機関紙「はちおうじ」に毎号掲載しているコラムをまとめたものです。時々刻々の社会や政治、経済の動き、平和や環境問題、庁内の話題など取り上げています。

【2018年】
● 無関係でいられないもの(2018年9月)
● わざわいの境界(2018年7月)
● 日読月読(2018年4月)
【2017年】
● 日読月読(2017年12月)
● 旧姓使用(2017年9月)
● 便利の副作用(2017年6月)
● K(2017年4月)
● 成果を生むものは(2017年3月)
【2016年】
● 幸せのものさし(2016年12月)
● 秋の闘い(2016年11月)
● おーい、でてこーい(2016年9月)
● 選挙(2016年7月)
● はちおうじから。(2016年5月)
● 人にやさしく(2016年3月)
● 春闘がスタート(2016年2月)
【2015年】
● 新体制を迎え(2015年11月)
● 暴走政治を止める変革を(2015年9月)
● 子どもも母も、学生も(2015年8月)
● 言論統制(2015年7月)
● 民意を投票で(2015年4月)
● 平和は話し合いで(2015年2月)
【2014年】
● 選挙で問うものは(2014年12月)
● 政治を変えていく(2014年10月)
● 政策参加(2014年9月)
● 防災の日(2014年8月)
● 低レベル(2014年6月)
● 軍隊は住民を守らない(2014年5月)
● 誤った判断(2014年3月)
● 民意とは(2014年2月)
【2013年】
● それでも戻りたい(2013年10月)
● 完全にブロック?(2013年9月)
● 労使自主交渉(2013年7月)
● 国政選挙と地方選挙(2013年6月)
● 憲法96条改正は、なぜ(2013年5月)
● 尻尾を出す(2013年3月)
● 復興に必要なのは(2013年2月)
【2012年】
● 師走(2012年12月)
● 無責任 (2012年10月)
● ひとりひとりの課題 (2012年9月)
● 耐える (2012年8月)
● 社会保障改革 (2012年6月)
● 気持ち良い (2012年5月)
● 障害者差別禁止条例 (2012年4月)
● 倫理的責任 (2012年3月)
● 春は必ず (2012年2月)
【2011年】
● 首長選挙 (2011年12月)
● 信頼できる社会保障 (2011年11月)
● 脱原発・持続可能で平和な社会 (2011年10月)
● 脱・役人 (2011年8月)
● 我慢も限界 (2011年7月)
● 情報開示 (2011年6月)
● 議会改革 (2011年5月)
● 今こそ、団結の力を! (2011年4月)
● 安全性の確保 (2011年3月)
● 市民のための政治 (2011年2月)
【2010年】
● 新しい公共 (2010年12月)
● 今年の夏は本当に暑かった (2010年10月)

わざわいの境界

■西日本豪雨により被災された皆様ならびにご家族の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。また、被災自治体関連職場の皆様に敬意を表すとともに、復旧作業の安全と一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。
 有史以前から、人は動物や気象から身を守るために服を作り、家を建て、食糧や水を確保してきた。様々な被害を予防し、文明的で健康な生活ができるようになった現代においても、生活は自然環境とのたたかいという本質は変わっていない。
 災害の種類、場所、季節、天候、時間などにより、被害の及ぶ範囲は変わり、一つとして同じ災害は存在しない。被災者も年齢や性別、持病、障害、言語なども含めひとくくりにできない。「災」の字は水害と天火に由来し、人にはどうすることもできない、という意味が込められており、人に起因するわざわいは「禍」または「人災」と表し区別される。隣人の被災経験を蓄積し、我が身に置き換えて備えることが求められている。

 

(機関紙「はちおうじ」559号/2018.07.20)

 

▲top (上のメニューに戻ります)