(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● 第13回八王子まつり 資源循環・分別収集ボランティアに延べ710人が参加 (2014年9月)
● 第13回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2014年6月)
【2013年】
● 第12回八王子まつり 資源循環・分別収集ボランティアに延べ506人が参加 (2013年10月)
● 第12回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2013年6月)
● 1年間の予定で震災復興に従事している派遣職員の川村 貞二 さん(水循環部付)を訪問! (2013年1月)
【2012年】
● 第11回地球にやさしい 八王子まつり 分別収集ボランティアに延べ917名の方々が参加 (2012年9月)
● 第11回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2012年6月)
● 第11回八王子まつり・分別収集ボランティア 開催日が内定! (2012年3月)
● 新春特集 東日本大震災復興支援と今後 (2012年1月)
【2011年】
● 東日本大震災復興支援 仙台市職へ訪問 (2011年10月)
● 東日本大震災復興支援活動 事業本部も被災地支援に協力 (2011年8月)
● 八王子まつり「資源循環・分別収集ボランティア」中止のお知らせ (2011年7月)
● 東日本大震災 復興支援 4月から自治労の本格的な支援活動を開始 (2011年6月)
● 東日本大震災 復興支援 行政も自治労も最大限の協力体制 (2011年5月)
● 東日本大震災、救援活動本格化 行政組織としての最大限の支援を取り組もう (2011年4月)
● 東日本大震災 “今、何ができるか” (2011年3月)
【2010年】
● 地球にやさしい 八王子まつり 分別収集ボランティアに延べ582名が参加 (2010年10月)
● 地球にやさしい八王子まつり 第10回 資源循環・分別収集ボランティア実施 (2010年6月)
● 松代雪下ろしボランティア開催 大雪を乗り越え交流 (2010年3月)
【2009年】
● 地球にやさしい 八王子まつり 新たなコミュニティづくりを (2009年9月)
● 八王子まつりボランティア 分別ステーションを軸に八王子まつりと環境保護の融合を (2009年9月)
● 八王子まつり実行委員会開催 地球にやさしい八王子まつり (2009年4月)
【2008年】
● 地球にやさしい 八王子まつり (2008年9月)
● 八王子まつり 分別収集ボランティア 参加者大募集! (2008年7月)
● 八王子まつり 分別収集ボランティアに参加しよう (2008年5月)
【2007年】
● 八王子まつり 分別・収集ボランティア338名参加 (2007年8月)
● 八王子まつり  分別・清掃ボランティアに参加しよう (2007年6月)
【2006年】
● 雪下ろしボランティアを実施します (2006年12月)
● 組合員・家族、民間労組、学生、一般市民のべ387人参加 (2006年8月)
● きれいで安心・八王子まつり 今年で5回目、分別収集ボランティアへ参加 (2006年7月)
● 豪雪の新潟、十日町、小千谷で雪下ろしボランティア実施 (2006年2月)
【2005年】
● 八王子まつり「ゴミ」分別収集ボランティア(8月5日〜7日)のべ263人が参加 (2005年9月)
● 第9期 連合東京ボランティア・サポートチーム募集 (2005年4月)
● 青年部主催 豪雪の松代町雪下ろしボランティア (2005年4月)
● ボランティア活動、その基本的な考えについて (2005年2月)
● 1月17日 阪神・淡路大震災から10年 (2005年1月)
● 中越地震の行政ボランティア活動について、
    十日町市長からお礼のメッセージが届きました (2005年1月)
● 第2回/新潟県・中越地震 (2005年1月)
【2004年】
● 第1回/新潟県・中越地震 (2004年12月)
● 新潟県・中越地震災害救援ボランティア (2004年11月)
● 八王子まつり 清掃・分別収集ボランティアのべ283人の参加で10トン以上収集 (2004年8月)
● 第8期連合東京ボランティアサポートチームに参加して (2004年7月)
● 八王子まつり(8月6日〜8日)まつり期間中の
    ゴミ・資源の分別指導ボランティアを実施します (2004年7月)
● 八王子まつり(8月6日〜8日)ボランティア募集 (2004年6月)
【2003年】
● 八王子まつりボランティア (2003年8月)
● 雪下ろしボランティア雪国で汗をかき交流 (2003年2月)
【2002年】
● ボランティアと職務の関係の整理一基本的な考え方を確認−ただちに職場点検を (2002年10月)
● 八王子まつりボランティアのベ200人以上の組合員・地域協力者が
   参加ご協力ありがとうございました (2002年7月)
● 八王子まつりボランティア (2002年5月)
● 地域交流・ボランティア (2002年5月)
【2001年】
● 第41回八王子祭りボランティア募集 (2001年7月)
● 自律と協働のボランティアは地域社会の要、労働組合の地域活動にも不可欠 (2001年5月)

