5


 事業本部はこれまで組合の福利厚生事業としで取り組んできた自治労共済や労金.指定店契約や物資斡旋、民宿や遊戯施設の割り引きと補助、売店などの事業について、常に安定したサービスが提供できるよう体制を整えるものです。また、事業収益の有効還元や租税納付義務などにも適格、適法に対処するため、公認会計士と協議しながら運営します。
 なお事業本部は、組合の地域活動や地域団体との窓口にもなります。


【2016年度 事業本部役員体制】
役   職
氏  名
職   場
本部長
加藤 信明
市職(執行委員長)
本部長代行
岩田みさを
市職(副執行委員長)
副本部長
小泉 治彦
公共労(執行委員長)
岩見 知佳
臨職組合(執行委員長)
田中 輝昌
退職者会(会長)
事務局長
深澤 和宏
市職(書記次長)
会 計
五十嵐秀光
市職(会計)
事務局次長
前川 健一
市職(執行委員)
伊藤  薫
公共労(執行委員)
池田 佳美
臨職組合(副執行委員長)
菊地 文子
退職者会(事務局長)
事務局員
遠藤 隆史
市職(執行委員)
齊藤 智子
市職(執行委員)
柚井 利信
市職(執行委員)
監  事
米山 澄夫
市職(公園課)
榎本 清徳
退職者会(副会長)


(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● カウンセラーからの手紙 (2014年1月)
● 第8回 事業本部総会の開催 『非営利・相互扶助が事業本部の基本』 (2014年1月)
【2013年】
● カウンセラーからの手紙 その4 (2013年10月)
● 組合財政全体の見直しを検討 (2013年6月)
● 事業本部の今後の運営と取り組みについて (2013年3月)
● 2012年を振り返って (2013年1月)
● 第7回 事業本部総会の開催 『非営利・相互扶助が事業本部の基本』 (2013年1月)
【2012年】
● カウンセラーからの手紙 その2 (2012年3月)
● 事業本部の今後の運営・取り組みについて (2012年3月)
● カウンセラーからの手紙 その1 (2012年1月)
● 第6回 事業本部総会の開催 (2012年1月)
● 2012年度事業本部 ワークライフバランスの実現に向けて (2012年1月)
【2011年】
● カウンセラーからの手紙 最終・まとめ (2011年7月)
● カウンセラーからの手紙 その3 (2011年6月)
● カウンセラーからの手紙 その2 (2011年4月)
● カウンセラーからの手紙 その1 (2011年3月)
● 第5回事業本部総会の開催 (2011年1月)
● 新春座談会 特集『第11回文化祭に向けて』 (2011年1月)
【2010年】
● カウンセラーからの手紙 カウンセリングのききめとおすすめ (2010年1月)
● ワークライフバランスの実現に向けて (2010年1月)
● 2009年を振り返って (2010年1月)
【2009年】
● てい談「共助の地域社会を考える」 (2009年8月)
● 事業本部の取り組みについて検討 (2009年8月)
● 2009年八王子市職員等事業本部の活動 (2009年2月)
【2008年】
● 2008年を振り返って (2008年12月)
● 第3回事業本部総会開催 (2008年12月)
● 「こころの相談室」カウンセリングのご案内 (2008年9月)
● てい談 八王子の歴史、文化再発見 (2008年3月)
【2007年】
● 事業本部の目的と活動 〜第2回総会に向けて (2007年9月)
● カウンセラーからの手紙 (2007年9月)
● 第2回 事業本部総会を9月13日(木)に開催 (2007年6月)
● 第2回 住宅問題を考える会 (2007年6月)
● 安心して打ちあけられるカウンセラーがついています (2007年5月)
● カウンセラーからの手紙 (2007年2月)
● かたくら書店・田原 勘意氏 八王子事典800冊を事業本部に寄贈 (2007年3月)
● カウンセラーからの手紙 (2007年2月)
● 事業本部 2006年フォトレポート (2007年1月)
【2006年】
● 事業本部の各事業実績 (2006年12月)
● 事業本部と事業計画 (2006年9月)
● 第1回事業本部総会 (2006年9月)
● 第61回臨時大会 八王子市職員等事業本部の方針について (2006年7月)
● 事業本部の持続的な活動運営体制の強化を (2006年6月)
● 専門家による住宅問題を考える会 (2006年3月)
● 事業本部独自のカウンセリングを4月から実施 (2006年2月)
● 鼎談(ていだん) 生活支援、生きがい、働きがいを考える (2006年1月)
【2005年】
● 事業本部運営規程を改正 (2005年9月)
● 交流・ふれあい・わかちあい 第7回文化祭 (2005年9月)
● 事業本部インフォーメーション (2005年7月)
● 事業本部のプライバシーポリシー (2005年5月)
● 公務員賠償責任保険 ― 本年4月から実施 (2005年2月)
【2004年】
● 事業本部インフォーメーション (2004年10月)
● 公務員賠償責任保険の導入を検討 (2004年4月)
● 事業本部インフォーメーション (2004年3月)
● 事業本部インフォーメーション (2004年1月)
● 公務員賠償責任保険の導入について検討 (2004年1月)
● 事業本部インフォーメーション (2004年1月)
【2003年】
● 生涯にわたる生活設計サポート (2003年11月)
● 第1回職場委員会 事業本部設立を決定 (2003年4月)
● 自治労共済、売店、労金事業から3月を目途にスタート (2003年1月)
● 安定したライフサポート事業の新たな展開を (2003年1月)
● 相互扶助、非営利だからこそ安全で有利な事業が可能 (2003年1月)
【2002年】
● 経営不安の民間生保に代わる (2002年12月)
● 自治労団体生命共済モデルチェンジ(2003年度から)(2002年10月)
● 事業本部体制の確立を (2002年2月)

