3 2 3


 事業本部はこれまで組合の福利厚生事業としで取り組んできた自治労共済や労金.指定店契約や物資斡旋、民宿や遊戯施設の割り引きと補助、売店などの事業について、常に安定したサービスが提供できるよう体制を整えるものです。また、事業収益の有効還元や租税納付義務などにも適格、適法に対処するため、公認会計士と協議しながら運営します。
 なお事業本部は、組合の地域活動や地域団体との窓口にもなります。


【2016年度 事業本部役員体制】
役   職
氏  名
職   場
本部長
加藤 信明
市職(執行委員長)
本部長代行
岩田みさを
市職(副執行委員長)
副本部長
小泉 治彦
公共労(執行委員長)
岩見 知佳
臨職組合(執行委員長)
田中 輝昌
退職者会(会長)
事務局長
深澤 和宏
市職(書記次長)
会 計
五十嵐秀光
市職(会計)
事務局次長
前川 健一
市職(執行委員)
伊藤  薫
公共労(執行委員)
池田 佳美
臨職組合(副執行委員長)
菊地 文子
退職者会(事務局長)
事務局員
遠藤 隆史
市職(執行委員)
齊藤 智子
市職(執行委員)
柚井 利信
市職(執行委員)
監  事
米山 澄夫
市職(公園課)
榎本 清徳
退職者会(副会長)


(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● カウンセラーからの手紙 (2014年1月)
● 第8回 事業本部総会の開催 『非営利・相互扶助が事業本部の基本』 (2014年1月)
【2013年】
● カウンセラーからの手紙 その4 (2013年10月)
● 組合財政全体の見直しを検討 (2013年6月)
● 事業本部の今後の運営と取り組みについて (2013年3月)
● 2012年を振り返って (2013年1月)
● 第7回 事業本部総会の開催 『非営利・相互扶助が事業本部の基本』 (2013年1月)
【2012年】
● カウンセラーからの手紙 その2 (2012年3月)
● 事業本部の今後の運営・取り組みについて (2012年3月)
● カウンセラーからの手紙 その1 (2012年1月)
● 第6回 事業本部総会の開催 (2012年1月)
● 2012年度事業本部 ワークライフバランスの実現に向けて (2012年1月)
【2011年】
● カウンセラーからの手紙 最終・まとめ (2011年7月)
● カウンセラーからの手紙 その3 (2011年6月)
● カウンセラーからの手紙 その2 (2011年4月)
● カウンセラーからの手紙 その1 (2011年3月)
● 第5回事業本部総会の開催 (2011年1月)
● 新春座談会 特集『第11回文化祭に向けて』 (2011年1月)
【2010年】
● カウンセラーからの手紙 カウンセリングのききめとおすすめ (2010年1月)
● ワークライフバランスの実現に向けて (2010年1月)
● 2009年を振り返って (2010年1月)
【2009年】
● てい談「共助の地域社会を考える」 (2009年8月)
● 事業本部の取り組みについて検討 (2009年8月)
● 2009年八王子市職員等事業本部の活動 (2009年2月)
【2008年】
● 2008年を振り返って (2008年12月)
● 第3回事業本部総会開催 (2008年12月)
● 「こころの相談室」カウンセリングのご案内 (2008年9月)
● てい談 八王子の歴史、文化再発見 (2008年3月)
【2007年】
● 事業本部の目的と活動 〜第2回総会に向けて (2007年9月)
● カウンセラーからの手紙 (2007年9月)
● 第2回 事業本部総会を9月13日(木)に開催 (2007年6月)
● 第2回 住宅問題を考える会 (2007年6月)
● 安心して打ちあけられるカウンセラーがついています (2007年5月)
● カウンセラーからの手紙 (2007年2月)
● かたくら書店・田原 勘意氏 八王子事典800冊を事業本部に寄贈 (2007年3月)
● カウンセラーからの手紙 (2007年2月)
● 事業本部 2006年フォトレポート (2007年1月)
【2006年】
● 事業本部の各事業実績 (2006年12月)
● 事業本部と事業計画 (2006年9月)
● 第1回事業本部総会 (2006年9月)
● 第61回臨時大会 八王子市職員等事業本部の方針について (2006年7月)
● 事業本部の持続的な活動運営体制の強化を (2006年6月)
● 専門家による住宅問題を考える会 (2006年3月)
● 事業本部独自のカウンセリングを4月から実施 (2006年2月)
● 鼎談(ていだん) 生活支援、生きがい、働きがいを考える (2006年1月)
【2005年】
● 事業本部運営規程を改正 (2005年9月)
● 交流・ふれあい・わかちあい 第7回文化祭 (2005年9月)
● 事業本部インフォーメーション (2005年7月)
● 事業本部のプライバシーポリシー (2005年5月)
● 公務員賠償責任保険 ― 本年4月から実施 (2005年2月)
【2004年】
● 事業本部インフォーメーション (2004年10月)
● 公務員賠償責任保険の導入を検討 (2004年4月)
● 事業本部インフォーメーション (2004年3月)
● 事業本部インフォーメーション (2004年1月)
● 公務員賠償責任保険の導入について検討 (2004年1月)
● 事業本部インフォーメーション (2004年1月)
【2003年】
● 生涯にわたる生活設計サポート (2003年11月)
● 第1回職場委員会 事業本部設立を決定 (2003年4月)
● 自治労共済、売店、労金事業から3月を目途にスタート (2003年1月)
● 安定したライフサポート事業の新たな展開を (2003年1月)
● 相互扶助、非営利だからこそ安全で有利な事業が可能 (2003年1月)
【2002年】
● 経営不安の民間生保に代わる (2002年12月)
● 自治労団体生命共済モデルチェンジ(2003年度から)(2002年10月)
● 事業本部体制の確立を (2002年2月)

