2 3


 事業本部はこれまで組合の福利厚生事業としで取り組んできた自治労共済や労金.指定店契約や物資斡旋、民宿や遊戯施設の割り引きと補助、売店などの事業について、常に安定したサービスが提供できるよう体制を整えるものです。また、事業収益の有効還元や租税納付義務などにも適格、適法に対処するため、公認会計士と協議しながら運営します。
 なお事業本部は、組合の地域活動や地域団体との窓口にもなります。


【2016年度 事業本部役員体制】
役   職
氏  名
職   場
本部長
加藤 信明
市職(執行委員長)
本部長代行
岩田みさを
市職(副執行委員長)
副本部長
小泉 治彦
公共労(執行委員長)
岩見 知佳
臨職組合(執行委員長)
田中 輝昌
退職者会(会長)
事務局長
深澤 和宏
市職(書記次長)
会 計
五十嵐秀光
市職(会計)
事務局次長
前川 健一
市職(執行委員)
伊藤  薫
公共労(執行委員)
池田 佳美
臨職組合(副執行委員長)
菊地 文子
退職者会(事務局長)
事務局員
遠藤 隆史
市職(執行委員)
齊藤 智子
市職(執行委員)
柚井 利信
市職(執行委員)
監  事
米山 澄夫
市職(公園課)
榎本 清徳
退職者会(副会長)


(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● カウンセラーからの手紙 (2014年1月)
● 第8回 事業本部総会の開催 『非営利・相互扶助が事業本部の基本』 (2014年1月)
【2013年】
● カウンセラーからの手紙 その4 (2013年10月)
● 組合財政全体の見直しを検討 (2013年6月)
● 事業本部の今後の運営と取り組みについて (2013年3月)
● 2012年を振り返って (2013年1月)
● 第7回 事業本部総会の開催 『非営利・相互扶助が事業本部の基本』 (2013年1月)
【2012年】
● カウンセラーからの手紙 その2 (2012年3月)
● 事業本部の今後の運営・取り組みについて (2012年3月)
● カウンセラーからの手紙 その1 (2012年1月)
● 第6回 事業本部総会の開催 (2012年1月)
● 2012年度事業本部 ワークライフバランスの実現に向けて (2012年1月)
【2011年】
● カウンセラーからの手紙 最終・まとめ (2011年7月)
● カウンセラーからの手紙 その3 (2011年6月)
● カウンセラーからの手紙 その2 (2011年4月)
● カウンセラーからの手紙 その1 (2011年3月)
● 第5回事業本部総会の開催 (2011年1月)
● 新春座談会 特集『第11回文化祭に向けて』 (2011年1月)
【2010年】
● カウンセラーからの手紙 カウンセリングのききめとおすすめ (2010年1月)
● ワークライフバランスの実現に向けて (2010年1月)
● 2009年を振り返って (2010年1月)
【2009年】
● てい談「共助の地域社会を考える」 (2009年8月)
● 事業本部の取り組みについて検討 (2009年8月)
● 2009年八王子市職員等事業本部の活動 (2009年2月)
【2008年】
● 2008年を振り返って (2008年12月)
● 第3回事業本部総会開催 (2008年12月)
● 「こころの相談室」カウンセリングのご案内 (2008年9月)
● てい談 八王子の歴史、文化再発見 (2008年3月)
【2007年】
● 事業本部の目的と活動 〜第2回総会に向けて (2007年9月)
● カウンセラーからの手紙 (2007年9月)
● 第2回 事業本部総会を9月13日(木)に開催 (2007年6月)
● 第2回 住宅問題を考える会 (2007年6月)
● 安心して打ちあけられるカウンセラーがついています (2007年5月)
● カウンセラーからの手紙 (2007年2月)
● かたくら書店・田原 勘意氏 八王子事典800冊を事業本部に寄贈 (2007年3月)
● カウンセラーからの手紙 (2007年2月)
● 事業本部 2006年フォトレポート (2007年1月)
【2006年】
● 事業本部の各事業実績 (2006年12月)
● 事業本部と事業計画 (2006年9月)
● 第1回事業本部総会 (2006年9月)
● 第61回臨時大会 八王子市職員等事業本部の方針について (2006年7月)
● 事業本部の持続的な活動運営体制の強化を (2006年6月)
● 専門家による住宅問題を考える会 (2006年3月)
● 事業本部独自のカウンセリングを4月から実施 (2006年2月)
● 鼎談(ていだん) 生活支援、生きがい、働きがいを考える (2006年1月)
【2005年】
● 事業本部運営規程を改正 (2005年9月)
● 交流・ふれあい・わかちあい 第7回文化祭 (2005年9月)
● 事業本部インフォーメーション (2005年7月)
● 事業本部のプライバシーポリシー (2005年5月)
● 公務員賠償責任保険 ― 本年4月から実施 (2005年2月)
【2004年】
● 事業本部インフォーメーション (2004年10月)
● 公務員賠償責任保険の導入を検討 (2004年4月)
● 事業本部インフォーメーション (2004年3月)
● 事業本部インフォーメーション (2004年1月)
● 公務員賠償責任保険の導入について検討 (2004年1月)
● 事業本部インフォーメーション (2004年1月)
【2003年】
● 生涯にわたる生活設計サポート (2003年11月)
● 第1回職場委員会 事業本部設立を決定 (2003年4月)
● 自治労共済、売店、労金事業から3月を目途にスタート (2003年1月)
● 安定したライフサポート事業の新たな展開を (2003年1月)
● 相互扶助、非営利だからこそ安全で有利な事業が可能 (2003年1月)
【2002年】
● 経営不安の民間生保に代わる (2002年12月)
● 自治労団体生命共済モデルチェンジ(2003年度から)(2002年10月)
● 事業本部体制の確立を (2002年2月)

