5 7 02


 

 




(項目をクリックして下さい)
【2016年】
● 第28回三多摩反核平和の火リレー 核のない平和な世界の実現を! (2016年5月)
● 2016原発のない福島を!県民大集会 (2016年3月)
【2015年】
● 戦後70年に想う (2015年8月)
● 被爆・戦後70年 八王子平和・原爆資料館 (2015年8月)
● 被爆70周年 原水爆禁止世界大会 (2015年8月)
● 第27回三多摩反核平和の火リレー 核のない平和な世界の実現を! (2015年7月)
● 憲法改正無くして戦争のできる国へ戦争法案認めない (2015年5月)
● 戦後・被爆70年「見て・聞いて・知る戦争の時代」〜7・25「八王子平和の日」イベント〜 (2015年5月)
● 特集 戦後70年 私たちは今 (2015年5月)
【2014年】
● 核も戦争もない平和な21世紀に! (2014年8月)
● 三多摩集中行進に八王子市職から18名が参加 (2014年6月)
● 集団的自衛権行使容認は憲法9条に抵触する重大な誤り (2014年6月)
● 第26回三多摩反核平和の火リレー 核のない平和な世界の実現を! (2014年6月)
● 集団的自衛権の行使 解釈の変更だけで、戦争ができる (2014年5月)
● 東日本大震災から3年、鎮魂、そして復興への誓い (2014年3月)
● さようなら原発1000万人署名提出行動 (2014年1月)
【2013年】
● 被爆68周年 原水爆禁止世界大会 (2013年9月)
● 八王子平和の日イベント 追悼! 中沢啓治さんを偲んで (2013年7月)
● 6.2 つながろうフクシマ!さようなら原発集会 (2013年6月)
● 5・15沖縄平和行進 基地のない平和の実現を! (2013年6月)
● 第25回三多摩反核平和の火リレーに参加 (2013年6月)
● 八王子平和運動センター 「護憲運動の強化」に向けた取り組み その2 (2013年5月)
● 八王子平和運動センター 「護憲運動の強化」に向けた取り組み その1 (2013年3月)
● 東日本大震災から2年を迎えて 都本部脱原発行動委員会を結成 (2013年3月)
【2012年】
● 被爆67周年 原水爆禁止世界大会 核兵器のない平和で公正な世界のために (2012年9月)
● 八王子平和の日イベント 八王子平和・原爆資料館「被爆者から被曝者へ」交流集会 (2012年8月)
● 「さようなら原発・ストップ再稼動、三多摩集中行進」に参加! (2012年6月)
● 第24回三多摩反核平和の火のリレー (2012年6月)
● 3・11全国各地で脱・原発集会が開催 (2012年3月)
【2011年】
● さようなら原発1000万人アクション集会 明治公園に6万人が集結! (2011年10月)
● 原水爆禁止2011世界大会 核兵器のない平和で公正な世界を! (2011年9月)
● さようなら原発1000万人アクション (2011年9月)
● 5・15沖縄平和行進 (2011年6月)
【2010年】
● 原水爆禁止2010世界大会 核兵器のない平和で公正な世界を! (2010年10月)
● 八王子平和・原爆資料館開設13周年 7・25八王子平和の日・講演会 (2010年8月)
● 2010沖縄平和行進 普天間基地包囲行動 (2010年7月)
【2009年】
● 核兵器廃絶・恒久平和 原水禁世界大会に参加 (2009年11月)
● 第45回護憲大会(高松市)開催 (2009年3月)
【2008年】
● 核兵器廃絶・恒久平和 広島・長崎原水禁大会に参加 (2008年9月)
【2007年】
● 「原爆と平和」作文コンクール優秀作品 (2007年7月)
● 核兵器廃絶、軍縮の推進を (2007年7月)
【2006年】
● 写真で見る! 原水爆禁止世界大会 長崎大会に参加 (2006年8月)
● チェルノブイリ事故20年 東京平和運動スタディーツアーに参加 (2006年7月)
● 在日米軍基地の再編反対 ― 米軍再編に全面協力の小泉政府 ― (2006年3月)
【2005年】
● 核兵器廃絶、核も戦争も無い21世紀を (2005年7月)
● 思想・心情の自由、人権と命を守ることが公共サービスの本旨 (2005年3月)
【2004年】
● 被爆59周年 原水爆禁止世界大会開催 (2004年8月)
● 平和主義、国際協調に向けて (2004年3月)
● 有事関連法案の相互の関係 (2004年3月)
● 自衛隊のイラク派遣に抗議し即時中止を求める (2004年2月)
● 自衛隊はイラクへ行くな!自衛隊のイラク派兵中止を求める三多摩行動 (2004年2月)
● ワールドピースナウ、イラクへの自衛隊派遣反対集会に6,000人参加 (2004年2月)
● 声明「イラクへの自衛隊派遣反対」 (2004年1月)
【2003年】
● 自衛隊はイラクへ行くな!殺すな!殺されるな! (2003年12月)
● 核も戦争もない平和な21世紀に「労働組合こそ平和主義の先頭にたとう」 (2003年8月)
● 憲法施行56周年記念集会 (2003年5月)
● NO WAR イラク戦争反対 (2003年3月)
● イラク攻撃反対 (2003年3月)
● アメリカ・ブッシュ政権のイラク攻撃反対!!小泉政府の戦争加担反対!! (2003年2月)
● イージス艦「きりしま」のインド洋・アラビア海出航はなぜ、集団自衛権の行使なの? (2003年1月)
【2002年】
● 私たちは戦争加担者にならない (2002年12月)
● 有事法制関連三法案を廃案へ (2002年10月)
● 秋葉広島市長から八王子市職へお礼のメッセージ (2002年10月)
● 近くて遠い国の5日間 (2002年9月)
● 朝鮮民主主義人民共和国訪問 (2002年7月)
● 核兵器廃絶、基地撤去、沖縄平和行進に参加して (2002年6月)