カウンセラーからの手紙


 最近は、学校でのいじめ等で心に痛手を負った子供達の痛ましい事件が多く、とても悲しいことです。子供達ばかりでなく、社会では、職場のパワーハラスメントなどの問題が大きく取り上げられて、なかでも30〜50代の働き盛りの年代で、仕事や生活上強いストレスから、うつ病になるケースが増えていますので、皆さんの身近でも、療養中や、治療後職場復帰している方々の話を聞くことがあるでしょう。そこで今回は、うつ病とは、どんな病気なのか、もし身近にうつ病で苦しんでおられる方がいたら、どのように接したらいいのかというご質問に答える形で2回に分けてお話しします。

 その1 うつ病はどんな病気でしょうか?

 うつ病は精神病です。一時的に気分がとても落ち込むことをうつになったとか、うつ状態と表現することはありますが、うつ的な感じや、うつ状態とうつ病とは違います。
 ただうつ状態が長引くとうつ病になる恐れがありますので、早いうちに専門の医師の診察をうける必要があります。

どうしてうつ病になるの?
1.身体の病気や薬の副作用などで、2次的に起こるもの。
2.体質や遺伝など、はっきりした因果関係がわからないもの。
3.強い精神的ショックや心の状態が原因になっているもの。

体はどうなるの?
 疲れやすい、不眠、食欲・性欲が落ちる、頭痛、腹痛、動悸、吐き気、便秘など。

心はどうなるの?
 やる気がでない、落ち込む、イライラする、不安感が強い、などです。
 こういう症状が長引き、体調が変化して、滅入る時期が長くなると死まで考えるようになってしまうのが、うつ病です。

サインに気づこう!
 これらの症状の中で一番わかりやすいサインは不眠です。眠れない日が3日以上続いたら注意してください。1週間続いたら、医師の診察を早く受けることが必要です。うつ病の初期は、本人が気づかないこともあるので、まわりの人が不眠や元気が無い状態が長引く、深酒が続いて生活に影響が出てくるなど、いつもと違う様子に気づいたら、診察を受けることを勧めましょう。早いうちに治療の必要や程度をみきわめて、診療を始めれば完治も早いので、本人も安心できるし、生活面でも負担が少なくて済むのです。
 精神科、心療内科、地域の保健所や精神衛生センターなどで受診できます。

 近年、うつ病は、神経伝達物質の乱れによって起こるということがわかってきました。
 医師の指導のもとに、適切な薬を服用して、充分な休養をとることにより、確実に治る病気です。治すには、体を休める時間と場所を確保するだけでなく、安心して心を打ちあけられる信頼できる人との交流や、カウンセリングを受けるなどは、早い回復や、再発を防ぐために欠かせません。治るための治療の一部と考えて、充分な時間を作ってください。職場や周りの人々の理解は本人にとって大きな支えになります。



(「ざ・はぴねす」103号/2007.2.16)
▲top (上のメニューに戻ります)