(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● 春闘学習会 魅力あるワークスタイル 〜民間会社の賃金・人事制度について〜(2014年3月)
【2013年】
● 春闘学習会 だからこそ組合〜労働組合のABC・労働組合の必要性〜(2013年3月)
【2012年】
● 春闘学習会 「公共労20年のあゆみ」「八王子でも公契約条例の制度を!」(2012年3月)
【2011年】
● 「新地町職労組合員と子どもたち─東京サマーランドと三鷹の森ジブリ美術館で思いっきり遊ぼう!」に7単組36名が参加 (2011年10月)
【2010年】
● 9/9(木)アフターサマーパーティー開催 (2010年10月)
【2009年】
● 第19回八王子市公共労定期大会開催 (2009年12月)
● 八王子市公共労の取り組み (2009年8月)
【2008年】
● 第18回八王子市公共労定期大会開催 (2008年12月)
【2006年】
● 第16回八王子市公共労定期大会開催 (2006年12月)
【2005年】
● 八王子市公共労の取り組み (2005年11月)
● 公共労、春闘を契機に、雇用継続、賃金・労働条件整備に向け取り組もう (2005年7月)
【2004年】
● 公共労としての春闘 (2004年2月)
【2003年】
● 公正労働基準の確立と入札・委託契約制度の改革を (2003年2月)
【2002年】
● 自治労八王子市公共サービス職員労働組合(公共労)第12回総会開催 (2002年12月)
【2001年】
● 第11回自治労八王子市関連労定期大会 (2001年12月)
● 自治労八王子市関連職員労働組合(関連労)第10回定期大会 (2001年1月)

第16回 八王子市公共労定期大会開催

《公共民間労働者の安定雇用の確保と公正労働基準確立を目指して》
 自治労八王子市公共サービス職員労働組合(以下、公共労)は、第16回定期大会を11月15日(水)に市民会館会議室で開催しました。開会後、漆原委員長の挨拶に続き、自治労都本部池谷組織局長、市職藤岡委員長、森市議会議員の来賓の皆さんから、都本部での公共民間サービス労働者への取り組み、八王子市職と公共労が一体となった今後の運動の展開、八王子市議会における公契約条例請願の議決や指定管理者制度についての報告など、それぞれ挨拶をいただきました。大会では小泉書記長から春闘期の取り組みや、指定管理者制度の導入などの取り組みについての経過報告、伊藤会計からは会計決算報告などこの一年間の公共労の活動が報告され参加者により承認されました。

▲日本複写工業支部の職場討議
 また、運動方針では、公共民間サービス労働者の雇用確保と賃金・労働条件の維持改善、公正労働基準の確立に向けた取り組み、指定管理者制度・競争入札の対応について市職との連携強化、市職、臨職組合との更なる連携と、公共労の自立した執行体制の強化などが漆原委員長より提案され、組合活動に基本的に必要とされる要素(組織・運動・財政)から私たちの取り組みを振り返り、さらに運動を進めることを全体で確認しました。07年度公共労の役員体制、支部組合員数は別掲のとおりです。



《庁内印刷、契約見直しに申し入れ》
 日本複写工業支部(印刷室)は市の庁内印刷を32年間の長期にわたり受託しています。市は来年度の印刷機器の入れ替えに伴ない、契約を随意契約から指名競争入札に変更するとの考え方を示してきました。このことは印刷室の職員の雇用とその家族の生活に大きな不安を抱かせるものであり、公共労は市職と連名で市当局に「発注者である市は、雇用の確保に責任をもって対応すること」などを求める要求書を提出しました。また職場では、公共労等による支援行動を実施することとしました。

 

(機関紙「はちおうじ」458号/2006.12.25)
▲top (上のメニューに戻ります)