機関紙「はちおうじ」に毎号掲載しているコラムをまとめたものです。時々刻々の社会や政治、経済の動き、平和や環境問題、庁内の話題など取り上げています。

【2018年】
● 日読月読(2018年4月)
【2017年】
● 日読月読(2017年12月)
● 旧姓使用(2017年9月)
● 便利の副作用(2017年6月)
● K(2017年4月)
● 成果を生むものは(2017年3月)
【2016年】
● 幸せのものさし(2016年12月)
● 秋の闘い(2016年11月)
● おーい、でてこーい(2016年9月)
● 選挙(2016年7月)
● はちおうじから。(2016年5月)
● 人にやさしく(2016年3月)
● 春闘がスタート(2016年2月)
【2015年】
● 新体制を迎え(2015年11月)
● 暴走政治を止める変革を(2015年9月)
● 子どもも母も、学生も(2015年8月)
● 言論統制(2015年7月)
● 民意を投票で(2015年4月)
● 平和は話し合いで(2015年2月)
【2014年】
● 選挙で問うものは(2014年12月)
● 政治を変えていく(2014年10月)
● 政策参加(2014年9月)
● 防災の日(2014年8月)
● 低レベル(2014年6月)
● 軍隊は住民を守らない(2014年5月)
● 誤った判断(2014年3月)
● 民意とは(2014年2月)
【2013年】
● それでも戻りたい(2013年10月)
● 完全にブロック?(2013年9月)
● 労使自主交渉(2013年7月)
● 国政選挙と地方選挙(2013年6月)
● 憲法96条改正は、なぜ(2013年5月)
● 尻尾を出す(2013年3月)
● 復興に必要なのは(2013年2月)
【2012年】
● 師走(2012年12月)
● 無責任 (2012年10月)
● ひとりひとりの課題 (2012年9月)
● 耐える (2012年8月)
● 社会保障改革 (2012年6月)
● 気持ち良い (2012年5月)
● 障害者差別禁止条例 (2012年4月)
● 倫理的責任 (2012年3月)
● 春は必ず (2012年2月)
【2011年】
● 首長選挙 (2011年12月)
● 信頼できる社会保障 (2011年11月)
● 脱原発・持続可能で平和な社会 (2011年10月)
● 脱・役人 (2011年8月)
● 我慢も限界 (2011年7月)
● 情報開示 (2011年6月)
● 議会改革 (2011年5月)
● 今こそ、団結の力を! (2011年4月)
● 安全性の確保 (2011年3月)
● 市民のための政治 (2011年2月)
【2010年】
● 新しい公共 (2010年12月)
● 今年の夏は本当に暑かった (2010年10月)

平和は話し合いで

■暮れから年明けと海外で暗いニュースが続いた。テロという暴力によって犠牲になっていった人達を思うと何故という疑問とやり場のない怒りを治めるのがやっとだ。
■暴力によって主張を正当化しようとする暴徒達の行動は決して認めることはできないが、政府は日本人に対しての残虐な行為に償いをさせるとした。有志国連合は暴力に対して暴力で対抗し日本政府も支持を表明している。有志国に連帯し自衛隊の爆撃機も参加させるべきだと無責任なことをいう人たちも出てきている。暴徒達は日本人も標的とすると更なる警告を発している。二度と戦争をしないと誓ったこの国が、テロの標的にされ戦争の渦中に巻き込まれていくようで不安でならない。
■暴力の連鎖を断ち切るのは人と人との会話であり寄り添う気持ち、相手の意見を聞き入れ理解し合うまで話し合うことでしかないと考える。
■戦後70年世界の誰もが認めてきた日本の平和憲法があるからこそ、武力でなく会話でその使命を果たすべきだ。

 

(機関紙「はちおうじ」536号/2015.2.26)

 

▲top (上のメニューに戻ります)