9 6 7 8 3 6
 


 

 


(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● 春闘学習会 自分の職務を評価してみよう!! (2014年3月)
【2013年】
● 春闘学習会 八王子市における労働条件改善の取り組み (2013年3月)
【2012年】
● 第1回 担当者会議が開催 組織強化に向けて取り組む (2012年9月)
● 春闘学習会 非常勤職員の実態と組合組織化の必要性 (2012年3月)
【2011年】
● 第18回 八王子市臨時・非常勤職員組合定期大会開催 (2011年7月)
【2010年】
● 第17回 八王子市臨時・非常勤職員組合定期大会開催 (2010年7月)
【2009年】
● 「非正規公務員の労働白書」の作成を ― 八王子市臨職組合 (2009年8月)
● 低賃金、使い捨ては許さない 臨時職員、嘱託職員の処遇改善 (2009年6月)
● 第16回 八王子市臨時・非常勤職員組合定期大会開催 (2009年6月)
【2008年】
● 第15回 八王子市臨時・非常勤職員組合定期大会 (2008年7月)
【2007年】
● 第14回 臨職組合定期大会を6月13日に開催 (2007年7月)
● 臨時・非常勤(嘱託)職員の処遇改善 5/24団体交渉で改めて申し入れ (2007年5月)
【2006年】
● 賃金、雇用継続、福利厚生に大きな較差 (2006年12月)
● 第13回定期大会 賃金改善、雇用継続、休暇制度確立 (2006年7月)
● 全ての臨時職員、嘱託職員のアンケート調査実施 (2006年7月)
●「正規」公務員に連動する臨時職員、嘱託職員の労働条件の整備を (2006年2月)
【2005年】
● 臨時職員、常勤的嘱託員の社会的身分向上を (2005年12月)
● 臨職組合からのお知らせ (2005年11月)
● 公共サービスを担う臨時職員、嘱託職員の雇用継続、処遇改善を (2005年10月)
● 雇用継続、公正労働・均等待遇に向け取り組もう (2005年7月)
【2004年】
● 雇用確保、賃金・労働条件の公正労働基準確立を (2004年12月)
● 第12回臨職組合総会 (2004年5月)
● 私たちの声を聞いてください! (2004年3月)
● 自治労八王子市臨時・非常勤職員組合 (2004年2月)
【2003年】
● 第10回臨職組合総会 (2003年8月)
● 臨時・非常勤職員の雇用継続と均等待遇を (2003年2月)
● 2003春闘(2003年1月)
【2002年】
● 公共サービスに従事する臨時職員、非常勤(嘱託)職員委託先労働者の公正労働基準確保に
   向け取り組もう (2002年10月)
● 臨職組合第9回定期大会開催 (2002年6月)
● 臨時職員の時間単価を守ろう (2002年3月)
【2001年】
● 臨職組合第8回定期大会開催 (2001年5月)

第1回 担当者会議が開催 組織強化に向けて取り組む


▲八王子臨職組合学習会
 6月30日(土)臨時・非常勤自治体単組担当者会議第1回会議が開催され、八王子市職から岩田書記次長、臨職組合から門倉書記長が参加しました。
 会議では、都本部の名児耶労働局長がこの会議の設置目的が「臨時・非常勤職員の組織強化と既存単独単組の組織強化のため、情報交換・連絡・組織化に向けての取り組みの強化にある」と提起し、(1)今後の運営、(2)単組担当者の登録状況について報告がありました。
 参加者からは「設置の目的がわかりづらい、具体的な課題で取り組むべきだ。また、もっと基礎調査を行い、これに基づく課題設定があって運動組織を作るべきではないか」など参加者から意見が出されました。
 これに対し「設置の目的は都本部単代での確認のとおり。都本部としては、この先進的な単組の取り組みを全体に広げ、底上げを図っていきたい。また、この担当者会議を通して、実践例を全体に広げるためにご協力をお願いしたい」と答弁しました。
 最後に、臨時・非常勤協議会の野角議長は「まだまだ、この非常勤問題での理解が全単組にいきわたっていないと痛感している。この会議は協議会としても強く望んだ結果だ。ぜひとも組織づくりにご協力を願いたい」と訴えました。
 これまで、八王子市でも臨時・非常勤職員組合が市職とともに交渉や協議を行っています。7月に総会を行い、代表者会議で各職場の新代表者が活発な意見交換を行っています。10月には、図書館職場の学習会も開催されます。
 今後、臨時・非常勤職員が多く働いている職場を中心に、組織拡大や強化に向けての取り組みを進めていく予定です。臨時・非常勤職員の皆さん自らが声を出すこと、また同じで働いている市職組合員も自分のこととして一緒に取り組みをしていくことが不可欠です。
 尚、次回の担当者会議は9月29日(土)に開催されます。引き続き臨職・非常勤問題は喫緊の課題であります。



(機関紙「はちおうじ」515号/2012.9.26)
▲top (上のメニューに戻ります)