3 6 2 3


 事業本部はこれまで組合の福利厚生事業としで取り組んできた自治労共済や労金.指定店契約や物資斡旋、民宿や遊戯施設の割り引きと補助、売店などの事業について、常に安定したサービスが提供できるよう体制を整えるものです。また、事業収益の有効還元や租税納付義務などにも適格、適法に対処するため、公認会計士と協議しながら運営します。
 なお事業本部は、組合の地域活動や地域団体との窓口にもなります。


【2016年度 事業本部役員体制】
役   職
氏  名
職   場
本部長
加藤 信明
市職(執行委員長)
本部長代行
岩田みさを
市職(副執行委員長)
副本部長
小泉 治彦
公共労(執行委員長)
岩見 知佳
臨職組合(執行委員長)
田中 輝昌
退職者会(会長)
事務局長
深澤 和宏
市職(書記次長)
会 計
五十嵐秀光
市職(会計)
事務局次長
前川 健一
市職(執行委員)
伊藤  薫
公共労(執行委員)
池田 佳美
臨職組合(副執行委員長)
菊地 文子
退職者会(事務局長)
事務局員
遠藤 隆史
市職(執行委員)
齊藤 智子
市職(執行委員)
柚井 利信
市職(執行委員)
監  事
米山 澄夫
市職(公園課)
榎本 清徳
退職者会(副会長)


(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● カウンセラーからの手紙 (2014年1月)
● 第8回 事業本部総会の開催 『非営利・相互扶助が事業本部の基本』 (2014年1月)
【2013年】
● カウンセラーからの手紙 その4 (2013年10月)
● 組合財政全体の見直しを検討 (2013年6月)
● 事業本部の今後の運営と取り組みについて (2013年3月)
● 2012年を振り返って (2013年1月)
● 第7回 事業本部総会の開催 『非営利・相互扶助が事業本部の基本』 (2013年1月)
【2012年】
● カウンセラーからの手紙 その2 (2012年3月)
● 事業本部の今後の運営・取り組みについて (2012年3月)
● カウンセラーからの手紙 その1 (2012年1月)
● 第6回 事業本部総会の開催 (2012年1月)
● 2012年度事業本部 ワークライフバランスの実現に向けて (2012年1月)
【2011年】
● カウンセラーからの手紙 最終・まとめ (2011年7月)
● カウンセラーからの手紙 その3 (2011年6月)
● カウンセラーからの手紙 その2 (2011年4月)
● カウンセラーからの手紙 その1 (2011年3月)
● 第5回事業本部総会の開催 (2011年1月)
● 新春座談会 特集『第11回文化祭に向けて』 (2011年1月)
【2010年】
● カウンセラーからの手紙 カウンセリングのききめとおすすめ (2010年1月)
● ワークライフバランスの実現に向けて (2010年1月)
● 2009年を振り返って (2010年1月)
【2009年】
● てい談「共助の地域社会を考える」 (2009年8月)
● 事業本部の取り組みについて検討 (2009年8月)
● 2009年八王子市職員等事業本部の活動 (2009年2月)
【2008年】
● 2008年を振り返って (2008年12月)
● 第3回事業本部総会開催 (2008年12月)
● 「こころの相談室」カウンセリングのご案内 (2008年9月)
● てい談 八王子の歴史、文化再発見 (2008年3月)
【2007年】
● 事業本部の目的と活動 〜第2回総会に向けて (2007年9月)
● カウンセラーからの手紙 (2007年9月)
● 第2回 事業本部総会を9月13日(木)に開催 (2007年6月)
● 第2回 住宅問題を考える会 (2007年6月)
● 安心して打ちあけられるカウンセラーがついています (2007年5月)
● カウンセラーからの手紙 (2007年2月)
● かたくら書店・田原 勘意氏 八王子事典800冊を事業本部に寄贈 (2007年3月)
● カウンセラーからの手紙 (2007年2月)
● 事業本部 2006年フォトレポート (2007年1月)
【2006年】
● 事業本部の各事業実績 (2006年12月)
● 事業本部と事業計画 (2006年9月)
● 第1回事業本部総会 (2006年9月)
● 第61回臨時大会 八王子市職員等事業本部の方針について (2006年7月)
● 事業本部の持続的な活動運営体制の強化を (2006年6月)
● 専門家による住宅問題を考える会 (2006年3月)
● 事業本部独自のカウンセリングを4月から実施 (2006年2月)
● 鼎談(ていだん) 生活支援、生きがい、働きがいを考える (2006年1月)
【2005年】
● 事業本部運営規程を改正 (2005年9月)
● 交流・ふれあい・わかちあい 第7回文化祭 (2005年9月)
● 事業本部インフォーメーション (2005年7月)
● 事業本部のプライバシーポリシー (2005年5月)
● 公務員賠償責任保険 ― 本年4月から実施 (2005年2月)
【2004年】
● 事業本部インフォーメーション (2004年10月)
● 公務員賠償責任保険の導入を検討 (2004年4月)
● 事業本部インフォーメーション (2004年3月)
● 事業本部インフォーメーション (2004年1月)
● 公務員賠償責任保険の導入について検討 (2004年1月)
● 事業本部インフォーメーション (2004年1月)
【2003年】
● 生涯にわたる生活設計サポート (2003年11月)
● 第1回職場委員会 事業本部設立を決定 (2003年4月)
● 自治労共済、売店、労金事業から3月を目途にスタート (2003年1月)
● 安定したライフサポート事業の新たな展開を (2003年1月)
● 相互扶助、非営利だからこそ安全で有利な事業が可能 (2003年1月)
【2002年】
● 経営不安の民間生保に代わる (2002年12月)
● 自治労団体生命共済モデルチェンジ(2003年度から)(2002年10月)
● 事業本部体制の確立を (2002年2月)

