9 6 7 8 3 6
 


 

 


(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● 春闘学習会 自分の職務を評価してみよう!! (2014年3月)
【2013年】
● 春闘学習会 八王子市における労働条件改善の取り組み (2013年3月)
【2012年】
● 第1回 担当者会議が開催 組織強化に向けて取り組む (2012年9月)
● 春闘学習会 非常勤職員の実態と組合組織化の必要性 (2012年3月)
【2011年】
● 第18回 八王子市臨時・非常勤職員組合定期大会開催 (2011年7月)
【2010年】
● 第17回 八王子市臨時・非常勤職員組合定期大会開催 (2010年7月)
【2009年】
● 「非正規公務員の労働白書」の作成を ― 八王子市臨職組合 (2009年8月)
● 低賃金、使い捨ては許さない 臨時職員、嘱託職員の処遇改善 (2009年6月)
● 第16回 八王子市臨時・非常勤職員組合定期大会開催 (2009年6月)
【2008年】
● 第15回 八王子市臨時・非常勤職員組合定期大会 (2008年7月)
【2007年】
● 第14回 臨職組合定期大会を6月13日に開催 (2007年7月)
● 臨時・非常勤(嘱託)職員の処遇改善 5/24団体交渉で改めて申し入れ (2007年5月)
【2006年】
● 賃金、雇用継続、福利厚生に大きな較差 (2006年12月)
● 第13回定期大会 賃金改善、雇用継続、休暇制度確立 (2006年7月)
● 全ての臨時職員、嘱託職員のアンケート調査実施 (2006年7月)
●「正規」公務員に連動する臨時職員、嘱託職員の労働条件の整備を (2006年2月)
【2005年】
● 臨時職員、常勤的嘱託員の社会的身分向上を (2005年12月)
● 臨職組合からのお知らせ (2005年11月)
● 公共サービスを担う臨時職員、嘱託職員の雇用継続、処遇改善を (2005年10月)
● 雇用継続、公正労働・均等待遇に向け取り組もう (2005年7月)
【2004年】
● 雇用確保、賃金・労働条件の公正労働基準確立を (2004年12月)
● 第12回臨職組合総会 (2004年5月)
● 私たちの声を聞いてください! (2004年3月)
● 自治労八王子市臨時・非常勤職員組合 (2004年2月)
【2003年】
● 第10回臨職組合総会 (2003年8月)
● 臨時・非常勤職員の雇用継続と均等待遇を (2003年2月)
● 2003春闘(2003年1月)
【2002年】
● 公共サービスに従事する臨時職員、非常勤(嘱託)職員委託先労働者の公正労働基準確保に
   向け取り組もう (2002年10月)
● 臨職組合第9回定期大会開催 (2002年6月)
● 臨時職員の時間単価を守ろう (2002年3月)
【2001年】
● 臨職組合第8回定期大会開催 (2001年5月)

第18回臨職・非常勤職員組合定期大会開催!

▲大会で挨拶する臨職組合・小林委員長
 6月29日(水)マロウド・イン八王子で第18回自治労八王子市臨時・非常勤職員組合定期大会が開催されました。
 大会には八王子市職から青木委員長、担当執行委員、都本部から岩田組織局次長(八王子市職書記次長兼任)、高端書記、八王子公共労・小泉委員長など多くの来賓、出席がありました。
 冒頭、臨職組合・小林執行委員長は、「私たち自治体非常勤職員を取り巻く環境は、ますます厳しいものと予想されます。安心して働き続けられるよう、これまで以上に私たち自身が雇用の安定・処遇改善に声をあげていかなければなりません。臨時・非常勤職員の多くの声を組合に集結し改善に向けて取り組もう」と決意をのべました。
 また、都本部・岩田組織局次長から「臨職・非常勤職員の処遇改善、雇用安定に向けた法改正を求める署名」が目標数である105,000筆に達成した報告がありました。
 引き続き、2011年度運動方針案・会計予算案・新役員、職場代表、特別執行委員の選任など、すべての案件が満場一致で承認されました
 総会終了後、同会場で懇親会が開かれ、組合員をはじめ多くの方が参加、盛り上がり、閉会しました。

▲挨拶する岩田組織局次長


(機関紙「はちおうじ」503号/2011.7.8)
▲top (上のメニューに戻ります)