7


 

 




(項目をクリックして下さい)
【2016年】
● 第28回三多摩反核平和の火リレー 核のない平和な世界の実現を! (2016年5月)
● 2016原発のない福島を!県民大集会 (2016年3月)
【2015年】
● 戦後70年に想う (2015年8月)
● 被爆・戦後70年 八王子平和・原爆資料館 (2015年8月)
● 被爆70周年 原水爆禁止世界大会 (2015年8月)
● 第27回三多摩反核平和の火リレー 核のない平和な世界の実現を! (2015年7月)
● 憲法改正無くして戦争のできる国へ戦争法案認めない (2015年5月)
● 戦後・被爆70年「見て・聞いて・知る戦争の時代」〜7・25「八王子平和の日」イベント〜 (2015年5月)
● 特集 戦後70年 私たちは今 (2015年5月)
【2014年】
● 核も戦争もない平和な21世紀に! (2014年8月)
● 三多摩集中行進に八王子市職から18名が参加 (2014年6月)
● 集団的自衛権行使容認は憲法9条に抵触する重大な誤り (2014年6月)
● 第26回三多摩反核平和の火リレー 核のない平和な世界の実現を! (2014年6月)
● 集団的自衛権の行使 解釈の変更だけで、戦争ができる (2014年5月)
● 東日本大震災から3年、鎮魂、そして復興への誓い (2014年3月)
● さようなら原発1000万人署名提出行動 (2014年1月)
【2013年】
● 被爆68周年 原水爆禁止世界大会 (2013年9月)
● 八王子平和の日イベント 追悼! 中沢啓治さんを偲んで (2013年7月)
● 6.2 つながろうフクシマ!さようなら原発集会 (2013年6月)
● 5・15沖縄平和行進 基地のない平和の実現を! (2013年6月)
● 第25回三多摩反核平和の火リレーに参加 (2013年6月)
● 八王子平和運動センター 「護憲運動の強化」に向けた取り組み その2 (2013年5月)
● 八王子平和運動センター 「護憲運動の強化」に向けた取り組み その1 (2013年3月)
● 東日本大震災から2年を迎えて 都本部脱原発行動委員会を結成 (2013年3月)
【2012年】
● 被爆67周年 原水爆禁止世界大会 核兵器のない平和で公正な世界のために (2012年9月)
● 八王子平和の日イベント 八王子平和・原爆資料館「被爆者から被曝者へ」交流集会 (2012年8月)
● 「さようなら原発・ストップ再稼動、三多摩集中行進」に参加! (2012年6月)
● 第24回三多摩反核平和の火のリレー (2012年6月)
● 3・11全国各地で脱・原発集会が開催 (2012年3月)
【2011年】
● さようなら原発1000万人アクション集会 明治公園に6万人が集結! (2011年10月)
● 原水爆禁止2011世界大会 核兵器のない平和で公正な世界を! (2011年9月)
● さようなら原発1000万人アクション (2011年9月)
● 5・15沖縄平和行進 (2011年6月)
【2010年】
● 原水爆禁止2010世界大会 核兵器のない平和で公正な世界を! (2010年10月)
● 八王子平和・原爆資料館開設13周年 7・25八王子平和の日・講演会 (2010年8月)
● 2010沖縄平和行進 普天間基地包囲行動 (2010年7月)
【2009年】
● 核兵器廃絶・恒久平和 原水禁世界大会に参加 (2009年11月)
● 第45回護憲大会(高松市)開催 (2009年3月)
【2008年】
● 核兵器廃絶・恒久平和 広島・長崎原水禁大会に参加 (2008年9月)
【2007年】
● 「原爆と平和」作文コンクール優秀作品 (2007年7月)
● 核兵器廃絶、軍縮の推進を (2007年7月)
【2006年】
● 写真で見る! 原水爆禁止世界大会 長崎大会に参加 (2006年8月)
● チェルノブイリ事故20年 東京平和運動スタディーツアーに参加 (2006年7月)
● 在日米軍基地の再編反対 ― 米軍再編に全面協力の小泉政府 ― (2006年3月)
【2005年】
● 核兵器廃絶、核も戦争も無い21世紀を (2005年7月)
● 思想・心情の自由、人権と命を守ることが公共サービスの本旨 (2005年3月)
【2004年】
● 被爆59周年 原水爆禁止世界大会開催 (2004年8月)
● 平和主義、国際協調に向けて (2004年3月)
● 有事関連法案の相互の関係 (2004年3月)
● 自衛隊のイラク派遣に抗議し即時中止を求める (2004年2月)
● 自衛隊はイラクへ行くな!自衛隊のイラク派兵中止を求める三多摩行動 (2004年2月)
● ワールドピースナウ、イラクへの自衛隊派遣反対集会に6,000人参加 (2004年2月)
● 声明「イラクへの自衛隊派遣反対」 (2004年1月)
【2003年】
● 自衛隊はイラクへ行くな!殺すな!殺されるな! (2003年12月)
● 核も戦争もない平和な21世紀に「労働組合こそ平和主義の先頭にたとう」 (2003年8月)
● 憲法施行56周年記念集会 (2003年5月)
● NO WAR イラク戦争反対 (2003年3月)
● イラク攻撃反対 (2003年3月)
● アメリカ・ブッシュ政権のイラク攻撃反対!!小泉政府の戦争加担反対!! (2003年2月)
● イージス艦「きりしま」のインド洋・アラビア海出航はなぜ、集団自衛権の行使なの? (2003年1月)
【2002年】
● 私たちは戦争加担者にならない (2002年12月)
● 有事法制関連三法案を廃案へ (2002年10月)
● 秋葉広島市長から八王子市職へお礼のメッセージ (2002年10月)
● 近くて遠い国の5日間 (2002年9月)
● 朝鮮民主主義人民共和国訪問 (2002年7月)
● 核兵器廃絶、基地撤去、沖縄平和行進に参加して (2002年6月)

