(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● 春闘学習会 自分の職務を評価してみよう!! (2014年3月)
【2013年】
● 春闘学習会 八王子市における労働条件改善の取り組み (2013年3月)
【2012年】
● 第1回 担当者会議が開催 組織強化に向けて取り組む (2012年9月)
● 春闘学習会 非常勤職員の実態と組合組織化の必要性 (2012年3月)
【2011年】
● 第18回 八王子市臨時・非常勤職員組合定期大会開催 (2011年7月)
【2010年】
● 第17回 八王子市臨時・非常勤職員組合定期大会開催 (2010年7月)
【2009年】
● 「非正規公務員の労働白書」の作成を ― 八王子市臨職組合 (2009年8月)
● 低賃金、使い捨ては許さない 臨時職員、嘱託職員の処遇改善 (2009年6月)
● 第16回 八王子市臨時・非常勤職員組合定期大会開催 (2009年6月)
【2008年】
● 第15回 八王子市臨時・非常勤職員組合定期大会 (2008年7月)
【2007年】
● 第14回 臨職組合定期大会を6月13日に開催 (2007年7月)
● 臨時・非常勤(嘱託)職員の処遇改善 5/24団体交渉で改めて申し入れ (2007年5月)
【2006年】
● 賃金、雇用継続、福利厚生に大きな較差 (2006年12月)
● 第13回定期大会 賃金改善、雇用継続、休暇制度確立 (2006年7月)
● 全ての臨時職員、嘱託職員のアンケート調査実施 (2006年7月)
●「正規」公務員に連動する臨時職員、嘱託職員の労働条件の整備を (2006年2月)
【2005年】
● 臨時職員、常勤的嘱託員の社会的身分向上を (2005年12月)
● 臨職組合からのお知らせ (2005年11月)
● 公共サービスを担う臨時職員、嘱託職員の雇用継続、処遇改善を (2005年10月)
● 雇用継続、公正労働・均等待遇に向け取り組もう (2005年7月)
【2004年】
● 雇用確保、賃金・労働条件の公正労働基準確立を (2004年12月)
● 第12回臨職組合総会 (2004年5月)
● 私たちの声を聞いてください! (2004年3月)
● 自治労八王子市臨時・非常勤職員組合 (2004年2月)
【2003年】
● 第10回臨職組合総会 (2003年8月)
● 臨時・非常勤職員の雇用継続と均等待遇を (2003年2月)
● 2003春闘(2003年1月)
【2002年】
● 公共サービスに従事する臨時職員、非常勤(嘱託)職員委託先労働者の公正労働基準確保に
   向け取り組もう (2002年10月)
● 臨職組合第9回定期大会開催 (2002年6月)
● 臨時職員の時間単価を守ろう (2002年3月)
【2001年】
● 臨職組合第8回定期大会開催 (2001年5月)

自治労八王子市臨時・非常勤職員組合(2004年2月)


 政府の調査機関である地方公務員制度調査研究会は、昨年一二月短時間公務員制度に向けた「分権新時代の地方公務員制度―任用・勤務形態の多様化―」と題する報告書をまとめました。この研究会には、自治労の代表も参加し、臨時・非常勤職員の雇用と労働条件確立、公正労働に向けた取り組みを進めています。

 自治労八王子市臨時・非常勤職員組合(略称=臨職組合、加藤執行委員長)は、週労働時間の上限が40時間の有期雇用契約の臨時職員、一般嘱託、再雇用嘱託など非常勤特別職員、一般職の再任用職員で構成されています。
 このうち臨時職員は、学校給食、保育園、本庁各職場で採用されています。また嘱託職員は図書館や医療関係の専門職、税など料金徴収事務などに雇用されています。再任用職員は、現在週32時間労働を上限としていることもあり臨職組合に組織化されています。

 

 こうした臨時非常勤職員の配置(雇用)は、労使間で事前協議し、(1)多用な自治体サービスを提供する際の短い時間・短い期間の業務。(2)一時的な業務量の増大や育児休業、介護休暇、突発的な欠員対策など一過性であっても人的補充が必要な場合。(3)専門特化された一部の業務…などに雇用されています。

 臨時職員の場合、2ヶ月から6ヶ月の期間で雇い止め(いったん雇用停止)となり、継続する場合は数日後再契約し新たな雇用が開始します。嘱託職員、再任用職員は一年契約で、さらに年単位で契約更新をすることになっています。
 しかし、契約更新が使用者側に義務づけられている訳でもなく、臨時非常勤職員は常に雇用不安に脅かされています。
 また時間単価や月額報酬の維持・改善、休暇制度や労働時間の整備など不十分です。
 今年の春闘を通じて、雇用の根拠や就労規則の整備など取り組まなければなりません。


(機関紙「はちおうじ」421号/2004.2.16)
▲top (上のメニューに戻ります)