3 2 3


 事業本部はこれまで組合の福利厚生事業としで取り組んできた自治労共済や労金.指定店契約や物資斡旋、民宿や遊戯施設の割り引きと補助、売店などの事業について、常に安定したサービスが提供できるよう体制を整えるものです。また、事業収益の有効還元や租税納付義務などにも適格、適法に対処するため、公認会計士と協議しながら運営します。
 なお事業本部は、組合の地域活動や地域団体との窓口にもなります。


【2016年度 事業本部役員体制】
役   職
氏  名
職   場
本部長
加藤 信明
市職(執行委員長)
本部長代行
岩田みさを
市職(副執行委員長)
副本部長
小泉 治彦
公共労(執行委員長)
岩見 知佳
臨職組合(執行委員長)
田中 輝昌
退職者会(会長)
事務局長
深澤 和宏
市職(書記次長)
会 計
五十嵐秀光
市職(会計)
事務局次長
前川 健一
市職(執行委員)
伊藤  薫
公共労(執行委員)
池田 佳美
臨職組合(副執行委員長)
菊地 文子
退職者会(事務局長)
事務局員
遠藤 隆史
市職(執行委員)
齊藤 智子
市職(執行委員)
柚井 利信
市職(執行委員)
監  事
米山 澄夫
市職(公園課)
榎本 清徳
退職者会(副会長)


(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● カウンセラーからの手紙 (2014年1月)
● 第8回 事業本部総会の開催 『非営利・相互扶助が事業本部の基本』 (2014年1月)
【2013年】
● カウンセラーからの手紙 その4 (2013年10月)
● 組合財政全体の見直しを検討 (2013年6月)
● 事業本部の今後の運営と取り組みについて (2013年3月)
● 2012年を振り返って (2013年1月)
● 第7回 事業本部総会の開催 『非営利・相互扶助が事業本部の基本』 (2013年1月)
【2012年】
● カウンセラーからの手紙 その2 (2012年3月)
● 事業本部の今後の運営・取り組みについて (2012年3月)
● カウンセラーからの手紙 その1 (2012年1月)
● 第6回 事業本部総会の開催 (2012年1月)
● 2012年度事業本部 ワークライフバランスの実現に向けて (2012年1月)
【2011年】
● カウンセラーからの手紙 最終・まとめ (2011年7月)
● カウンセラーからの手紙 その3 (2011年6月)
● カウンセラーからの手紙 その2 (2011年4月)
● カウンセラーからの手紙 その1 (2011年3月)
● 第5回事業本部総会の開催 (2011年1月)
● 新春座談会 特集『第11回文化祭に向けて』 (2011年1月)
【2010年】
● カウンセラーからの手紙 カウンセリングのききめとおすすめ (2010年1月)
● ワークライフバランスの実現に向けて (2010年1月)
● 2009年を振り返って (2010年1月)
【2009年】
● てい談「共助の地域社会を考える」 (2009年8月)
● 事業本部の取り組みについて検討 (2009年8月)
● 2009年八王子市職員等事業本部の活動 (2009年2月)
【2008年】
● 2008年を振り返って (2008年12月)
● 第3回事業本部総会開催 (2008年12月)
● 「こころの相談室」カウンセリングのご案内 (2008年9月)
● てい談 八王子の歴史、文化再発見 (2008年3月)
【2007年】
● 事業本部の目的と活動 〜第2回総会に向けて (2007年9月)
● カウンセラーからの手紙 (2007年9月)
● 第2回 事業本部総会を9月13日(木)に開催 (2007年6月)
● 第2回 住宅問題を考える会 (2007年6月)
● 安心して打ちあけられるカウンセラーがついています (2007年5月)
● カウンセラーからの手紙 (2007年2月)
● かたくら書店・田原 勘意氏 八王子事典800冊を事業本部に寄贈 (2007年3月)
● カウンセラーからの手紙 (2007年2月)
● 事業本部 2006年フォトレポート (2007年1月)
【2006年】
● 事業本部の各事業実績 (2006年12月)
● 事業本部と事業計画 (2006年9月)
● 第1回事業本部総会 (2006年9月)
● 第61回臨時大会 八王子市職員等事業本部の方針について (2006年7月)
● 事業本部の持続的な活動運営体制の強化を (2006年6月)
● 専門家による住宅問題を考える会 (2006年3月)
● 事業本部独自のカウンセリングを4月から実施 (2006年2月)
● 鼎談(ていだん) 生活支援、生きがい、働きがいを考える (2006年1月)
【2005年】
● 事業本部運営規程を改正 (2005年9月)
● 交流・ふれあい・わかちあい 第7回文化祭 (2005年9月)
● 事業本部インフォーメーション (2005年7月)
● 事業本部のプライバシーポリシー (2005年5月)
● 公務員賠償責任保険 ― 本年4月から実施 (2005年2月)
【2004年】
● 事業本部インフォーメーション (2004年10月)
● 公務員賠償責任保険の導入を検討 (2004年4月)
● 事業本部インフォーメーション (2004年3月)
● 事業本部インフォーメーション (2004年1月)
● 公務員賠償責任保険の導入について検討 (2004年1月)
● 事業本部インフォーメーション (2004年1月)
【2003年】
● 生涯にわたる生活設計サポート (2003年11月)
● 第1回職場委員会 事業本部設立を決定 (2003年4月)
● 自治労共済、売店、労金事業から3月を目途にスタート (2003年1月)
● 安定したライフサポート事業の新たな展開を (2003年1月)
● 相互扶助、非営利だからこそ安全で有利な事業が可能 (2003年1月)
【2002年】
● 経営不安の民間生保に代わる (2002年12月)
● 自治労団体生命共済モデルチェンジ(2003年度から)(2002年10月)
● 事業本部体制の確立を (2002年2月)

