、当時の基地問題に対して不満を募らせていたコザ市(今の沖縄市)の住民が起こした焼き討ち事件です。その写真では、MP(軍警察)の腕章を付けた兵士が銃に着剣をして、一列に並んで沖縄住民を追い散らしていました。住民に対して銃剣を向けることも厭わぬような統治が、ほんの40年前、沖縄にはあったのです。
 沖縄県民は戦争を忘れていません。基地問題をいつも感じています。高速道路に「流れ弾に注意」などと横断幕がある状況、住民がひしめく住宅地の隣に広々とした基地があるような状況、ジェット機やヘリの騒音が絶えず窓は締め切り、立ち話もできない状況、自分がそこの住民や自治体職員だったらどうだろうかと、色々考えさせられる平和行進でした。

(森 執行委員)



フォーラム平和・人権・環境(平和フォーラム)
副事務局長  藤岡 一昭(八王子市職特別執行委員)

 平和フォーラムが中心となって取り組んだ5月14日、15日の平和行進、16日の普天間基地包囲行動に、岡本書記長を先頭に参加された八王子市職、臨職組合の代表の皆さん。豪雨の中、最後まで沖縄県民とともに闘い抜いていただきありがとうございます。
 1945年4月米軍は沖縄に上陸し、激しい地上戦の末、占領すると巨大な軍事基地を建設しました。米軍基地は一部返還されましたが普天間や嘉手納など大半の米軍基地が占領時のまま残っています。
 平和フォーラムは沖縄米軍基地の縮小・撤去をめざし、軍事力に依存しない安全保障を目指しています。私も昨年12月に八王子市職そして自治労の代表として平和フォーラムに派遣されておりますが、皆さんとともに闘い抜く決意です。




(機関紙「はちおうじ」493号/2010.7.5)
▲top (上のメニューに戻ります)