(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● 第13回八王子まつり 資源循環・分別収集ボランティアに延べ710人が参加 (2014年9月)
● 第13回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2014年6月)
【2013年】
● 第12回八王子まつり 資源循環・分別収集ボランティアに延べ506人が参加 (2013年10月)
● 第12回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2013年6月)
● 1年間の予定で震災復興に従事している派遣職員の川村 貞二 さん(水循環部付)を訪問! (2013年1月)
【2012年】
● 第11回地球にやさしい 八王子まつり 分別収集ボランティアに延べ917名の方々が参加 (2012年9月)
● 第11回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2012年6月)
● 第11回八王子まつり・分別収集ボランティア 開催日が内定! (2012年3月)
● 新春特集 東日本大震災復興支援と今後 (2012年1月)
【2011年】
● 東日本大震災復興支援 仙台市職へ訪問 (2011年10月)
● 東日本大震災復興支援活動 事業本部も被災地支援に協力 (2011年8月)
● 八王子まつり「資源循環・分別収集ボランティア」中止のお知らせ (2011年7月)
● 東日本大震災 復興支援 4月から自治労の本格的な支援活動を開始 (2011年6月)
● 東日本大震災 復興支援 行政も自治労も最大限の協力体制 (2011年5月)
● 東日本大震災、救援活動本格化 行政組織としての最大限の支援を取り組もう (2011年4月)
● 東日本大震災 “今、何ができるか” (2011年3月)
【2010年】
● 地球にやさしい 八王子まつり 分別収集ボランティアに延べ582名が参加 (2010年10月)
● 地球にやさしい八王子まつり 第10回 資源循環・分別収集ボランティア実施 (2010年6月)
● 松代雪下ろしボランティア開催 大雪を乗り越え交流 (2010年3月)
【2009年】
● 地球にやさしい 八王子まつり 新たなコミュニティづくりを (2009年9月)
● 八王子まつりボランティア 分別ステーションを軸に八王子まつりと環境保護の融合を (2009年9月)
● 八王子まつり実行委員会開催 地球にやさしい八王子まつり (2009年4月)
【2008年】
● 地球にやさしい 八王子まつり (2008年9月)
● 八王子まつり 分別収集ボランティア 参加者大募集! (2008年7月)
● 八王子まつり 分別収集ボランティアに参加しよう (2008年5月)
【2007年】
● 八王子まつり 分別・収集ボランティア338名参加 (2007年8月)
● 八王子まつり  分別・清掃ボランティアに参加しよう (2007年6月)
【2006年】
● 雪下ろしボランティアを実施します (2006年12月)
● 組合員・家族、民間労組、学生、一般市民のべ387人参加 (2006年8月)
● きれいで安心・八王子まつり 今年で5回目、分別収集ボランティアへ参加 (2006年7月)
● 豪雪の新潟、十日町、小千谷で雪下ろしボランティア実施 (2006年2月)
【2005年】
● 八王子まつり「ゴミ」分別収集ボランティア(8月5日〜7日)のべ263人が参加 (2005年9月)
● 第9期 連合東京ボランティア・サポートチーム募集 (2005年4月)
● 青年部主催 豪雪の松代町雪下ろしボランティア (2005年4月)
● ボランティア活動、その基本的な考えについて (2005年2月)
● 1月17日 阪神・淡路大震災から10年 (2005年1月)
● 中越地震の行政ボランティア活動について、
    十日町市長からお礼のメッセージが届きました (2005年1月)
● 第2回/新潟県・中越地震 (2005年1月)
【2004年】
● 第1回/新潟県・中越地震 (2004年12月)
● 新潟県・中越地震災害救援ボランティア (2004年11月)
● 八王子まつり 清掃・分別収集ボランティアのべ283人の参加で10トン以上収集 (2004年8月)
● 第8期連合東京ボランティアサポートチームに参加して (2004年7月)
● 八王子まつり(8月6日〜8日)まつり期間中の
    ゴミ・資源の分別指導ボランティアを実施します (2004年7月)
● 八王子まつり(8月6日〜8日)ボランティア募集 (2004年6月)
【2003年】
● 八王子まつりボランティア (2003年8月)
● 雪下ろしボランティア雪国で汗をかき交流 (2003年2月)
【2002年】
● ボランティアと職務の関係の整理一基本的な考え方を確認−ただちに職場点検を (2002年10月)
● 八王子まつりボランティアのベ200人以上の組合員・地域協力者が
   参加ご協力ありがとうございました (2002年7月)
● 八王子まつりボランティア (2002年5月)
● 地域交流・ボランティア (2002年5月)
【2001年】
● 第41回八王子祭りボランティア募集 (2001年7月)
● 自律と協働のボランティアは地域社会の要、労働組合の地域活動にも不可欠 (2001年5月)

自律と協働のボランティアは地域社会の要、労働組合の地域活動にも不可欠 

 

