機関紙「はちおうじ」に毎号掲載しているコラムをまとめたものです。時々刻々の社会や政治、経済の動き、平和や環境問題、庁内の話題など取り上げています。

【2018年】
● 定期大会を終えて(2018年11月)
● 無関係でいられないもの(2018年9月)
● わざわいの境界(2018年7月)
● 日読月読(2018年4月)
【2017年】
● 日読月読(2017年12月)
● 旧姓使用(2017年9月)
● 便利の副作用(2017年6月)
● K(2017年4月)
● 成果を生むものは(2017年3月)
【2016年】
● 幸せのものさし(2016年12月)
● 秋の闘い(2016年11月)
● おーい、でてこーい(2016年9月)
● 選挙(2016年7月)
● はちおうじから。(2016年5月)
● 人にやさしく(2016年3月)
● 春闘がスタート(2016年2月)
【2015年】
● 新体制を迎え(2015年11月)
● 暴走政治を止める変革を(2015年9月)
● 子どもも母も、学生も(2015年8月)
● 言論統制(2015年7月)
● 民意を投票で(2015年4月)
● 平和は話し合いで(2015年2月)
【2014年】
● 選挙で問うものは(2014年12月)
● 政治を変えていく(2014年10月)
● 政策参加(2014年9月)
● 防災の日(2014年8月)
● 低レベル(2014年6月)
● 軍隊は住民を守らない(2014年5月)
● 誤った判断(2014年3月)
● 民意とは(2014年2月)
【2013年】
● それでも戻りたい(2013年10月)
● 完全にブロック?(2013年9月)
● 労使自主交渉(2013年7月)
● 国政選挙と地方選挙(2013年6月)
● 憲法96条改正は、なぜ(2013年5月)
● 尻尾を出す(2013年3月)
● 復興に必要なのは(2013年2月)
【2012年】
● 師走(2012年12月)
● 無責任 (2012年10月)
● ひとりひとりの課題 (2012年9月)
● 耐える (2012年8月)
● 社会保障改革 (2012年6月)
● 気持ち良い (2012年5月)
● 障害者差別禁止条例 (2012年4月)
● 倫理的責任 (2012年3月)
● 春は必ず (2012年2月)
【2011年】
● 首長選挙 (2011年12月)
● 信頼できる社会保障 (2011年11月)
● 脱原発・持続可能で平和な社会 (2011年10月)
● 脱・役人 (2011年8月)
● 我慢も限界 (2011年7月)
● 情報開示 (2011年6月)
● 議会改革 (2011年5月)
● 今こそ、団結の力を! (2011年4月)
● 安全性の確保 (2011年3月)
● 市民のための政治 (2011年2月)
【2010年】
● 新しい公共 (2010年12月)
● 今年の夏は本当に暑かった (2010年10月)

今年の夏は本当に暑かった

■今年の夏は本当に暑かった。酷暑日・熱帯夜の連続日が各地で記録更新することとなった。09年夏に熱い想いで政権交代が実現したが、この一年間、国民生活にとっては冷え切った一年間と言える。戦後60年間以上も続いた一党支配の下、国民は幸福を求めて政治に期待を寄せ、その度に裏切られてきた。そしてその不満は政権交代へ繋がったが、後が続かない。「政治と金」「米軍基地」「消費税」という一般市民感覚からしたら、どうみても不思議な世界で物事が決まって行くことには、本当に政治家は国民の苦しみや市民の痛みに気付いているのだろうか。結果的には今年の夏の参議院選挙で灸を饐えた。
■組合運営も同じことが言えると思う。現場や職場の声、悲鳴が聴き取れないでいては組合員から信頼は得られない。職場の要求を聴いて当局側に提出し、「予算が付かなかったから、それで仕方なかった」では納得できない。組合員が毎日行なっている仕事は市民にとってどれ一つとっても欠くことの出来ない仕事ばかりで、安定したサービスの提供が不可欠である。必要な人員体制を整えてこそ安心して仕事が進められる。10月20日第66回定期大会を職場の皆さんの理解のもと開催する。次期方針では安心して働ける職場づくりを目指し、組合員の声や職場からの発信に敏感に反応したい。

 

(機関紙「はちおうじ」495号/2010.10.18)

 

▲top (上のメニューに戻ります)