7


 

 




(項目をクリックして下さい)
【2016年】
● 第28回三多摩反核平和の火リレー 核のない平和な世界の実現を! (2016年5月)
● 2016原発のない福島を!県民大集会 (2016年3月)
【2015年】
● 戦後70年に想う (2015年8月)
● 被爆・戦後70年 八王子平和・原爆資料館 (2015年8月)
● 被爆70周年 原水爆禁止世界大会 (2015年8月)
● 第27回三多摩反核平和の火リレー 核のない平和な世界の実現を! (2015年7月)
● 憲法改正無くして戦争のできる国へ戦争法案認めない (2015年5月)
● 戦後・被爆70年「見て・聞いて・知る戦争の時代」〜7・25「八王子平和の日」イベント〜 (2015年5月)
● 特集 戦後70年 私たちは今 (2015年5月)
【2014年】
● 核も戦争もない平和な21世紀に! (2014年8月)
● 三多摩集中行進に八王子市職から18名が参加 (2014年6月)
● 集団的自衛権行使容認は憲法9条に抵触する重大な誤り (2014年6月)
● 第26回三多摩反核平和の火リレー 核のない平和な世界の実現を! (2014年6月)
● 集団的自衛権の行使 解釈の変更だけで、戦争ができる (2014年5月)
● 東日本大震災から3年、鎮魂、そして復興への誓い (2014年3月)
● さようなら原発1000万人署名提出行動 (2014年1月)
【2013年】
● 被爆68周年 原水爆禁止世界大会 (2013年9月)
● 八王子平和の日イベント 追悼! 中沢啓治さんを偲んで (2013年7月)
● 6.2 つながろうフクシマ!さようなら原発集会 (2013年6月)
● 5・15沖縄平和行進 基地のない平和の実現を! (2013年6月)
● 第25回三多摩反核平和の火リレーに参加 (2013年6月)
● 八王子平和運動センター 「護憲運動の強化」に向けた取り組み その2 (2013年5月)
● 八王子平和運動センター 「護憲運動の強化」に向けた取り組み その1 (2013年3月)
● 東日本大震災から2年を迎えて 都本部脱原発行動委員会を結成 (2013年3月)
【2012年】
● 被爆67周年 原水爆禁止世界大会 核兵器のない平和で公正な世界のために (2012年9月)
● 八王子平和の日イベント 八王子平和・原爆資料館「被爆者から被曝者へ」交流集会 (2012年8月)
● 「さようなら原発・ストップ再稼動、三多摩集中行進」に参加! (2012年6月)
● 第24回三多摩反核平和の火のリレー (2012年6月)
● 3・11全国各地で脱・原発集会が開催 (2012年3月)
【2011年】
● さようなら原発1000万人アクション集会 明治公園に6万人が集結! (2011年10月)
● 原水爆禁止2011世界大会 核兵器のない平和で公正な世界を! (2011年9月)
● さようなら原発1000万人アクション (2011年9月)
● 5・15沖縄平和行進 (2011年6月)
【2010年】
● 原水爆禁止2010世界大会 核兵器のない平和で公正な世界を! (2010年10月)
● 八王子平和・原爆資料館開設13周年 7・25八王子平和の日・講演会 (2010年8月)
● 2010沖縄平和行進 普天間基地包囲行動 (2010年7月)
【2009年】
● 核兵器廃絶・恒久平和 原水禁世界大会に参加 (2009年11月)
● 第45回護憲大会(高松市)開催 (2009年3月)
【2008年】
● 核兵器廃絶・恒久平和 広島・長崎原水禁大会に参加 (2008年9月)
【2007年】
● 「原爆と平和」作文コンクール優秀作品 (2007年7月)
● 核兵器廃絶、軍縮の推進を (2007年7月)
【2006年】
● 写真で見る! 原水爆禁止世界大会 長崎大会に参加 (2006年8月)
● チェルノブイリ事故20年 東京平和運動スタディーツアーに参加 (2006年7月)
● 在日米軍基地の再編反対 ― 米軍再編に全面協力の小泉政府 ― (2006年3月)
【2005年】
● 核兵器廃絶、核も戦争も無い21世紀を (2005年7月)
● 思想・心情の自由、人権と命を守ることが公共サービスの本旨 (2005年3月)
【2004年】
● 被爆59周年 原水爆禁止世界大会開催 (2004年8月)
● 平和主義、国際協調に向けて (2004年3月)
● 有事関連法案の相互の関係 (2004年3月)
● 自衛隊のイラク派遣に抗議し即時中止を求める (2004年2月)
● 自衛隊はイラクへ行くな!自衛隊のイラク派兵中止を求める三多摩行動 (2004年2月)
● ワールドピースナウ、イラクへの自衛隊派遣反対集会に6,000人参加 (2004年2月)
● 声明「イラクへの自衛隊派遣反対」 (2004年1月)
【2003年】
● 自衛隊はイラクへ行くな!殺すな!殺されるな! (2003年12月)
● 核も戦争もない平和な21世紀に「労働組合こそ平和主義の先頭にたとう」 (2003年8月)
● 憲法施行56周年記念集会 (2003年5月)
● NO WAR イラク戦争反対 (2003年3月)
● イラク攻撃反対 (2003年3月)
● アメリカ・ブッシュ政権のイラク攻撃反対!!小泉政府の戦争加担反対!! (2003年2月)
● イージス艦「きりしま」のインド洋・アラビア海出航はなぜ、集団自衛権の行使なの? (2003年1月)
【2002年】
● 私たちは戦争加担者にならない (2002年12月)
● 有事法制関連三法案を廃案へ (2002年10月)
● 秋葉広島市長から八王子市職へお礼のメッセージ (2002年10月)
● 近くて遠い国の5日間 (2002年9月)
● 朝鮮民主主義人民共和国訪問 (2002年7月)
● 核兵器廃絶、基地撤去、沖縄平和行進に参加して (2002年6月)

核も戦争もない平和な21世紀に!


