7


 

 




(項目をクリックして下さい)
【2016年】
● 第28回三多摩反核平和の火リレー 核のない平和な世界の実現を! (2016年5月)
● 2016原発のない福島を!県民大集会 (2016年3月)
【2015年】
● 戦後70年に想う (2015年8月)
● 被爆・戦後70年 八王子平和・原爆資料館 (2015年8月)
● 被爆70周年 原水爆禁止世界大会 (2015年8月)
● 第27回三多摩反核平和の火リレー 核のない平和な世界の実現を! (2015年7月)
● 憲法改正無くして戦争のできる国へ戦争法案認めない (2015年5月)
● 戦後・被爆70年「見て・聞いて・知る戦争の時代」〜7・25「八王子平和の日」イベント〜 (2015年5月)
● 特集 戦後70年 私たちは今 (2015年5月)
【2014年】
● 核も戦争もない平和な21世紀に! (2014年8月)
● 三多摩集中行進に八王子市職から18名が参加 (2014年6月)
● 集団的自衛権行使容認は憲法9条に抵触する重大な誤り (2014年6月)
● 第26回三多摩反核平和の火リレー 核のない平和な世界の実現を! (2014年6月)
● 集団的自衛権の行使 解釈の変更だけで、戦争ができる (2014年5月)
● 東日本大震災から3年、鎮魂、そして復興への誓い (2014年3月)
● さようなら原発1000万人署名提出行動 (2014年1月)
【2013年】
● 被爆68周年 原水爆禁止世界大会 (2013年9月)
● 八王子平和の日イベント 追悼! 中沢啓治さんを偲んで (2013年7月)
● 6.2 つながろうフクシマ!さようなら原発集会 (2013年6月)
● 5・15沖縄平和行進 基地のない平和の実現を! (2013年6月)
● 第25回三多摩反核平和の火リレーに参加 (2013年6月)
● 八王子平和運動センター 「護憲運動の強化」に向けた取り組み その2 (2013年5月)
● 八王子平和運動センター 「護憲運動の強化」に向けた取り組み その1 (2013年3月)
● 東日本大震災から2年を迎えて 都本部脱原発行動委員会を結成 (2013年3月)
【2012年】
● 被爆67周年 原水爆禁止世界大会 核兵器のない平和で公正な世界のために (2012年9月)
● 八王子平和の日イベント 八王子平和・原爆資料館「被爆者から被曝者へ」交流集会 (2012年8月)
● 「さようなら原発・ストップ再稼動、三多摩集中行進」に参加! (2012年6月)
● 第24回三多摩反核平和の火のリレー (2012年6月)
● 3・11全国各地で脱・原発集会が開催 (2012年3月)
【2011年】
● さようなら原発1000万人アクション集会 明治公園に6万人が集結! (2011年10月)
● 原水爆禁止2011世界大会 核兵器のない平和で公正な世界を! (2011年9月)
● さようなら原発1000万人アクション (2011年9月)
● 5・15沖縄平和行進 (2011年6月)
【2010年】
● 原水爆禁止2010世界大会 核兵器のない平和で公正な世界を! (2010年10月)
● 八王子平和・原爆資料館開設13周年 7・25八王子平和の日・講演会 (2010年8月)
● 2010沖縄平和行進 普天間基地包囲行動 (2010年7月)
【2009年】
● 核兵器廃絶・恒久平和 原水禁世界大会に参加 (2009年11月)
● 第45回護憲大会(高松市)開催 (2009年3月)
【2008年】
● 核兵器廃絶・恒久平和 広島・長崎原水禁大会に参加 (2008年9月)
【2007年】
● 「原爆と平和」作文コンクール優秀作品 (2007年7月)
● 核兵器廃絶、軍縮の推進を (2007年7月)
【2006年】
● 写真で見る! 原水爆禁止世界大会 長崎大会に参加 (2006年8月)
● チェルノブイリ事故20年 東京平和運動スタディーツアーに参加 (2006年7月)
● 在日米軍基地の再編反対 ― 米軍再編に全面協力の小泉政府 ― (2006年3月)
【2005年】
● 核兵器廃絶、核も戦争も無い21世紀を (2005年7月)
● 思想・心情の自由、人権と命を守ることが公共サービスの本旨 (2005年3月)
【2004年】
● 被爆59周年 原水爆禁止世界大会開催 (2004年8月)
● 平和主義、国際協調に向けて (2004年3月)
● 有事関連法案の相互の関係 (2004年3月)
● 自衛隊のイラク派遣に抗議し即時中止を求める (2004年2月)
● 自衛隊はイラクへ行くな!自衛隊のイラク派兵中止を求める三多摩行動 (2004年2月)
● ワールドピースナウ、イラクへの自衛隊派遣反対集会に6,000人参加 (2004年2月)
● 声明「イラクへの自衛隊派遣反対」 (2004年1月)
【2003年】
● 自衛隊はイラクへ行くな!殺すな!殺されるな! (2003年12月)
● 核も戦争もない平和な21世紀に「労働組合こそ平和主義の先頭にたとう」 (2003年8月)
● 憲法施行56周年記念集会 (2003年5月)
● NO WAR イラク戦争反対 (2003年3月)
● イラク攻撃反対 (2003年3月)
● アメリカ・ブッシュ政権のイラク攻撃反対!!小泉政府の戦争加担反対!! (2003年2月)
● イージス艦「きりしま」のインド洋・アラビア海出航はなぜ、集団自衛権の行使なの? (2003年1月)
【2002年】
● 私たちは戦争加担者にならない (2002年12月)
● 有事法制関連三法案を廃案へ (2002年10月)
● 秋葉広島市長から八王子市職へお礼のメッセージ (2002年10月)
● 近くて遠い国の5日間 (2002年9月)
● 朝鮮民主主義人民共和国訪問 (2002年7月)
● 核兵器廃絶、基地撤去、沖縄平和行進に参加して (2002年6月)

