8 5 3


 

 


(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● 春闘学習会 自分の職務を評価してみよう!! (2014年3月)
【2013年】
● 春闘学習会 八王子市における労働条件改善の取り組み (2013年3月)
【2012年】
● 第1回 担当者会議が開催 組織強化に向けて取り組む (2012年9月)
● 春闘学習会 非常勤職員の実態と組合組織化の必要性 (2012年3月)
【2011年】
● 第18回 八王子市臨時・非常勤職員組合定期大会開催 (2011年7月)
【2010年】
● 第17回 八王子市臨時・非常勤職員組合定期大会開催 (2010年7月)
【2009年】
● 「非正規公務員の労働白書」の作成を ― 八王子市臨職組合 (2009年8月)
● 低賃金、使い捨ては許さない 臨時職員、嘱託職員の処遇改善 (2009年6月)
● 第16回 八王子市臨時・非常勤職員組合定期大会開催 (2009年6月)
【2008年】
● 第15回 八王子市臨時・非常勤職員組合定期大会 (2008年7月)
【2007年】
● 第14回 臨職組合定期大会を6月13日に開催 (2007年7月)
● 臨時・非常勤(嘱託)職員の処遇改善 5/24団体交渉で改めて申し入れ (2007年5月)
【2006年】
● 賃金、雇用継続、福利厚生に大きな較差 (2006年12月)
● 第13回定期大会 賃金改善、雇用継続、休暇制度確立 (2006年7月)
● 全ての臨時職員、嘱託職員のアンケート調査実施 (2006年7月)
●「正規」公務員に連動する臨時職員、嘱託職員の労働条件の整備を (2006年2月)
【2005年】
● 臨時職員、常勤的嘱託員の社会的身分向上を (2005年12月)
● 臨職組合からのお知らせ (2005年11月)
● 公共サービスを担う臨時職員、嘱託職員の雇用継続、処遇改善を (2005年10月)
● 雇用継続、公正労働・均等待遇に向け取り組もう (2005年7月)
【2004年】
● 雇用確保、賃金・労働条件の公正労働基準確立を (2004年12月)
● 第12回臨職組合総会 (2004年5月)
● 私たちの声を聞いてください! (2004年3月)
● 自治労八王子市臨時・非常勤職員組合 (2004年2月)
【2003年】
● 第10回臨職組合総会 (2003年8月)
● 臨時・非常勤職員の雇用継続と均等待遇を (2003年2月)
● 2003春闘(2003年1月)
【2002年】
● 公共サービスに従事する臨時職員、非常勤(嘱託)職員委託先労働者の公正労働基準確保に
   向け取り組もう (2002年10月)
● 臨職組合第9回定期大会開催 (2002年6月)
● 臨時職員の時間単価を守ろう (2002年3月)
【2001年】
● 臨職組合第8回定期大会開催 (2001年5月)

全ての臨時職員、嘱託職員のアンケート調査実施

 臨時職員・嘱託職員の賃金労働条件は、正規職員にならって時間単価、報酬額の引き下げ等の動きが強まっています。臨時・非常勤職員の役割が正当に評価されず休暇制度も含めた労働条件全体の均等待遇が確保されないまま、正規職員の賃金引下げだけ準用される措置は認められません。
 そこで臨職組合(木口委員長)では、すべての臨時・非常勤職員の労働実体についてアンケート調査を実施し、改善を求めていくこととします。

 アンケート調査は、八王子市(教育委員会も含む)に勤務する全ての臨時職員・嘱託職員を対象としています。勤務時間や勤務日数の多少にかかわらず調査を実施します。
 臨時・非常勤職員は、総務省の調査で全国に約35万人雇用されています。八王子市にも700人以上の職員が勤務しています。
 こうした職員は学校、保育園、図書館、保健センターなど教育関係、福祉関係を中心に、本庁、清掃など常勤職員と一体となり市民サービスを担っています。

◎均等待遇確保に向け当事者の声を
 しかし雇用や賃金・労働条件は不安定であり、賃金も常勤・正規職員との格差が大きくあります。また、休暇制度も未整備で、生理休暇、病気休暇も無給休暇となっています。
 アンケートは既に600通以上回収されていますが「仕事と賃金・報酬が見合っていない」「休暇制度の改善」「雇い止めによる解雇が不安」と言った声が強くあらわれています。
 臨時・非常勤職員自身の声を土台に、雇用、労働条件の改善に向け組合に加入したたかいましょう。

おもなアンケート内容
職歴と雇用期間
職務内容と勤務日数、勤務時間
最近3ヶ月の平均月額賃金
昨年の年収
休暇制度(大半が無給)の利用状況
収入の使途
職場内の正規職員との関係
臨職組合への要望、 他


(機関紙「はちおうじ」453号/2006.7.10)
▲top (上のメニューに戻ります)