八王子事典800冊を事業本部に寄贈

 2月24日、八王子事典の発行元、かたくら書店・田原勘意氏から同事典800冊が事業本部に寄贈されました。田原氏からは「これからの新人職員に配布するなど、市行政に携わる際に活用して欲しい」とのメッセージが託されています。
 事業本部では田原氏の申し出に応え、具体的な活用方法を検討しています。

〈かたくら書店〉
田原 勘意 氏

かたくら書店・田原氏
 今回事業本部をつうじて市の職員(とくに新人職員)に使ってもらおうと思い八王子事典を贈呈します。
 行政サービスを進めるうえで、八王子のことを知り、あるいは調べようとするときの手がかりにこの事典を活用してもらえばと思います。
藤岡委員長
 うれしいお話です。大切に使わさせていただきます。実はこれまでも組合では、本庁売店で八王子事典を販売しております。私も購入しましたが、組合では機関紙の街角シリーズの写真解説にはなくてはならない事典です。
田原氏
 この事典を作ろうと思い立った動機は「八王子について何かを知りたい、調べたいと思ったときの手がかりとして役立つものを」ということでした。だからできるだけ項目数の多い事典を目指し、収録分野も、歴史、自然、行政、産業、教育、文化など広範囲にわたっています。初版は1991年8月ですが、10年後の2001年1月に新たに3人の執筆者を加え改訂版を発行しました。

 「八王子の街を知り、生い立ちを理解することが第一歩」
藤岡委員長

藤岡委員長
 発刊に携わった「八王子事典の会」の皆様には心から敬意を表したいと思います。
 八王子という土地名そのものをタイトルにして解説しているような事典はあまり聞きませんね。
 ところで市役所の仕事は、大勢の職員で分担されていますが、目指すものは住民福祉の向上であり、街づくり、コミュニティづくりだと思います。法律や条令は街づくりのルールは読み取れますが、それだけでは不十分です。街づくりの担い手として心の通う行政を進めるためには、まず八王子の街を知り、その生い立ちを理解するところから始めるべきだと思います。
田原氏
 売店では八王子事典をはじめとする書籍をおいていますが、八王子の花や車人形、夕やけの鐘や高尾山の風景などを挿入した八王子便箋や一筆箋も販売しています。
 八王子ならではのスケッチなので、公文書などにも使って欲しいですね。
藤岡委員長
 工夫次第でいろいろな場所で使えると思いますね。
学校などでも親御さん宛の通知だとか、広い意味での公文書の中にはむしろそうした便箋を使ったほうが、行政側の気持ちが伝わる場合もあると思います。


 八王子の文化、歴史の継承を
売店で販売している書籍

田原氏
 市役所の売店には、八王子市民以外の皆さんも立ち寄ることでしょう。この便箋は、地方の方が寄られたとき、八王子の文化や歴史が簡単に紹介できると思います。
藤岡委員長
 売店では八王子の文化や歴史にかかわる図書も販売していますが、まだまだ少ない状態です。できれば「かたくら新書」(下段参照)とか八王子にちなんだ書籍や郷土史研究会の機関誌などもおきたいと考えています。歴史や文化の継承は、今生きる私たちの責任だと思います。
田原氏
 市役所の売店に、八王子に関連する書籍コーナーがあるということはいいことですね。普通の書店では店頭にないようなものもあれば、大学生の研究材料にもなる。市役所の売店に来れば資料があるといった感じになれば素晴らしいと思います。
藤岡委員長
 実は今、親しまれるシティーホールづくりといった考え方で、売店のリニューアルを検討しています。
 歴史や地域の文化を大切にする八王子市のイメージを作りたいと思っているのですが。

八王子便箋

田原氏
 そうした面からも八王子事典を活用していただけるとうれしいですね。
藤岡委員長
 大変貴重な事典をたくさん寄贈していただき本当にありがとうございます。田原さんの思いを受け止めて、大切に活用させていただきたいと思います。本日はありがとうございました。

※この対談は、かたくら書店・田原氏から八王子事典の寄贈の申し出を受けた2月19日に実施したものです。編集責任ははぴねす編集委員会です。

 

*かたくら新書*
 かたくら書店(八王子市片倉町1221番地 TEL636-3331)が出版している八王子を中心とした新書版地位所シリーズ。1979年9月の発刊以来、48冊にのぼっている。分野も自然・気象・地誌・歴史・民俗・伝説・年表等広い範囲にわたり、八王子の地域文化を掘り起こし紹介するなど、地域所としてユニークなシリーズとなっている。


(「ざ・はぴねす」104号/2007.3.16)
▲top (上のメニューに戻ります)