八王子市職員等事業本部の方針について

事業本部の構成と基本的な活動目標
 八王子市職員等事業本部(以下「事業本部」という)は、2005年8月1日に規約ならびに総会代表者選出規程を整備し、自治労八王子職員組合、自治労八王子市臨時・非常勤職員組合、自治労八王子市公共サービス職員労働組合、八王子市職員等退職者会の4団体とその他の会員(管理職)による運営体制を整えました。
 事業本部は非営利・相互扶助を基本に、事業の柱を
(1)職域生協事業として取り組まれている自治労共済事業や労働金庫事業、本庁舎売店、指定店契約、物資斡旋、市町村職員共済組合や互助会・その他の共済団体などへの働きかけ等、組合員、会員の生涯にわたる総合的な生活支援。
(2)組合員、会員相互のスポーツや文化活動、親睦・交流活動。ファミリーイベントなどの開催。
(3)地域交流や社会貢献、ボランティア活動、文化活動などの取り組み。
としています。

9月に事業本部総会を開催
 なお、2006年9月14日(木)に事業本部は定期総会を開催し、事業計画、財政方針、単年度予算を決定します。(総会代表選出規程に基づき、各部会代表者1名の総会参加となります)
 そこで、第61回臨時大会では、事業本部総会に向けた八王子市職の基本方針をあらためて確認しました。

(1)生涯にわたる総合的な生活支援
▲市町村共済組合福祉事業検討委員会
 組合員・会員と家族の安心、安定した生活設計のため、団体生命共済(医療)、長期共済(退職後の医療・年金等)を中心とした自治労共済の各種保険事業、資産形成と安全な資金調達のための労働金庫事業など積極的に推進します。
 また、東京都市町村職員共済組合、八王子市職員互助会への意見反映を通じて事業の充実と活性化を図って行きます。
 とくに被用者年金一元化問題など公務員の共済制度に対する一方的な批判が強まっていますが、公務員制度と不可分関係にある共済制度の意義を再確認し、使用者と労働者代表による民主的な組合会方式で進める共済事業を維持していかなければなりません。
 具体的に取り組むおもな事業は次のとおりです。
自治労共済事業
労働金庫事業
全労済事業
公務員賠償責任保険事業
売店事業
指定店・指定保養所の取り組み
物資斡旋の取り組み
東京都市町村職員共済組合の取り組み
互助会との連携
生活法律相談、カウンセリング、サラ金対策
消費生活情報の提供とサポート
その他の生活支援事業



(2)スポーツ・文化活動、組合員会員の親睦・交流事業
▲今年も約40チームが参加した野球大会
 組合員・会員の誰もが参加できるクラブ活動の活性化に取り組み、スポーツ・文化活動を推進します。
 また各クラブの協力で開催している、職場対抗野球大会、スキー教室、ボーリング大会、卓球大会、ソフトテニス大会、空手道親子体験教室、美術鑑賞会、写真撮影会、活け花…など親睦・交流の面からも推進します。
 さらにこうした活動をつうじた地域との交流なども取り組みます。
 組合員・会員や家族を対象とした大会やファミリーイベントなど継続します。
各クラブの活動助成
各クラブの主催行事
野球大会等各種大会の開催
各クラブの地域交流活動の推進
サマーランド等のファミリーイベントの実施

(3)地域交流、社会参加、ボランティア活動など
 文化祭は交流とコミュニティづくりに目標をすえ、地域や市内各団体との交流を積極的に進めます。
 新潟県十日町市松代との交流事業、三宅島交流・復興支援の取り組みについて、これまで築いてきた信頼関係を大切にしながら、さらに幅広く推進します。
 また八王子まつりボランティアをはじめとする社会貢献・ボランティア活動について、交流事業の一環として積極的に取り組みます。
第8回文化祭(2006年11月3・4日)の開催
新潟県十日町市松代との交流事業

 菅刈分校を拠点とした自然体験教室、雪おろしボランティア活動
三宅島交流・支援事業
 島民によるNPO法人クリエイトアイランドを通じた自然体験など現地交流事業
八王子まつりボランティア
 八王子まつりを通じての分別・清掃ボランティアも定着してきました。地域の労働組合や学生委員会、一般市民の参加を求めます。
フェアトレード活動
 途上国との公正な価格による貿易を推進する「フェアトレード」事業に取り組みます。またこのことを通して、途上国の児童労働問題、経済格差、環境・衛生問題なども明らかにします。
エコプロジェクトの参加
 自然環境との共生、生態系の維持、森林資源の活用(多摩産材)、スローライフの推奨などを目的に、2005年9月NPO法人日本エコクラブ、八王子市教職員組合、建設ユニオン、八王子市職の4団体でエコプロジェクトを設置しました。エコプロジェクトから提案される事業や情報について、事業本部の枠で対応します。

(4)財政方針
 事業本部の事業計画は単年度で終了する活動はほとんどなく、大半が継続的な事業です。そこで、持続性のある財政方針を確立する必要があります。
 また共済事業や売店関係など一部事業収益が見込まれます。そこで、適法かつ合理的な経理に努めます。

(5)組織運営
 事業計画の企画立案、具体的な実施にあたり、生協事業組織に準じた組織運営を基本とします。
 具体的な運営は、総会(毎年1回9月に開催=規約10条)、役員会(必要に応じて年間2〜3回開催)、事務局会議(毎月1回開催)、個別事業会議(随時)を開催し、関連情報は「はぴねす」、ホームページ等で公開します。
 また、構成組合員・会員の積極的な参加を求めます。



(「ざ・はぴねす」96号/2006.7.10)
▲top (上のメニューに戻ります)