 阪神・淡路救援活動に学ぶ ―協力と信頼のネットワーク
 ▲福祉施設で演奏する
 市職尺八部・徳吹会の皆さん

 かつてボランティアというと弱者救済的な活動と狭く理解される傾向がありました。また、組織的、継続的なものではなく自然発生的で不確実なイメージもありました。しかしここ数年、とくに阪神・淡路大震災以降、ボランティア活動の社会的な役割は大きく見直され、NPO法の成立につながりました。
 八王子市職も阪神・淡路大震災の救援活動を通じて、ボランティア活動の実践を経験しました。当時、時間が経つほどに死者や行方不明者の数が増え、できることは何でもしよう、救援物資を現地に送ろう、組合宣伝カーをトラック代わりに使おう…と、ごく自然に考え実践しました。そして現地では、見ず知らずの支援者が一つの目的で協力し、信頼が育まれていきました。
 ボランティア活動は、この時点で狭い意味での弱者救済ではなく、共同社会には不可欠な活動、自由・競争を根本原則とする社会にあっても必要な活動と位置付けられました。企業から宗教団体までボランティア活動に参加するのを見ても明らかです。

 

 ボランティアは自律と協働

 ボランティアの意味は、「自発的に、無報酬(無益)で公共的な活動をする個人」と言われています。左にある日本ボランティア学会の設立趣意書にも「ボランティアこそ、人間の自律性と協働性を新たに構築する実践であり…」と記されています。人間は束縛から自由を獲得し、協力し合い、社会を創造してきました。自律性と協働性は、言うならば人間の原点であり目標ともいえます。そう考えると、自由の国といわれる米国でボランティア活動が市民社会に定着していることもうなずけます。

 市職各クラブの取り組み ―地域活動がボランティアにつながる

 ボランティア活動は必然的に地域社会との関係を生み出します。逆に考えれば、組合の地域活動は、ごく自然にボランティア活動の領域に踏み込みます。例えば八王子障害者団体連絡協議会(八障連)との交流を通じて、障害者の皆さんとボウリング大会を開催し(当初、市職ボウリング部が中心になりました)、広島・長崎の原爆被爆者の皆さんとともに原爆資料を収集し保存する活動(八王子原爆資料館)もその一つです。
 最近では、三宅島の避難島民支援と、雇用促進の働きかけも進めています。また、市職尺八部(徳吹会)の皆さんが高齢者施設で演奏会を開くなど、各クラブもそれぞれ地域で活動しています。
 一方、連合や自治労でもボランティアサポートチームを作り、八王子市職も随時参加しています。

 ボランティア活動の実践 ―自発的、協働的な取り組みを

 現在労使交渉でボランティア休暇の制度化が進められていますが、ここでのボランティア活動は、災害支援や福祉施設の活動など、かなり限定的です。しかしこれまで述べてきたように、ボランティア活動は、自発的なものであり、休暇制度があるから取り組むといったものではありません。

*NPOについて
Non-profit organizationの略。非営利法人。民間非営利団体。収益事業を目的とせず、公益的事業を進める団体。

もちろんボランティア休暇の交渉は進めますが、何よりも実践が問われるものであり、休暇制度はボランティア活動の時間を捻出する補助的制度といえます。
 地域と密接不可分な公務労働に従事する労働組合として、ボランティア活動に参加することは非常に重要なことといえます。しかし原則はあくまで自発的、協働的な取り組みとして進めるべきものといえます。

 

 日本ボランティア学会設立趣意書から

 私たちは今、これまで日本を支えてきた社会システムと価値システムが崩壊する混迷の時代を生きています。とりわけ社会システム「制度疲労」をきたし、政治、経済、文化、生活のあらゆる分野で機能不全の状態に陥っています。
 このような時代状況にあって、私たちは、人間社会の基底をなすサブシステンス(自律的生存)領域の活動をいかに協働して回復し、再構築するか、という問いに導かれて混迷を抜け出す新しい回路を発見していきたいと考えています。
 日本は官主導の社会が終焉を迎え、普通の人々も公益の担い手であるという新しい公共性の考え方が根を張ろうとしています。そのなかで、私たちはボランティアの役割について新しい評価をしていきたいと考えます。ボランティアこそ、人間の自律性と協働性を新たに構築する実践であり、その実践のなかに未来をひらく新しい回路があるにちがいないからです。
 ボランティアといっても、対象が多様であり、価値観も多元的であるため、これまで活動の経験を体系づけ、蓄積した情報を共有するシステムがないに等しい状態でした。そのために日本ではボランティアの位置はともすれば低く見られがちでした。

 ボランティアの能力を高めること、その社会的なイメージを高めることを目標として、自律と協働にもとづく経験を知の体系に織り成し、その知の力を実践にもどすために、日本ボランティア学会を設立することにしました。

 

 

組合員の皆さんのご意見、情報をお待ちしております。
 ボランティア活動は組合活動の新しい領域と言えますが、阪神淡路の救援活動や連合のボランティアチームの活動など、すでに組織的な取り組みを進めています。引き続き、取り組みを進めていく上で組合員の皆さんのご意見と情報をお待ちしています。

 

(機関紙「はぴねす」37号/2001年5月号)
▲top (上のメニューに戻ります)