1 3 6 2 3 10


 事業本部はこれまで組合の福利厚生事業としで取り組んできた自治労共済や労金.指定店契約や物資斡旋、民宿や遊戯施設の割り引きと補助、売店などの事業について、常に安定したサービスが提供できるよう体制を整えるものです。また、事業収益の有効還元や租税納付義務などにも適格、適法に対処するため、公認会計士と協議しながら運営します。
 なお事業本部は、組合の地域活動や地域団体との窓口にもなります。


【2016年度 事業本部役員体制】
役   職
氏  名
職   場
本部長
加藤 信明
市職(執行委員長)
本部長代行
岩田みさを
市職(副執行委員長)
副本部長
小泉 治彦
公共労(執行委員長)
岩見 知佳
臨職組合(執行委員長)
田中 輝昌
退職者会(会長)
事務局長
深澤 和宏
市職(書記次長)
会 計
五十嵐秀光
市職(会計)
事務局次長
前川 健一
市職(執行委員)
伊藤  薫
公共労(執行委員)
池田 佳美
臨職組合(副執行委員長)
菊地 文子
退職者会(事務局長)
事務局員
遠藤 隆史
市職(執行委員)
齊藤 智子
市職(執行委員)
柚井 利信
市職(執行委員)
監  事
米山 澄夫
市職(公園課)
榎本 清徳
退職者会(副会長)


(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● カウンセラーからの手紙 (2014年1月)
● 第8回 事業本部総会の開催 『非営利・相互扶助が事業本部の基本』 (2014年1月)
【2013年】
● カウンセラーからの手紙 その4 (2013年10月)
● 組合財政全体の見直しを検討 (2013年6月)
● 事業本部の今後の運営と取り組みについて (2013年3月)
● 2012年を振り返って (2013年1月)
● 第7回 事業本部総会の開催 『非営利・相互扶助が事業本部の基本』 (2013年1月)
【2012年】
● カウンセラーからの手紙 その2 (2012年3月)
● 事業本部の今後の運営・取り組みについて (2012年3月)
● カウンセラーからの手紙 その1 (2012年1月)
● 第6回 事業本部総会の開催 (2012年1月)
● 2012年度事業本部 ワークライフバランスの実現に向けて (2012年1月)
【2011年】
● カウンセラーからの手紙 最終・まとめ (2011年7月)
● カウンセラーからの手紙 その3 (2011年6月)
● カウンセラーからの手紙 その2 (2011年4月)
● カウンセラーからの手紙 その1 (2011年3月)
● 第5回事業本部総会の開催 (2011年1月)
● 新春座談会 特集『第11回文化祭に向けて』 (2011年1月)
【2010年】
● カウンセラーからの手紙 カウンセリングのききめとおすすめ (2010年1月)
● ワークライフバランスの実現に向けて (2010年1月)
● 2009年を振り返って (2010年1月)
【2009年】
● てい談「共助の地域社会を考える」 (2009年8月)
● 事業本部の取り組みについて検討 (2009年8月)
● 2009年八王子市職員等事業本部の活動 (2009年2月)
【2008年】
● 2008年を振り返って (2008年12月)
● 第3回事業本部総会開催 (2008年12月)
● 「こころの相談室」カウンセリングのご案内 (2008年9月)
● てい談 八王子の歴史、文化再発見 (2008年3月)
【2007年】
● 事業本部の目的と活動 〜第2回総会に向けて (2007年9月)
● カウンセラーからの手紙 (2007年9月)
● 第2回 事業本部総会を9月13日(木)に開催 (2007年6月)
● 第2回 住宅問題を考える会 (2007年6月)
● 安心して打ちあけられるカウンセラーがついています (2007年5月)
● カウンセラーからの手紙 (2007年2月)
● かたくら書店・田原 勘意氏 八王子事典800冊を事業本部に寄贈 (2007年3月)
● カウンセラーからの手紙 (2007年2月)
● 事業本部 2006年フォトレポート (2007年1月)
【2006年】
● 事業本部の各事業実績 (2006年12月)
● 事業本部と事業計画 (2006年9月)
● 第1回事業本部総会 (2006年9月)
● 第61回臨時大会 八王子市職員等事業本部の方針について (2006年7月)
● 事業本部の持続的な活動運営体制の強化を (2006年6月)
● 専門家による住宅問題を考える会 (2006年3月)
● 事業本部独自のカウンセリングを4月から実施 (2006年2月)
● 鼎談(ていだん) 生活支援、生きがい、働きがいを考える (2006年1月)
【2005年】
● 事業本部運営規程を改正 (2005年9月)
● 交流・ふれあい・わかちあい 第7回文化祭 (2005年9月)
● 事業本部インフォーメーション (2005年7月)
● 事業本部のプライバシーポリシー (2005年5月)
● 公務員賠償責任保険 ― 本年4月から実施 (2005年2月)
【2004年】
● 事業本部インフォーメーション (2004年10月)
● 公務員賠償責任保険の導入を検討 (2004年4月)
● 事業本部インフォーメーション (2004年3月)
● 事業本部インフォーメーション (2004年1月)
● 公務員賠償責任保険の導入について検討 (2004年1月)
● 事業本部インフォーメーション (2004年1月)
【2003年】
● 生涯にわたる生活設計サポート (2003年11月)
● 第1回職場委員会 事業本部設立を決定 (2003年4月)
● 自治労共済、売店、労金事業から3月を目途にスタート (2003年1月)
● 安定したライフサポート事業の新たな展開を (2003年1月)
● 相互扶助、非営利だからこそ安全で有利な事業が可能 (2003年1月)
【2002年】
● 経営不安の民間生保に代わる (2002年12月)
● 自治労団体生命共済モデルチェンジ(2003年度から)(2002年10月)
● 事業本部体制の確立を (2002年2月)

