(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● 春闘学習会 自分の職務を評価してみよう!! (2014年3月)
【2013年】
● 春闘学習会 八王子市における労働条件改善の取り組み (2013年3月)
【2012年】
● 第1回 担当者会議が開催 組織強化に向けて取り組む (2012年9月)
● 春闘学習会 非常勤職員の実態と組合組織化の必要性 (2012年3月)
【2011年】
● 第18回 八王子市臨時・非常勤職員組合定期大会開催 (2011年7月)
【2010年】
● 第17回 八王子市臨時・非常勤職員組合定期大会開催 (2010年7月)
【2009年】
● 「非正規公務員の労働白書」の作成を ― 八王子市臨職組合 (2009年8月)
● 低賃金、使い捨ては許さない 臨時職員、嘱託職員の処遇改善 (2009年6月)
● 第16回 八王子市臨時・非常勤職員組合定期大会開催 (2009年6月)
【2008年】
● 第15回 八王子市臨時・非常勤職員組合定期大会 (2008年7月)
【2007年】
● 第14回 臨職組合定期大会を6月13日に開催 (2007年7月)
● 臨時・非常勤(嘱託)職員の処遇改善 5/24団体交渉で改めて申し入れ (2007年5月)
【2006年】
● 賃金、雇用継続、福利厚生に大きな較差 (2006年12月)
● 第13回定期大会 賃金改善、雇用継続、休暇制度確立 (2006年7月)
● 全ての臨時職員、嘱託職員のアンケート調査実施 (2006年7月)
●「正規」公務員に連動する臨時職員、嘱託職員の労働条件の整備を (2006年2月)
【2005年】
● 臨時職員、常勤的嘱託員の社会的身分向上を (2005年12月)
● 臨職組合からのお知らせ (2005年11月)
● 公共サービスを担う臨時職員、嘱託職員の雇用継続、処遇改善を (2005年10月)
● 雇用継続、公正労働・均等待遇に向け取り組もう (2005年7月)
【2004年】
● 雇用確保、賃金・労働条件の公正労働基準確立を (2004年12月)
● 第12回臨職組合総会 (2004年5月)
● 私たちの声を聞いてください! (2004年3月)
● 自治労八王子市臨時・非常勤職員組合 (2004年2月)
【2003年】
● 第10回臨職組合総会 (2003年8月)
● 臨時・非常勤職員の雇用継続と均等待遇を (2003年2月)
● 2003春闘(2003年1月)
【2002年】
● 公共サービスに従事する臨時職員、非常勤(嘱託)職員委託先労働者の公正労働基準確保に
   向け取り組もう (2002年10月)
● 臨職組合第9回定期大会開催 (2002年6月)
● 臨時職員の時間単価を守ろう (2002年3月)
【2001年】
● 臨職組合第8回定期大会開催 (2001年5月)

第10回臨職組合総会 (2003年8月)


 6月25日本庁食堂で、第10回自治労八王子市臨時・非常勤職員組合(略称=臨職組合)の総会が開催されました。総会では、新委員長に加藤雄正さん(高嶺小学校=学校管理)、副委員長に百崎道子さん(北野保育園=臨時職員)を選出し、各職種、各職域から役員を選出する方針が確認されました。

 

 臨職組合は、八王子市(教育委員会も含む)に雇用されている臨時職員、嘱託職員、再任用職員などで構成されています。現在組合員は約300人。自治労登録もしています。
 ところで、ここ数年の経済不況やマイナス人勧の影響を受け、臨職組合も月額報酬や時間単価の引き下げ提案を毎年受けています。しかし、八王子市職と連携しながら、最小限の削減または現状維持の水準を保っています。

 

雇用継続と公正労働基準の確立が課題

 

 現在、臨職組合の最大の課題は「雇用継続と公正労働基準の確立」です。
 臨時職員の雇い止め(二ヶ月から六ヶ月の有期雇用契約)、嘱託職員の単年度契約打ち切り問題は、常に雇用不安の原因となります。
 また同一労働であっても労働時間単価や、休憩、休息、休暇制度、労働安全衛生、福利厚生面など、正規職員との間には大きな格差があります。さらにこうした矛盾に泣き寝入りせざるを得ないような場合もあります。
 こうした課題と問題があるからこそ、労働組合=臨職組合の役割が強く求められています。臨時・非常勤職員も公務員であり、公共サービスに従事する労働者としての地位と権利の確立に向け取り組んでいかなければなりません。

(機関紙「はちおうじ」413号/2003.8.8)
▲top (上のメニューに戻ります)