特集 戦後70年 私たちは今


▲2014.7 戦争をさせない三多摩1000人委員会結成総会
 先の大戦から今年で70年の月日が経ちました。
 私たちの国は、明治以降「富国強兵」の掛け声のもとに朝鮮、台湾、中国、アジア各国などに永年に亘り侵略を重ね、計り知れない被害を与えてきた歴史を持っています。
 私たちは、この事実を真摯に直視し深い反省の心を持ち続けなければならないと考えます。
 このことは政府や政党が、世界に向けて表明すればよいことではなく、わたしたち国民の一人ひとりが心に刻み行動していくことが必要です。
 なぜそんなことをしたのか?どうしてそんなことになったのか?と‥‥
 八王子市内は8月2日に、米空軍185機の大空襲を受け2,000人以上の死傷者が出ました。市内の繁華街をはじめ郊外にまでその被害は及び被災者数は約70,000人以上と言われています。注意をすれば今でも八王子市内で戦争の加害と被害の戦跡を見ることができます。東京や国内の主要都市が爆撃され8月6日には広島、9日には長崎に世界ではじめて原子爆弾が投下されました。被爆による死傷者は両市で約13万人に達し被爆70年がたった今でも、原爆症に苦しみ被爆者認定を求める人々が訴訟を闘っています。
 すでに被爆者の平均年齢は、79.44歳になりました。先の大戦に従軍した兵士も少なくなり「被爆、戦争、空襲、加害、被害などの実相を知る」手がかりは、少なくなりました。いまこそ私たちには自らが意識的に「歴史に学び世界の人々と共生していく」姿勢が求められているのです。
 戦後70年 様々なイベントが計画されています。ぜひ参加してみてください。




▲2014.6 三多摩集中行進
 反核平和委員会は、戦争に反対し、平和を守るいろいろな企画や学習会、映画会、コンサートなどのイベントを展開してきました。しかし昨今政治は右傾化を強め、国民も選挙でこれを支持もしくは、投票を棄権して白紙委任を強めています。
 そして戦後70年の今年、アメリカの要求に追従し憲法を形骸化する法文解釈をもって、日本の軍隊が外国へ戦争に出かけることを閣議決定しました。「石油を守るため、企業を守るため、いまの生活を変えないように」自衛隊を攻撃軍に変え、世界に宣戦布告をして自分たちに都合の良い「世界平和」を確保しようとしています。戦争をしたい人々は「自衛のため」といつも言います。原発を輸出し、武器を生産・使用・輸出し企業は金を儲けようとしています。それは「賃金が上がれば、他国や自国の兵士や市民が死んでもいいのだ」ということです。混乱する世界の政治情勢を武力で制圧することを、日本は1946年憲法を公布して「やらない」と世界の人々に約束しました。この憲法を守る努力が求められています。未来の子どもたちに、とりかえしのつかない社会、世界を残してはなりません。
▲2014.8 原水爆禁止世界大会長崎大会
 再び日の丸の小旗を振って、わが子を戦場に送り出しますか?
 いつか子どもたちに「なぜ反対しなかったの?」と聞かれたとき、あなたはなんと答えますか? いつ反対するのですか?
 憲法を、平和を、暮らしを守るため様々な取り組みに、参加をしましょう。


(機関紙「はちおうじ」538号/2015.5.26)
▲top (上のメニューに戻ります)