原水爆禁止2011世界大会

 原水爆禁止日本国民会議の原水爆禁止世界大会が7月31日、福島市で開幕しました。世界大会は毎年、核兵器廃絶を主なテーマに広島や長崎などで開かれてきましたが、東京電力福島第1原発事故を受けて、「脱原発」を訴えるために初めて福島で開かれました。世界大会は8月4〜6日に広島、7〜9日には長崎に移り、「原爆の日」に合わせて、平和記念式典が営まれ、11日には沖縄で米軍基地問題をテーマに集会が開かれました。


 7/31 福島大会
     主要テーマを「核兵器廃絶」から「脱原発」
▲あいさつをする川野浩一氏(原水禁議長)
 原水爆禁止世界大会が31日(日)、原発立地県で初めて福島市で開かれました。
 冒頭のあいさつで、川野浩一大会実行委員長(原水禁議長)は「私たちはこれまで『核と人類は共存できない』と、原発にも反対して長く運動をしてきたが、今日の事態を招いたのは、その力が及ばなかったからで、残念でならない」とし、「広島・長崎の被爆者は66年間闘ってきたが、それがこの福島でも始まる。ノーモア・ヒロシマ・ナガサキ、そして『フクシマ』の声をあげていこう」と呼びかけました。
 また、原発から10キロ圏内の浪江町に自宅がある小学校教諭吉田博正さんが、福島県民を代表して現状を報告。「原発事故の被害者は私たちで最後にしましょう。今こそ脱原発だ」と訴えました。
 大会に先立ち、福島県民集会では、原発事故被災者や原爆被爆者ら、参加者約1700人が、主要テーマをこれまでの「核兵器廃絶」から「脱原発」として、「放射能のない福島を返せ」などと声を上げ、福島市内をデモ行進しました。
(岡本)


