(項目をクリックして下さい)
【2013年】
● 第32回不戦を誓う三多摩集会 (2013年1月)
【2012年】
● 2012連合南多摩クリーンキャンペーンを実施 (2012年6月)
【2010年】
● 2010連合南多摩地区協議会 (2010年6月)
【2009年】
● 2009連合南多摩クリーンキャンペーン実施 (2009年4月)
【2008年】
● 2008連合南多摩クリーンキャンペーン実施 (2008年4月)
【2006年】
● 「こどもを守るネットワーク」の取り組み 黒須八王子市長に協力要請 (2006年7月)
【2004年】
● 連合、イラク自衛隊派遣延長に反対 (2004年12月)
● 連合三多摩地協委員会開催 (2004年12月)
● 連合三多摩地域協議会・連合南多摩地区協議会の取り組み (2004年4月)
【2003年】
● 連合八王子市長に政策要請 (2003年12月)
● 連合三多摩第8回定期総会 (2003年12月)
【2001年】
● 11/5 緊急雇用対策実現 (2001年12月)
● 第4回連合フォーラム・八王子開催 (2001年10月)

連合、イラク自衛隊派遣延長に反対



 連合は、12月14日に期限を迎える自衛隊のイラク派遣延長問題について、(1)現在イラクでは事実上の戦闘状態が続いている。(2)さらにこの段階で米軍のファルージャ攻撃など自体はいっそう深刻さを増し、暫定自治政府も11月7日非常事態宣言を発令した。(3)サマーワにおいても自衛隊宿営地にロケット弾が打ち込まれるなど緊迫した状態が続いている。…といった状況を確認した上で、小泉首相は11月10日の党首討論で「自衛隊が活動しているならば、その地域が非戦闘地域だ」などといった詭弁とも言える問題発言を繰り返した。
 こうした状況の中で、「イラクの実態は、特別措置法が求めている前提条件が満たされていない」のは明らかであり、連合は野党のイラク復興支援特別措置法(自衛隊派遣法)の廃案を支持するとともに、自衛隊撤退に向けて国会内で真摯に検討するよう求めた。

 

(機関紙「はちおうじ」431号/2004.12.10)

▲top (上のメニューに戻ります)