3 2 3


 事業本部はこれまで組合の福利厚生事業としで取り組んできた自治労共済や労金.指定店契約や物資斡旋、民宿や遊戯施設の割り引きと補助、売店などの事業について、常に安定したサービスが提供できるよう体制を整えるものです。また、事業収益の有効還元や租税納付義務などにも適格、適法に対処するため、公認会計士と協議しながら運営します。
 なお事業本部は、組合の地域活動や地域団体との窓口にもなります。


【2016年度 事業本部役員体制】
役   職
氏  名
職   場
本部長
加藤 信明
市職(執行委員長)
本部長代行
岩田みさを
市職(副執行委員長)
副本部長
小泉 治彦
公共労(執行委員長)
岩見 知佳
臨職組合(執行委員長)
田中 輝昌
退職者会(会長)
事務局長
深澤 和宏
市職(書記次長)
会 計
五十嵐秀光
市職(会計)
事務局次長
前川 健一
市職(執行委員)
伊藤  薫
公共労(執行委員)
池田 佳美
臨職組合(副執行委員長)
菊地 文子
退職者会(事務局長)
事務局員
遠藤 隆史
市職(執行委員)
齊藤 智子
市職(執行委員)
柚井 利信
市職(執行委員)
監  事
米山 澄夫
市職(公園課)
榎本 清徳
退職者会(副会長)


(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● カウンセラーからの手紙 (2014年1月)
● 第8回 事業本部総会の開催 『非営利・相互扶助が事業本部の基本』 (2014年1月)
【2013年】
● カウンセラーからの手紙 その4 (2013年10月)
● 組合財政全体の見直しを検討 (2013年6月)
● 事業本部の今後の運営と取り組みについて (2013年3月)
● 2012年を振り返って (2013年1月)
● 第7回 事業本部総会の開催 『非営利・相互扶助が事業本部の基本』 (2013年1月)
【2012年】
● カウンセラーからの手紙 その2 (2012年3月)
● 事業本部の今後の運営・取り組みについて (2012年3月)
● カウンセラーからの手紙 その1 (2012年1月)
● 第6回 事業本部総会の開催 (2012年1月)
● 2012年度事業本部 ワークライフバランスの実現に向けて (2012年1月)
【2011年】
● カウンセラーからの手紙 最終・まとめ (2011年7月)
● カウンセラーからの手紙 その3 (2011年6月)
● カウンセラーからの手紙 その2 (2011年4月)
● カウンセラーからの手紙 その1 (2011年3月)
● 第5回事業本部総会の開催 (2011年1月)
● 新春座談会 特集『第11回文化祭に向けて』 (2011年1月)
【2010年】
● カウンセラーからの手紙 カウンセリングのききめとおすすめ (2010年1月)
● ワークライフバランスの実現に向けて (2010年1月)
● 2009年を振り返って (2010年1月)
【2009年】
● てい談「共助の地域社会を考える」 (2009年8月)
● 事業本部の取り組みについて検討 (2009年8月)
● 2009年八王子市職員等事業本部の活動 (2009年2月)
【2008年】
● 2008年を振り返って (2008年12月)
● 第3回事業本部総会開催 (2008年12月)
● 「こころの相談室」カウンセリングのご案内 (2008年9月)
● てい談 八王子の歴史、文化再発見 (2008年3月)
【2007年】
● 事業本部の目的と活動 〜第2回総会に向けて (2007年9月)
● カウンセラーからの手紙 (2007年9月)
● 第2回 事業本部総会を9月13日(木)に開催 (2007年6月)
● 第2回 住宅問題を考える会 (2007年6月)
● 安心して打ちあけられるカウンセラーがついています (2007年5月)
● カウンセラーからの手紙 (2007年2月)
● かたくら書店・田原 勘意氏 八王子事典800冊を事業本部に寄贈 (2007年3月)
● カウンセラーからの手紙 (2007年2月)
● 事業本部 2006年フォトレポート (2007年1月)
【2006年】
● 事業本部の各事業実績 (2006年12月)
● 事業本部と事業計画 (2006年9月)
● 第1回事業本部総会 (2006年9月)
● 第61回臨時大会 八王子市職員等事業本部の方針について (2006年7月)
● 事業本部の持続的な活動運営体制の強化を (2006年6月)
● 専門家による住宅問題を考える会 (2006年3月)
● 事業本部独自のカウンセリングを4月から実施 (2006年2月)
● 鼎談(ていだん) 生活支援、生きがい、働きがいを考える (2006年1月)
【2005年】
● 事業本部運営規程を改正 (2005年9月)
● 交流・ふれあい・わかちあい 第7回文化祭 (2005年9月)
● 事業本部インフォーメーション (2005年7月)
● 事業本部のプライバシーポリシー (2005年5月)
● 公務員賠償責任保険 ― 本年4月から実施 (2005年2月)
【2004年】
● 事業本部インフォーメーション (2004年10月)
● 公務員賠償責任保険の導入を検討 (2004年4月)
● 事業本部インフォーメーション (2004年3月)
● 事業本部インフォーメーション (2004年1月)
● 公務員賠償責任保険の導入について検討 (2004年1月)
● 事業本部インフォーメーション (2004年1月)
【2003年】
● 生涯にわたる生活設計サポート (2003年11月)
● 第1回職場委員会 事業本部設立を決定 (2003年4月)
● 自治労共済、売店、労金事業から3月を目途にスタート (2003年1月)
● 安定したライフサポート事業の新たな展開を (2003年1月)
● 相互扶助、非営利だからこそ安全で有利な事業が可能 (2003年1月)
【2002年】
● 経営不安の民間生保に代わる (2002年12月)
● 自治労団体生命共済モデルチェンジ(2003年度から)(2002年10月)
● 事業本部体制の確立を (2002年2月)