▲戦争をさせない全国署名6・12提出集会
 7月1日安倍内閣は、これまでの歴代内閣が否定してきた集団的自衛権の行使を解釈改憲で容認するという暴挙を行ってきました。戦後69年武器も軍隊も持たず、永遠に戦争を放棄することを世界に知らしめ尊重されてきた平和憲法を、一内閣が憲法を読み替えることだけで変えてしまうことは決して許せません。
 さらに、戦後レジウムからの脱却と称して道徳教育を見直し、子どもたちに愛国心を植え付け国に対し忠誠心を持つことを美化しようとしています。
 私たちの平和は多くの犠牲者の尊い命と引き換えに成り立ってきました。日本で唯一の戦闘地域となった沖縄では、「米軍基地の整理縮小・撤去」を願う沖縄の人々たちの心を踏み躙って、住宅と隣り合わせで世界一危険な普天間基地の代替えに戦後初めて辺野古の海に新しい米軍基地を建設しようとしています。そこでは反対する人々を権力を持って排除し強引なまでにも進めようとする国の暴挙が行われています。
 私たちはこの夏、二度と戦争しないさせないことを新たに誓いました。広島や長崎の原爆被爆で今もなお苦しむ方々の思いや犠牲を顧みることなく突き進もうとしている戦争のできる国づくりは絶対に許してはいけません。
 集団的自衛権行使を実行できるためには多くの法整備が必要です。今後の国会の動きを注視し法案が審議されないよう見守る必要があります。私たち自治労は、平和フォーラムに結集し市民のみなさんと地域から反対の声を上げて法案の成立を阻止していかなければなりません。


 広島大会(8/4〜6)
▲慰霊碑の石棺の正面には「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませんから」と刻まれている
 8月4日、5日、6日に広島大会が開催された。
 台風12号の接近に広島県内は42年ぶりの大雨に見舞われ、3日間の日程は雨カッパと傘が手放せなかった。
 2011年3月11日の福島第一原発の事故以来、原水禁大会は「原発廃止」に反対する核禁会議とは一緒にはなれないと、分裂して開催をしている。おかげでいままで遠慮していた「反原発」の意見がどの会場でも、聞くことができる。除染した土壌の処分地は未だ決まらず、包んでいた袋は劣化してやぶれだしている。冷却凍土で地下水を遮断することはできないことが明らかになった。そして溶けた核燃料は原子炉の底でメルト・ダウンしていると発表された。
 そんな「原発」を外国に輸出しようとしていることや九州電力川内原発1・2号機を年内にも再稼動させようとする安倍政権を激しく非難する意見が噴出していた。

◆杉山 耕太郎(八王子反核平和委員会)


 長崎大会(8/7〜9)
▲被爆地公園まで平和行進する参加者
 8月7日、長崎ブリックホールにて開会総会が行われた。「今日の平和は多くの屍の上にできたもの。平和を当たり前のことと思わず、核と人類は共存できないことを訴え続けなければいけない。」と主催者挨拶があった。福島の被災者からは「今も避難者が13万人いる。放射能漏れや汚染水問題など何も解決されていない。」等の訴えがあった。
 また、被爆者の体験、高校生国連平和大使、高校生1万人署名活動実行委員会から活動の報告や決意があり、最後に「原爆を許すまじ」を参加者全員で合唱した。8日は、八王子市職が開所以来35年間交流している被爆者特別養護老人ホーム「かめだけ」を訪問。最終日は、長崎県庁で慰霊碑をお参りし、黙とうをささげた。閉会総会終了後、被爆地公園まで平和行進し、原爆投下の11時02分に黙とうを捧げ全日程を終了した。

◆岩田みさを(市職副委員長)


▲戦争をさせない三多摩1000人委員会結成総会 団結ガンバロー!
 安倍政権による戦争への道を阻止するため、「戦争をさせない1000人委員会」が全国で結成されています。三多摩地域においても7月29日、「戦争をさせない三多摩1000人委員会」が結成され、立川市女性総合センターホールで結成総会が開催されました。結成の趣旨は「安保・防衛政策を中心にした安倍政権の戦争する国づくりを阻止し、平和憲法を具現化する社会をめざすため奮闘すること」とし、三多摩平和運動センターと東京地公労三多摩地協とが連携して、中央や、東京の1000人委員会の提起を踏まえ、全国の仲間と共に闘いを展開することとなります。総会は、三多摩平和運動センターの若林事務局長が結成趣旨と役員体制等を提案、全体の拍手で承認されました。その後、平和フォーラムの藤本泰成事務局長による講演も行われました。9月4日(木)には、「解釈で9条を壊すな!実行委員会」と共催で「9・4戦争をさせない・9条壊すな総がかり行動」集会が予定されています。
 組合では、全国の仲間と共に、積極的に平和運動に取り組んでいきます。


▲八王子平和運動センター座り込み行動
 8月6日(水)12時15分から三多摩平和運動センター「反核座り込み」行動が八王子駅北口で実施されました。
 この座り込み行動は「1979年12月に、フランス核実験抗議」として始められ、今回で425回目となります。この日は、八王子平和運動センターの構成組織の国労八王子・西東京バス労組・建設ユニオン・八王子市職など20名が参加しました。


(機関紙「はちおうじ」531号/2014.8.28)
▲top (上のメニューに戻ります)