(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● 春闘学習会 魅力あるワークスタイル 〜民間会社の賃金・人事制度について〜(2014年3月)
【2013年】
● 春闘学習会 だからこそ組合〜労働組合のABC・労働組合の必要性〜(2013年3月)
【2012年】
● 春闘学習会 「公共労20年のあゆみ」「八王子でも公契約条例の制度を!」(2012年3月)
【2011年】
● 「新地町職労組合員と子どもたち─東京サマーランドと三鷹の森ジブリ美術館で思いっきり遊ぼう!」に7単組36名が参加 (2011年10月)
【2010年】
● 9/9(木)アフターサマーパーティー開催 (2010年10月)
【2009年】
● 第19回八王子市公共労定期大会開催 (2009年12月)
● 八王子市公共労の取り組み (2009年8月)
【2008年】
● 第18回八王子市公共労定期大会開催 (2008年12月)
【2006年】
● 第16回八王子市公共労定期大会開催 (2006年12月)
【2005年】
● 八王子市公共労の取り組み (2005年11月)
● 公共労、春闘を契機に、雇用継続、賃金・労働条件整備に向け取り組もう (2005年7月)
【2004年】
● 公共労としての春闘 (2004年2月)
【2003年】
● 公正労働基準の確立と入札・委託契約制度の改革を (2003年2月)
【2002年】
● 自治労八王子市公共サービス職員労働組合(公共労)第12回総会開催 (2002年12月)
【2001年】
● 第11回自治労八王子市関連労定期大会 (2001年12月)
● 自治労八王子市関連職員労働組合(関連労)第10回定期大会 (2001年1月)

第11回自治労八王子市関連労定期大会 

 12月12日、八王子市関連職員労働組合(略称=関連労)の第11回定期大会が開催されました。
 関連労は、公社等市の外郭団体をはじめとし、公共事業に携わる民間労働者の為の労働組合です。
 とくに来年四月に向けて、(1)コミュニティ振興会、文化振興財団、学園都市センターの組織統合に向けた交渉。(2)財政危機の中でこれまでの委託事業費の縮小による、委託事業量の減少、対策。…などが大きな課題です。
 また大会では、下記の新役員体制を選出するとともに、組合の名称も「関連労」から「公共サービスユニオン」等に変更する考え方も今後の課題として提案されました。これは、関連労が今以上に自立した組織とし、また公共サービスに従事する幅広い労働者の為の組織として充実させることが求められているからです。
 八王子市職もこの考え方はまったく同意見です。なぜならば、公共事業は市の職員だけで担われている訳ではないからです。そして根本的には、役割や身分の違いがあっても、「同じ条件の、同じ業務に賃金や安全衛生など労働条件に格差を生じさせない」ことを目標に、労働組合が連携を取るべきだと考えています。
 引き続き関連労とともに、厳しい経済情勢の中でも働くものの生活と権利を守るため取り組む方針です。

(機関紙「はちおうじ」391号/2000.12.21)
▲top (上のメニューに戻ります)