カウンセラーからの手紙

 新年度に入り、早4ヶ月、仕事や生活に変化のあった方もようやく落ち着いてきた頃でしょうか。
 こころの相談室は、2年目に入りました。週2回、様々な職場の皆様にご利用いただいています。
 今回は、今までのご相談内容を、さしつかえない範囲でご紹介しましょう。

 その1 どんな相談・・・?

 主な相談内容は、職場の人間関係、仕事内容、家族との関係、心身の不調などです。男女別では、女性が圧倒的に多く、20代から50代の女性です。男性は30代から60代でした。未婚女性は、職場の上司との関係、仕事内容、将来の人生設計、結婚、心身の不調などです。
 既婚女性は、職場の上司や同僚との関係、仕事内容、夫婦関係、子育て、家族の心配事、心身の不調などです。40代から上の既婚女性では、仕事、夫婦関係、家族、心身の不調、更年期障害などのいくつも心配事の重なった状態で、相談室を訪れる方も多くありました。
 男性の場合は職場復帰に関する相談、近隣の困りごと、心身の不調などです。
 多くの男性は、自分の気持ちを人に話すのは不得意だといわれています。辛い気持ちや体調の不調を、ぎりぎりまで我慢してしまうので、気が付いたときには、体や心の調子を崩してしまう方がとても多いのです。
 相談室を利用される男性が少ないのは、時間の都合がつかないのか、それとも、カウンセリングに対しての偏見が多いのでしょうか。男性には、他言することによってご自身の情報が漏れるのではないだろうかと用心される思いが女性より強いのでしょうか。ご心配の点について少し説明させていただきます。

 その2 カウンセラーの守秘義務

 カウンセラーは、カウンセリングをスムースに行うための資料として名前や年齢など、最低限の必要事項をお聞きいたしますが、その情報や内容に関しては、すべて一切は秘匿を遵守することが義務になっております。相談室で行われたカウンセリングは、組合の運営上、最低限必要な範囲で、利用人数、匿名での年齢、職種、先に書きました簡単な相談内容をカウンセラーが、定期的に組合の担当者に統計報告しています。
 匿名で個人情報などの秘密は確実に守られていますので、どうぞ、安心してご利用下さい。

 その3 カウンセラーは気持の整理のお手伝い

 気になることや心配事をためこんで、日々をすごしていくうちに知らず知らずのうちにこころ疲れがたまっていくことが多いのです。仕事や体調に影響が出てきてしまってからでは、元通りになるまでにかなりの時間と費用もかかりますし、なによりもご自身もご家族も辛い思いをされることになります。
 最後になりますが、こころの相談室と名前がついていますが、一般的な相談とはちょっと違います。
 相談と書くと、人生相談と勘違いされる方が多いです。前にお話しましたが、カウンセリングでは悩みや質問にこうしたらいいですよとカウンセラーがお答えすることはありません。それはなぜかというと、実は皆さんが問題と思っていることの答えはご自身がすでに持っているのです。ただ、そこに至るまでに重なった気持ちや今まで身につけてきた考え方などが邪魔をして、堂々巡りの状態になっているのです。まずは、溜まってしまった思いや考えを気の向くままにお話されて、気持ちを整理されると、だんだん心の中がすっきりしてきて、解決の方向がみえてきます。その整理や解決へのお手伝いをするのがカウンセラーです。
 と言うことは差し迫った問題が無くてもいいのです。とくに無いときこそいい機会かもしれません。
 ちょっとたまった気持ちを話しに、ひとりごとを聞いてもらいたいときにもお気軽においでください。
 自分だけを見つめるちょっとした時間を持つことが、心と体の健康を保つために大変効果があります。
 相談室の積極的なご利用を、こころよりお待ちしています。




(「ざ・はぴねす」110号/2007.9.3)
▲top (上のメニューに戻ります)