3・11全国各地で脱・原発集会が開催

 東日本大震災で起きた東京電力福島第一原子力発電所事故から1年が経過しました。全国の原子力発電所52基が停止し、現在稼働中の原発2基も3月、4月末の定期検査で停止する予定です。しかし原発輸出や原発再稼動に向けた動きもあり、予断を許さない状況です。
 八王子市職は2月11日(土)に開催された、さようなら原発1000万人アクション全国一斉行動in東京(代々木公園)と3月11日(日)に開催された原発いらない!3・11福島県民大集会(福島県郡山市、開成山球場)に延べ180人の組合員及び組合員の家族が集結しました。

▲集会が行われた代々木公園野外ステージ

 2月11日(土)建国記念の日に開催された「さようなら原発1000万人アクション全国一斉行動in東京」に12,000人(主催者発表)が東京、代々木公園に集結しました。
 八王子市職は、昨年9月に開催された全国集会(明治公園)に続き、会場までの混雑が予想されることら、行きのみの貸切バスを用意し、159名の組合員と家族が八王子駅北口を出発、参加しました。
 集会では、呼びかけ人である大江健三郎さんは「原発が出す核廃棄物を孫の代まで残すことになる、それは人間が決してやってはいけない事で倫理の根本に関わるものだ。また、人は原発をうやむやに再開する動きに抵抗せねばならない。原発を止めることを決意して実行する、それが子ども達に見せられる希望の証しとなる」と訴えた。引き続き呼びかけ人である、澤地久枝さん、落合恵子さん、被災地福島からは永山信義さん(福島平和フォーラム)他の皆さんから発言や報告がありました。
 集会終了後、参加者は新宿中央公園までプラカードや旗を掲げ「さようなら原発、命が大事」「こどもたちを、大地を守ろう」とシュプレヒコールを上げデモ行進を行いました。

▲イベント会場から新宿中央公園までデモ行進する市職の皆さん






▲連帯のあいさつをする大江健三郎さん

 3月11日(日)東日本大震災から1年を迎えたこの日、全国各地で脱原発関連の集会や追悼行事が行われました。
「原発いらない!3・11福島県民大集会」には全国から16,000人(主催者発表)が福島県郡山市に集結しました。
 この集会は八王子市職反核平和委員会が企画、脱原発を求め有志21名の組合員と退職者会の方で参加、2月11日の東京集会に続き、貸切バスを利用し、午前7時に八王子駅前を出発、集会場である郡山市開成山野球場に向かいました。
 車中では、青木委員長による原発ミニ学習会や執行部が用意した東日本大震災の記録映像(NHKスペシャル)などを上映し学習しました。
 集会では、呼びかけ人で実行委員長の竹中柳一さんをはじめ、県民の酪農家、漁師の家族など被災者の皆さんから、それぞれの立場の現状や脱原発の思いを報告されました。
 最後に「人々や地域から未来を奪ってしまう放射能被害を、二度とこの国土に招いてはなりません。私たちは全ての心ある人々に呼びかけます…」と集会宣言がありました。また、参加者全員で2時46分の東日本大地震発生時に一分間の黙祷を捧げました。
 集会に参加した、安全衛生管理課・信太さんは、
「集会では普段の業務やテレビ、新聞などの報道では知り得ないような県民の生の訴えを聞くことができて、とても勉強になりました。原発の影響により、未だ不自由な生活を強いられている人が多く存在していることから、同じ過ちを繰り返さないために脱原発は絶対であると改めて感じました。今回自分の肌で感じたことを組合員一人ひとりに伝えていくとともに、これからの日々の業務に活かしたいと思います。」
 集会終了後、参加者は郡山市内をデモ行進、午後5時前に全日程を終了しました。

▲反核平和委員会ののぼりを持ってデモ行進する信太さん(中央)






 マグニチュード9という観測史上最大級の地震による被害と津波は、人類の英知を持っても防ぐことができなかった。自然の驚異を見せつけられ無力さにつぶされそうになった一年と言える。さらに福島第一原子力発電所の暴走は、人の手によって生み出された脅威が、いつ終わるとも知れず連続して襲ってくる。せめてこんなつらい悲しい思いは二度と繰り返さないためにも、止められる原発は暴走する前に止めておくべきだ。
 私たちは震災で犠牲になられたとうとう命を思い、人と人を大切にする街を、一つひとつ再生させていかなくてはならない。行政の役割は市民の生命と財産を守ることそのもの。被災地の気持ちは痛いほど伝わってくるが自分一人では何もできない。ただただ思うだけでは何も解決しない。そのためには頑張ってではなく、「一緒に変えよう」である。そして来年も再来年も、10年先も100年先も、今この現実を後世に伝えるとともに、未来を変えようではないか。今こそ行動の時。私たちにできることがある。



 さようなら原発1000万人アクション実行委員会は「脱原発を実現し、自然エネルギー中心の社会を求める全国署名」の最終締め切りを5月末日に延期、継続いたします。
 これは現在、署名数が目標に達していないこともあり、継続を希望する皆さまからのたくさんの声をいただいている事などから決定しました。

全国(2月17日現在)
4,193,872筆
市職・臨職組合・公共労・退職者会
4,420筆


引き続き、署名のご協力をよろしくお願いいたします。


(機関紙「はちおうじ」510号/2012.3.23)
▲top (上のメニューに戻ります)