カウンセラーからの手紙 その2

 その2 うつ病はどんなふうに治っていくの?

 うつ病は風邪と同じくらいにありふれた病気です。「こころの風邪」といわれることもあります。でもうつ病はありふれた病気で治りやすいということは似ていますが、風邪のようにすぐに治る病気ではありません。
 例えるなら「心の骨折」というほうがふさわしく、治るためにはリハビリが必要です。
 必ず、治りますが、完治といえるまでには長い時間がかかるのです。
 経過が良好で職場復帰するなど、以前と同じ生活に戻った当初は心にギブスをはめているイメージを想像するといいでしょう。心が骨折していても外からは、見えないのです
 足にギブスをはめていれば、怪我をして重い荷物は持つことはできない、歩くのも大変だろうと、見てわかるので周りの人は手助けができることでしょう。
 心に骨折をしているから、骨がつながるのには2〜3ヶ月、前と同じように動けるのには、約一年かかると思ってください。
 また、体のほうが先に回復して仕事ができるようになりますが、心はそれより少し遅れて回復します。良くなったり戻ったりしながら、少しづつ治っていくのだということを理解して欲しいのです。

親しい人や身近な人の接し方の基本は?
・励ましてはいけない。頑張ってとか早く治してね。とか言わない。
・外出したときは疲れないように配慮する。
 ゆったりと一緒に過ごす時間と環境を作り、本人が話したい
ことを話せる聞き手になってください。

話をきくためのコツはあるの?
 ただ一心に聞いてあげることが、心に溜まっているストレスを発散させるので、聞いたことに対して、いちいちコメントしたり、意見を言うのは禁物です。
 よく言えることは、困っている話や悩んでいる話をすると聞いた人は自分なりに解釈して、説明や、アドバイスをしたくなってしまいます。これは、かえって本人を追い詰めることになるということを忘れないようにしてください。
「大変だね」とか「がんばったね」と伝えるだけで充分です。あいづちをうつのも、相手の言葉を繰り返したり、同意するだけにしましょう。
 聞くことは案外長時間がかかるものです。3時間は聞くつもりでいてください。
 同じ話が繰り返されるときがあるかもしれませんが、その話はもう聞いたなどといわずに何度でも聞いてください。その話は話す人にとって大切なことなのかもしれません。
 時と場合にもよりますが、生活上、時間の関係で、やむを得ず中断するときは、今はこういうわけで時間が取れないけど、この続きはいついつにしましょうなどと約束できるといいですね。途中で終わっても、また次回に話せると思うので、本人も聞く人も安心できます。
 充分話を聞いてもらえたと思ったとき、ストレスの半分以上は解消され、本来持っている力が沸いてきて、元気になれるのです。
「人の話しを聞く」ということは、簡単なようでいて実は結構難しいのですが、心がければ誰にでもできることです。親しい人がうつ病を完治されて、将来の希望を持った生活ができるように、「話を聞くこと」をお勧めします。



(「ざ・はぴねす」104号/2007.3.16)
▲top (上のメニューに戻ります)