第2回事業本部総会を9月13日(木)に開催

 八王子市職員等事業本部の第2回総会を9月13日(木)午後6時から本庁で開催します。
 事業本部は、(1)福利厚生、共済事業。(2)野球大会、文化祭、ファミリーフェスタなど各種イベント。(3)地域交流やボランティア活動、文化活動など幅広い福利厚生事業を取り組んできました。総会では1年間の活動報告と今後の事業計画について協議し決定します。


生涯にわたる暮らしの設計、正しい生活情報でリスクの回避を
 事業本部の中心的な取り組みは自治労共済(基本型、団体生命、長期共済、自動車共済、火災共済など)、労金事業(財形貯蓄や個人融資)、各種物資斡旋事業施設利用割引など暮らしに必要な各種サービスを実施しています。
 また、市町村職員共済組合や互助会などに働きかけ、それぞれの団体の事業特性を有効に活用できるよう取り組んでいます。
 例えば、市町村職員共済組合では良質な医療機関の人間ドック補助を実施し、互助会では個人負担分の補助制度を予算化し、療養を必要とする場合は公的医療保険に加えて自治労団体生命共済でカバーする、といった考え方です。
 こうした活動は、使用者側とともに、市町村職員共済組合の組合側役員、互助会の組合代表、そして自治労共済担当役員などによって日々になわれています。

【正しい情報が生活を守る】
 さらに重要な取り組みは正しい生活情報の提供です。私達の周辺には金融やサービス産業、食品や生活物資全般にわたって不正、詐欺、違法が横行しているといっても過言ではありません。こうしたリスク(危険)を回避するために、正しい生活情報を提供するのも事業本部の役割りです。
消費生活情報シリーズ参照


総会終了後、八王子車人形(家元・西川古柳氏)を上演
   地域文化、歴史の継承、内面の豊かさを大切にしよう

八王子車人形・家元西川古柳氏
    (5/5 ふるさとの里講演)

 事業本部では会員・家族のスポーツ、文化活動を約30の各クラブの活動をつうじて積極的に推進します。各クラブが企画・実施しているイベント参加者も拡大しています。
 ファミリーフェスティバル(サマーランド)や文化祭、など、組織のスケールメリットを生かした大規模な家族向け事業も継続して開催します。

【地域交流・文化・ボランティア活動の推進】
 文化祭をつうじて地元の元本郷町会、各種市民団体、新潟県十日町市松代や三宅島島民との交流は、事業本部の開かれた活動として重要です。
 また地域の歴史、文化の継承という意味から、市内の歴史・文化団体、八王子車人形古柳座、たましん地域文化財団との交流・連携も取り組んできました。
 こうした活動はこれまで労働組合の福利厚生活動ではほとんど取り組まれていません。しかし、経済的な利益だけでなく、内面的な豊かさを求める活動もこれまで以上に重要です。



(「ざ・はぴねす」108号/2007.6.29)
▲top (上のメニューに戻ります)