八王子まつり 清掃・分別収集ボランティアのべ283人の参加で10トン以上収集
 今年の八王子まつり来場者数は44万人と発表され、昨年の40万人を上回りました。
 そんな中、4年目を迎える清掃・分別収集ボランティアには、大勢の組合員・ご家族の皆さんに加え、日野自動車労働組合、ケンウッド労働組合、新聞記事を見て直接参加申込みをした一般市民、学生など約70人の参加がありました。昨年も、一般市民の参加が数人ありましたが、今年は「飛び入り参加の協力者」もあり、この活動が市民の共感を呼び、広がり始めていることが示されました。
 一方、八王子まつり来場者の分別意識も年々高くなり、環境問題に関する市民の意識も少しづつ定着していることも実感できます。
 また、来年以降の課題は、(1)夜店の事業者自身が輩出する「事業系ごみ」の対応。(2)タバコの吸殻対策。(3)八王子まつりの企画立案段階からの参加。…などがあげられています。

 甲州街道沿いを中心に、横山町、八日町、中町などの商店街は、八王子まつりの開催会場ともなります。したがって、分別収集ボランティア活動にとって、こうした商店街との協力は不可欠です。
 今回も特別執行委員の森市議会議員を中心に、商店会との事前打ち合わせを重ね、道路の隅々からゴミを撤去するなど、八王子まつり開催前から協力しながら取り組むことが出来ました。
《参加者のべ人数》
組合員
182人
組合員の家族
10人
管理職
22人
一般市民
13人
学 生
40人
連合各労働組合
16人
合 計
283人
▲一般参加の関口さんは、手作りの分別見本のパネルを持ち込んでいただきました

参加者の感想・意見
・路上にタバコの吸殻が多い
・とても楽しかった
・来場者に山車や神輿の場所を聞かれたり、祭りの案内もかねて対応した
・お祭りのグッズで携帯灰皿を販売したら
・分別の表示がわかりにくい。実物を掲示したら。(多数あり)
・ペットボトルのキャップを取ることが定着してきた
・神輿の担ぎ手のマナーが悪い(とくにくわえタバコとポイ捨て)
・トイレが無いので不便
・町会、神輿の会もボランティアに参加すべき  (他)



八王子まつり分別収集量
品  目
今  回
昨年の実績
ペットボトル
1,050kg
260kg
アルミ缶
180kg
160kg
スチール缶
210kg
190kg
ビン
480kg
880kg
可燃ゴミ
3,300kg
14,024kg
不燃ゴミ
5,000kg
3,966kg

自治労、新潟・福井集中豪雨災害緊急支援カンパ(中間報告)
 7月13日新潟、17日福井で発生した集中豪雨災害は死者・不明20人を含む大きな災害となりました。自治労は連合ボランティアサポートの一員として現地救援活動に参加するとともに災害救援カンパを取り組んでいます。八王子市職、臨職組合、公共労のカンパ集約状況は、8月24日現在で325,717円です。

(機関紙「はぴねす」75号/2004年8月31日号)
▲top (上のメニューに戻ります)