3 5 7 02


 

 




(項目をクリックして下さい)
【2016年】
● 第28回三多摩反核平和の火リレー 核のない平和な世界の実現を! (2016年5月)
● 2016原発のない福島を!県民大集会 (2016年3月)
【2015年】
● 戦後70年に想う (2015年8月)
● 被爆・戦後70年 八王子平和・原爆資料館 (2015年8月)
● 被爆70周年 原水爆禁止世界大会 (2015年8月)
● 第27回三多摩反核平和の火リレー 核のない平和な世界の実現を! (2015年7月)
● 憲法改正無くして戦争のできる国へ戦争法案認めない (2015年5月)
● 戦後・被爆70年「見て・聞いて・知る戦争の時代」〜7・25「八王子平和の日」イベント〜 (2015年5月)
● 特集 戦後70年 私たちは今 (2015年5月)
【2014年】
● 核も戦争もない平和な21世紀に! (2014年8月)
● 三多摩集中行進に八王子市職から18名が参加 (2014年6月)
● 集団的自衛権行使容認は憲法9条に抵触する重大な誤り (2014年6月)
● 第26回三多摩反核平和の火リレー 核のない平和な世界の実現を! (2014年6月)
● 集団的自衛権の行使 解釈の変更だけで、戦争ができる (2014年5月)
● 東日本大震災から3年、鎮魂、そして復興への誓い (2014年3月)
● さようなら原発1000万人署名提出行動 (2014年1月)
【2013年】
● 被爆68周年 原水爆禁止世界大会 (2013年9月)
● 八王子平和の日イベント 追悼! 中沢啓治さんを偲んで (2013年7月)
● 6.2 つながろうフクシマ!さようなら原発集会 (2013年6月)
● 5・15沖縄平和行進 基地のない平和の実現を! (2013年6月)
● 第25回三多摩反核平和の火リレーに参加 (2013年6月)
● 八王子平和運動センター 「護憲運動の強化」に向けた取り組み その2 (2013年5月)
● 八王子平和運動センター 「護憲運動の強化」に向けた取り組み その1 (2013年3月)
● 東日本大震災から2年を迎えて 都本部脱原発行動委員会を結成 (2013年3月)
【2012年】
● 被爆67周年 原水爆禁止世界大会 核兵器のない平和で公正な世界のために (2012年9月)
● 八王子平和の日イベント 八王子平和・原爆資料館「被爆者から被曝者へ」交流集会 (2012年8月)
● 「さようなら原発・ストップ再稼動、三多摩集中行進」に参加! (2012年6月)
● 第24回三多摩反核平和の火のリレー (2012年6月)
● 3・11全国各地で脱・原発集会が開催 (2012年3月)
【2011年】
● さようなら原発1000万人アクション集会 明治公園に6万人が集結! (2011年10月)
● 原水爆禁止2011世界大会 核兵器のない平和で公正な世界を! (2011年9月)
● さようなら原発1000万人アクション (2011年9月)
● 5・15沖縄平和行進 (2011年6月)
【2010年】
● 原水爆禁止2010世界大会 核兵器のない平和で公正な世界を! (2010年10月)
● 八王子平和・原爆資料館開設13周年 7・25八王子平和の日・講演会 (2010年8月)
● 2010沖縄平和行進 普天間基地包囲行動 (2010年7月)
【2009年】
● 核兵器廃絶・恒久平和 原水禁世界大会に参加 (2009年11月)
● 第45回護憲大会(高松市)開催 (2009年3月)
【2008年】
● 核兵器廃絶・恒久平和 広島・長崎原水禁大会に参加 (2008年9月)
【2007年】
● 「原爆と平和」作文コンクール優秀作品 (2007年7月)
● 核兵器廃絶、軍縮の推進を (2007年7月)
【2006年】
● 写真で見る! 原水爆禁止世界大会 長崎大会に参加 (2006年8月)
● チェルノブイリ事故20年 東京平和運動スタディーツアーに参加 (2006年7月)
● 在日米軍基地の再編反対 ― 米軍再編に全面協力の小泉政府 ― (2006年3月)
【2005年】
● 核兵器廃絶、核も戦争も無い21世紀を (2005年7月)
● 思想・心情の自由、人権と命を守ることが公共サービスの本旨 (2005年3月)
【2004年】
● 被爆59周年 原水爆禁止世界大会開催 (2004年8月)
● 平和主義、国際協調に向けて (2004年3月)
● 有事関連法案の相互の関係 (2004年3月)
● 自衛隊のイラク派遣に抗議し即時中止を求める (2004年2月)
● 自衛隊はイラクへ行くな!自衛隊のイラク派兵中止を求める三多摩行動 (2004年2月)
● ワールドピースナウ、イラクへの自衛隊派遣反対集会に6,000人参加 (2004年2月)
● 声明「イラクへの自衛隊派遣反対」 (2004年1月)
【2003年】
● 自衛隊はイラクへ行くな!殺すな!殺されるな! (2003年12月)
● 核も戦争もない平和な21世紀に「労働組合こそ平和主義の先頭にたとう」 (2003年8月)
● 憲法施行56周年記念集会 (2003年5月)
● NO WAR イラク戦争反対 (2003年3月)
● イラク攻撃反対 (2003年3月)
● アメリカ・ブッシュ政権のイラク攻撃反対!!小泉政府の戦争加担反対!! (2003年2月)
● イージス艦「きりしま」のインド洋・アラビア海出航はなぜ、集団自衛権の行使なの? (2003年1月)
【2002年】
● 私たちは戦争加担者にならない (2002年12月)
● 有事法制関連三法案を廃案へ (2002年10月)
● 秋葉広島市長から八王子市職へお礼のメッセージ (2002年10月)
● 近くて遠い国の5日間 (2002年9月)
● 朝鮮民主主義人民共和国訪問 (2002年7月)
● 核兵器廃絶、基地撤去、沖縄平和行進に参加して (2002年6月)

