(項目をクリックして下さい)
【2008年】
● 柔道、中村美里さん北京オリンピックに出場 (2008年7月)
【2002年】
● 写真部・囲碁部・華道部・茶道部に聞く (2002年9月)
● 野球部・卓球部・テニス部に聞く (2002年9月)

 

野球部・卓球部・テニス部に聞く 


 八王子市職には福利厚生事業の一環として、組合員の親睦交流、健康増進を目的に三〇のクラブがあり、組合として活動支援をしています。また互助会設立時にも事前交渉し、クラブ活動への互助会支援を認めさせてきました。組合結成と同時に設立されたクラブもあり、自治体間交流や地域活動にも貢献しています。
 今回は全日本実業団の大会に連続出場している卓球部、ソフトテニス部、部創設五〇年を超える野球部の皆さんから、クラブ活動の裏表のお話をお伺いしました。

▲男子一部、旭川自衛隊(手前)に惜しくも敗れる

藤岡委員長 今日はお集まりいただきありがとうございます。話しに入る前に卓球部とソフトテニス部の皆さんには、それぞれ全日本の実業団選手権に出場されまして大変お疲れ様でした。また野球部の皆さんには市職野球大会の準備や審判など毎週土曜日にはお世話になっています。この場を借りてお礼いたします。
ソフトテニス・矢崎
 応援していただいてありがとうございます。女子は一回戦で敗退しましたが男子は三回戦まで進み、昨年優勝の岡山市役所に敗れてしまいました。吉村福利厚生部長に応援に来ていただき、男子はなんとか来年の出場権を確保することが出来てホッとしています。
卓球部・鈴木 卓球は会場が岩手県の水沢でしたが、委員長に応援に来ていただきありがとうございました。選手もびっくりしてプレッシャーがかかったようでしたが、女子は一部昇格が出来ませんでしたが男子は一部残留となりました。来年も頑張ります。
委員長 ご苦労様でした。ところで実業団レベルの大会で公務員チームが多いいのにはびっくりしましたね。
矢崎 そうなんです。不景気で民間企業はクラブを維持できないんですよ。それに学生時代活躍した選手も自治体への就職希望が強いんです。
委員長 アマチュアスポーツも経済の動きに敏感だということですね。

吉村福利厚生部長 ところで野球部には毎年七月から九月まで職場対抗野球大会の準備や審判にご協力いただいてます。毎年五〇チーム程度、八百人を超える参加者、優勝まで五〜六勝しなければならない、という大きなイベントを支えてもらっています。
野球部・加藤 毎年のことですから野球部の事業の一環といった感じですね。しかし、市職野球大会の期間でも公式戦があり日程調整には苦労しています。それに家庭サービスも大事ですからね。
委員長 野球部は三年前創部五〇周年を迎えましたが、地域との関係が強いですね。
加藤 野球は連盟(八王子)の大会が中心になる関係もあり、地域との交流は大きいですね。市職野球部は現在連盟の一部リーグ(上位一二チーム)に入っていますが、登録チームは四部まで含めると二百チーム以上です。委員長には毎年応援に来てもらってますが、共済組合主催の市役所対抗には是非優勝したいですね。

▲市町村共済組合・市役所対抗野球大会(5月)

委員長 あれは共済組合の役員として行ってますが、共済事務局からはおとなしくしててくれと言われています。(笑い)でも、やっぱり八王子に勝って欲しいですね。ところで地域とのつながりについて、卓球やソフトテニスはどうですか。
鈴木 市内の高校、中学の卓球部が練習に来ます。部活が盛んになれば卓球人口も増えると思いますので、中学高校生の参加は歓迎していますよ。
矢崎 テニスは中学生の指導や高校テニス部のコーチとして継続的にかかわっています。皆な、経験豊富ですから教えるのはうまいですよ。(笑い)

吉村 皆さんの生活は仕事と練習漬けのようですが。

▲8月20日、約1時間半の夢のある会話が続きました

加藤 週に二〜三日は仕事の後練習し、シーズンに入れば土・日は試合という感じですね。家族の協力が無ければ続かないと言う事で、野球部員の付き合いは家族ぐるみになっています。
矢崎 テニスの場合地方大会もあり、休日の半分はラケットを持っていると言う感じです。
鈴木 卓球も同じで大会によっては日帰りが難しく、宿泊をともなうケースもあります。交通費と宿泊代の負担が大変なんです。
委員長 自治体交流も続けているようですが。
鈴木 はい、今年で第十回になりますが全日本市役所大会が十一月に仙台で開催されます。今年は八王子も含めて八八チームが参加するようです。
矢崎 テニスは第三回市役所対抗戦が千葉で開催されます。今年は百チーム以上が参加する見込みで、二日間の大会となります。
吉村 地域活動や自治体間交流は大事な点だと思いますよ。
藤岡 今日の話で、試合はごく一部であり、練習やクラブの運営、家族の協力、費用負担の実情など、苦労が絶えない。…皆さんの実生活が判りました。(笑い)また自治体交流や地域活動などは大事なことですね。組合も支援したいと思います。
 今日はどうもありがとうございました。

 

(「ざ・はぴねす」 53号/2002.9.2)

▲top (上のメニューに戻ります)