 8/4〜6 被爆66周年原水爆禁止 広島大会
▲広島原爆ドーム
(1915年広島県物産陳列館として完成)
 広島へは三多摩派遣団として八王子市職及び臨職員組合から4名が参加しました。8月4日広島県体育館で開催された「核兵器廃絶2011ヒロシマ大会」に参加。5日には脱原子力や平和と核軍縮、世界のヒバクシャの現状などをテーマにした分科会に参加し、核に対する知識を深めました。同日被爆者との交流会が開催され、貴重なお話を聞くことができました。6日広島市主催の記念式典に参加、組合員の皆さんの折鶴を奉納し、原爆が投下された8時15分に黙祷をささげました。式典では松井市長が就任後、初めて平和宣言を読み上げました。平和宣言では原爆犠牲者に哀悼の意をささげ、核兵器廃絶と世界の恒久平和の実現を誓いました。3月11日に発生した東日本大震災にもふれられ、原発事故による放射線の脅威は被災者を始め多くの人を不安に陥れているとし、政府に対しエネルギー政策の見直しを訴えました。
 また、広島には三多摩平和運動センターから、平和の尊さを学び、後の世代に継承することを目的に、子ども派遣団が毎年参加しています。組合員の家族で小学4年生から中学生までが対象です。来年も多くの子ども達の参加をお願いいたします。
(武藤)
▲広島大会に参加した執行部と臨職組合の皆さん

 

 8/7〜9 被爆66周年原水爆禁止 長崎大会
▲原爆被爆者特別養護ホーム
「かめだけ」を訪問
 8月7日の長崎大会の集会では国際労働組合総連合(ITUC)の担当者や韓国からの派遣団など多くの海外からの来賓を迎え、開催されました。
 今年は3月11日に日本に未曾有の被害をもたらした東日本大震災の影響により、福島原発の事故があったため、核兵器の廃絶だけではなく原発事故の原因究明と一日も早い収束を訴えかけました。
 長崎県の高校生3名を含む今年の高校生平和大使の中には震災で親を亡くした高校生も参加しており、「核兵器廃絶と世界の恒久平和を求める被爆地長崎の願い」を伝えるため「高校生一万人署名」を国連欧州本部に手渡し、核兵器廃絶を訴えるスピーチを行うことになっています。
 8日には、八王子市職がこれまで交流を重ねてきた原爆被爆者特別養護ホーム「かめだけ」を訪問し、組合員から寄せられた千羽鶴を届けるとともに、退職者会からの参加者による民謡と踊りを披露し、大変喜ばれました。
 9日には「ノーモア・ヒロシマ、ノーモア・ナガサキ、ノーモア・フクシマ、ノーモア・ヒバクシャ、さようなら原発!」をスローガンに爆心地公園まで非核平和行進を行い、原爆で亡くなられた方々を追悼するための黙とうを行いました。
(栗林)
▲非核平和行進を行なう参加者の皆さん



《1997・7・25開館記念事業》
八王子平和・原爆資料館
7/23(土)「被爆体験を聞く会」

☆反核平和委員会 杉山 耕太郎(道路事業部管理課)

▲八六九会 事務局長 上田紘治さん

 あなたは、八王子市が昭和57年6月29日に「非核平和都市宣言」をしていることを知っていましたか?その10年後 台町の富士森公園内には、「平和の像」が建てられました。見たことはありますか?
 入り口階段の左側には、被爆地の「広島市役所旧庁舎の前庭の敷石の一部」と「長崎市山里国民学校の校舎の壁の一部」が展示されています。このことは、八王子市内に住む被爆者の方たちでも「知らなかった」という声が聞かれました。
 そこで今年の「八王子平和の日」イベントは、この「平和の像」と被爆地「広島」「長崎」の被爆プレートの前で「被爆体験を聞く会」を開催しました。
 今年の3月 原発事故による新たな「被曝者」(「被爆者」ではない!)が福島県を中心に生まれてしまいました。この方たちに想いを寄せて集会を開始しました。
 八王子市が「非核平和都市宣言」をした経過などを総務部総務課長より説明いただき、その後66年前にアメリカ軍の原爆により広島、長崎にて被爆された八王子市内在住の被爆者お二人から体験を聞かせてもらいました。また昨年のニューヨークでの国連軍縮会議NPT再検討会議の報告をしてもらい「ノーモア ヒバクシャ」の決意を参加者で確認しました。

 

(機関紙「はちおうじ」504号/2011.9.6)
▲top (上のメニューに戻ります)