カウンセラーからの手紙 その4




 暑すぎた夏も過ぎて、ようやく落ち着いた季節になりました。皆さまお元気でしょうか。
 さて、数か月前某新聞の朝刊に、「心の病 受診2割増」という見出しがありました。受診状況を調べると
 サラリーマンの仕事のストレスが原因となる病気が大半を占めていることがわかりました。
 心の不調に気づいたら早めに受診すること。本人も気づかないときは、上司や同僚が不調のサインを見逃さないこと。早めの受診で、重症化を防げるとありました。
 受診が増えた理由として、「心の病への理解が広がり、受診の心理的ハードルが低くなった面もある」と、メンタルヘルスの専門家が分析しているそうです。
 実は、早めの受診で、重症化を防げるというのは、確証のあるお話ではありません。
 心の病は身体器官の病気と違って、薬を飲んで静養し時が経てば、確実に治るとは言いきれない病気だからです。相談室で休職中や治療中の皆様のカウンセリングを行ってきた経験から、心の病の治療法とカウンセリングについて少々お話したいと思います。

 おすすめ、その(1) 受診を考えたら、まず相談。

 急いで受診する状況なのか、それとも困っている状況に、なにか対処方法があるのかをご一緒に検討します。
 すぐに受診をお勧めしない理由は、今行われている精神病の治療法は、薬物療法が中心だからです。
 薬物療法とは、抗鬱薬、精神安定剤、睡眠薬などを症状に応じて何種類かを組み合わせて、処方したものを継続的に服薬していく治療法です。現在、単剤についての副作用の検証はありますが、多剤を同時に服用した時の検証は無く、単剤での副作用も全くないとは言えない状況です。ですから、できれば薬は最小限の量で、いつまでも薬に頼らないで減薬していき、回復を目指して行く方法を試してほしいと思います。


 ききめ、その(1) 治療効果が上がる。

 とりあえず、相談に来た方が、他の疾患に気づくこともあります。もし薬に頼らず済む段階であれば、カウンセリングを続けることによって、もとのように、さらにはもっと楽に生活できるようになります。
 また、薬物療法を受けながら、カウンセリングを併用すると、治療効果が上がり、早い回復が望めます。

 おすすめ、その(2) 心の病予防を兼ねて、ストレス解消。

 相談室の一番の目的はこころの病の予防です。
 困りごとや人間関係の悩み、誰にも話せないと抱え込んでいることがあったら、話しに来てください。
 我慢して黙っていることは、心の負担を増やすことになります。もちろん、話すだけでは、黙っていれば消えるものでもありません。ご一緒にどうしたらいいか対処方法や対策を考えます。

 ききめ、その(2) 気持ちがすっきりして、少し楽になる。

 親しいご家族や友人に相談すると、理解してもらえてないなあと感じることはありませんか。
 また、皆忙しくて時間を割いてもらうのも気が引けるなど、お話する時間はあるようで少ないのが現実です。
 先日相談に来られた方は 「お友達に愚痴や心配事を話したくないので来ました。忙しい合間を見つけてやっと会えたお友達とは、楽しい時を過ごしたいから」とお話されました。
「愚痴や心配事はプロに話してすっきりさせる。」これは、とても賢い利用法だと思います。

 さあ、気になることがあったら、この際思い切って、お話に来てくださいね。
 相談室でのお話の内容は秘密厳守ですから、安心してお話できます。皆さまのご予約をお待ちしています。


「こころの相談室」 *カウンセリングのご案内*
【実施日】 毎週火曜・金曜
【時 間】 16:00〜19:00
【場 所】 ハマナカビル2F 原爆資料館
【1 回】 50分
【費 用】 1,000円(自己負担額)
【申し込み】 下記のとおりの電話予約です。

Tel. 080−5512−3616

■申し込み日時と時間
 前日までに電話予約して下さい。
 月曜から金曜まで、8:30〜17:00にお願いします。

■申し込み予約の方法
予約電話はカウンセラー直通です。
移動中などで繋がらないときは、時間をおいて再度お電話いただくか留守番電話センターにご伝言下さい。

■留守番電話予約の場合
*以下の5点を留守番電話に録音して
 下さい。
 (1)予約日 (2)時間 (3)予約のためのお好きな4桁の番号
 (4)連絡先の電話番号 (5)連絡する際の希望時間
*予約が取れているときは確認のお電話はしません。
 取れなかった場合のみ、こちらから希望時間内にご連絡いたします。

■カウンセラー
 NPO法人日本カウンセリングカレッジ認定カウンセラー
  日本心理学会認定心理士 産業カウンセラー
    長島 恵子 氏



 

(「ざ・はぴねす」147号/2013.10.30)
▲top (上のメニューに戻ります)