6 7 8 6


 

 


(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● 春闘学習会 自分の職務を評価してみよう!! (2014年3月)
【2013年】
● 春闘学習会 八王子市における労働条件改善の取り組み (2013年3月)
【2012年】
● 第1回 担当者会議が開催 組織強化に向けて取り組む (2012年9月)
● 春闘学習会 非常勤職員の実態と組合組織化の必要性 (2012年3月)
【2011年】
● 第18回 八王子市臨時・非常勤職員組合定期大会開催 (2011年7月)
【2010年】
● 第17回 八王子市臨時・非常勤職員組合定期大会開催 (2010年7月)
【2009年】
● 「非正規公務員の労働白書」の作成を ― 八王子市臨職組合 (2009年8月)
● 低賃金、使い捨ては許さない 臨時職員、嘱託職員の処遇改善 (2009年6月)
● 第16回 八王子市臨時・非常勤職員組合定期大会開催 (2009年6月)
【2008年】
● 第15回 八王子市臨時・非常勤職員組合定期大会 (2008年7月)
【2007年】
● 第14回 臨職組合定期大会を6月13日に開催 (2007年7月)
● 臨時・非常勤(嘱託)職員の処遇改善 5/24団体交渉で改めて申し入れ (2007年5月)
【2006年】
● 賃金、雇用継続、福利厚生に大きな較差 (2006年12月)
● 第13回定期大会 賃金改善、雇用継続、休暇制度確立 (2006年7月)
● 全ての臨時職員、嘱託職員のアンケート調査実施 (2006年7月)
●「正規」公務員に連動する臨時職員、嘱託職員の労働条件の整備を (2006年2月)
【2005年】
● 臨時職員、常勤的嘱託員の社会的身分向上を (2005年12月)
● 臨職組合からのお知らせ (2005年11月)
● 公共サービスを担う臨時職員、嘱託職員の雇用継続、処遇改善を (2005年10月)
● 雇用継続、公正労働・均等待遇に向け取り組もう (2005年7月)
【2004年】
● 雇用確保、賃金・労働条件の公正労働基準確立を (2004年12月)
● 第12回臨職組合総会 (2004年5月)
● 私たちの声を聞いてください! (2004年3月)
● 自治労八王子市臨時・非常勤職員組合 (2004年2月)
【2003年】
● 第10回臨職組合総会 (2003年8月)
● 臨時・非常勤職員の雇用継続と均等待遇を (2003年2月)
● 2003春闘(2003年1月)
【2002年】
● 公共サービスに従事する臨時職員、非常勤(嘱託)職員委託先労働者の公正労働基準確保に
   向け取り組もう (2002年10月)
● 臨職組合第9回定期大会開催 (2002年6月)
● 臨時職員の時間単価を守ろう (2002年3月)
【2001年】
● 臨職組合第8回定期大会開催 (2001年5月)

低賃金、使い捨ては許さない 臨時職員、嘱託職員の処遇改善


 八王子市職(藤岡委員長)、臨職組合(小林委員長)は昨年1月から公共労とともに格差是正闘争本部を設置し、臨時職員、嘱託職員の賃金・労働条件の改善を求めてきました。
 一方、賃金任用制度労使検討会では、臨時職員や嘱託職員を雇用する基本的な考え方とそれを根拠とした賃金水準、雇用形態を検討しています。


 現在、八王子市は常時1000人を超える臨時職員、嘱託職員を雇用しています。八王子市職員の四人に一人は臨時職員、嘱託職員ということになります。
 職場も保育園、図書館、学校給食、その他医療、福祉職場、一般事務などほぼ全職域にわたっています。


組合側の基本的な考え方は「同一労働同一賃金」の実現
 これらの職場は、「正規職員」の人員抑制や削減が続いたため、従来は「正規職員」が担って来た業務を肩代わりしている場合が大半です。
 たしかに、これまで「正規職員」が担ってきた業務の中で、比較的単純あるいは反復的な業務や一定の専門分野などに業務を分解し、臨時職員・嘱託職員の業務として位置付けることは可能です。またそうすることで、フルタイムでは働けない労働者のために短い時間の雇用を生み出すことも可能です。
 しかしその際は、従来担っていた「正規職員」の労働単価を基本に、「同一労働同一賃金」の原則が適用されるべきです。これまで組合側が主張してきた臨時職員・嘱託職員の処遇改善の目標はここにあります。


切実な雇用継続問題
 一方臨時職員、嘱託職員の根本的な問題は、最長1年の有期雇用である点です。有期雇用とは、言うならば使い捨て雇用であり、労働者の権利が最も損なわれる雇用形態です。
 しかし有期雇用の臨時職員であっても、実態は継続的な業務に従事している場合が大半です。これは嘱託職員も同様です。
 公務員制度が実際の自治体業務にそぐわない問題もありますが、自治体は継続的な業務であっても有期雇用(使い捨て)労働者を繰り返し雇用する、いわば脱法的雇用を続けているのが現実です。
 そして使い捨て労働は継続雇用による熟練性を求めません。同時に、人材育成も否定し、結果として低賃金に押さえ込みます。
 そこで組合側は臨時職員、嘱託職員の継続雇用を強く求めるとともに、短時間公務員制度の導入など、現行公務員制度の抜本的な見直しを求めます。




(機関紙「はちおうじ」476号/2008.7.17)
▲top (上のメニューに戻ります)