八王子平和の日イベント


▲満員となった会場
 八王子平和・原爆資料館は1997年7月25日に市庁舎の南側ハマナカビルの二階にて開館しました。
 この7月25日を『八王子平和の日』と位置付け毎年平和イベントを開催してきました。16回目の今回は、昨年12月に亡くなった漫画家 中沢啓治さんを偲んで「はだしのゲンが伝えたいこと」DVDの上映と講演会を7月27日(土)にクリエイト・ホールにて行いました。


ゲンは資料館にあります

  1945年8月6日 朝中沢さんは国民学校一年生(6歳)でした。原爆投下の時 土塀の前に立っていて、後方からの直撃を奇跡的に免れました。しかし生家で父、姉、弟たちが建物の下敷きになり原爆の業火に生きながら焼かれるのを助けられず、身重の母と逃げたのでした。現在地で中沢さん本人が当時の状況を説明し、漫画「はだしのゲン」の描写で構成されたDVDでした。
 1973年週刊少年ジャンプに連載された「はだしのゲン」は、中沢さんが広島で体験した自伝です。作品を通して『踏まれても踏まれても、たくましい芽を出す麦になれ』と読者に伝えています。
 漫画「はだしのゲン」はすでに絶版で書店にはありませんが、資料館にありますのでまだ読んでいない人、もう一度読んでみたい人は訪ねてください。貴重なものなので貸出はできません。


被爆体験

 集いは昼・夜の二部構成として、第一部はDVD上映後に八王子市原爆被爆者の会・元会長 中西靖之さんから『原爆被爆を体験して』との語り部をお願いしました。
 中西さんは広島への入市被爆者です。中学三年生で、親元を離れ、瀬戸内海の巌島(現在 世界遺産)で弾薬運搬の作業に学徒動員されていました。広島が被爆し、自宅に向かう道すがら体験した地獄絵図と母親との病院での再会、弟の悲報そして8月19日朝 母との死別を手製の絵をつかってお話して下さいました。
 中西さんはまとめに『核兵器の廃絶』『脱原発』の願いを参加者に訴えられました。


中沢さんとの思い出

▲DVD「はだしのゲンが伝えたいこと」監督の石田優子さん
 第二部はDVDの上映後、この作品を監督した石田優子さんから撮影をしながら交流を深めた中沢啓治さんが、どんな想いで「はだしのゲン」を描いたのかを分りやすく報告してくれました。いつも『思い切りやってみろ!』と若い人たちを励ましていたこと。ある母親から『絵が残酷すぎる!もっとやさしく描いて…』と言われたとき『現実はもっと厳しい』『あなたの子はその絵に向き合っている。ほめてやって下さい。自分にはこんなにうれしいことはない』と答えたそうです。
 中沢さんが体調を崩し漫画を描けなくなっても、講演に積極的に出かけて行った。亡くなる前に学生たちに「第九条を守ってほしい」と繰り返し語っていた。「ゲンは元気のゲン!いつも歌をうたっていないといきていけない。勇気と生きる」がいつも集会の結びの言葉だっだそうです。
 いま世界の20か国で漫画「はだしのゲン」の翻訳版がボランティアたちの努力で制作され読まれています。中沢啓治さんの願いは全世界に拡がっています。


(機関紙「はちおうじ」523号/201.7.31)
▲top (上のメニューに戻ります)