(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● 第13回八王子まつり 資源循環・分別収集ボランティアに延べ710人が参加 (2014年9月)
● 第13回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2014年6月)
【2013年】
● 第12回八王子まつり 資源循環・分別収集ボランティアに延べ506人が参加 (2013年10月)
● 第12回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2013年6月)
● 1年間の予定で震災復興に従事している派遣職員の川村 貞二 さん(水循環部付)を訪問! (2013年1月)
【2012年】
● 第11回地球にやさしい 八王子まつり 分別収集ボランティアに延べ917名の方々が参加 (2012年9月)
● 第11回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2012年6月)
● 第11回八王子まつり・分別収集ボランティア 開催日が内定! (2012年3月)
● 新春特集 東日本大震災復興支援と今後 (2012年1月)
【2011年】
● 東日本大震災復興支援 仙台市職へ訪問 (2011年10月)
● 東日本大震災復興支援活動 事業本部も被災地支援に協力 (2011年8月)
● 八王子まつり「資源循環・分別収集ボランティア」中止のお知らせ (2011年7月)
● 東日本大震災 復興支援 4月から自治労の本格的な支援活動を開始 (2011年6月)
● 東日本大震災 復興支援 行政も自治労も最大限の協力体制 (2011年5月)
● 東日本大震災、救援活動本格化 行政組織としての最大限の支援を取り組もう (2011年4月)
● 東日本大震災 “今、何ができるか” (2011年3月)
【2010年】
● 地球にやさしい 八王子まつり 分別収集ボランティアに延べ582名が参加 (2010年10月)
● 地球にやさしい八王子まつり 第10回 資源循環・分別収集ボランティア実施 (2010年6月)
● 松代雪下ろしボランティア開催 大雪を乗り越え交流 (2010年3月)
【2009年】
● 地球にやさしい 八王子まつり 新たなコミュニティづくりを (2009年9月)
● 八王子まつりボランティア 分別ステーションを軸に八王子まつりと環境保護の融合を (2009年9月)
● 八王子まつり実行委員会開催 地球にやさしい八王子まつり (2009年4月)
【2008年】
● 地球にやさしい 八王子まつり (2008年9月)
● 八王子まつり 分別収集ボランティア 参加者大募集! (2008年7月)
● 八王子まつり 分別収集ボランティアに参加しよう (2008年5月)
【2007年】
● 八王子まつり 分別・収集ボランティア338名参加 (2007年8月)
● 八王子まつり  分別・清掃ボランティアに参加しよう (2007年6月)
【2006年】
● 雪下ろしボランティアを実施します (2006年12月)
● 組合員・家族、民間労組、学生、一般市民のべ387人参加 (2006年8月)
● きれいで安心・八王子まつり 今年で5回目、分別収集ボランティアへ参加 (2006年7月)
● 豪雪の新潟、十日町、小千谷で雪下ろしボランティア実施 (2006年2月)
【2005年】
● 八王子まつり「ゴミ」分別収集ボランティア(8月5日〜7日)のべ263人が参加 (2005年9月)
● 第9期 連合東京ボランティア・サポートチーム募集 (2005年4月)
● 青年部主催 豪雪の松代町雪下ろしボランティア (2005年4月)
● ボランティア活動、その基本的な考えについて (2005年2月)
● 1月17日 阪神・淡路大震災から10年 (2005年1月)
● 中越地震の行政ボランティア活動について、
    十日町市長からお礼のメッセージが届きました (2005年1月)
● 第2回/新潟県・中越地震 (2005年1月)
【2004年】
● 第1回/新潟県・中越地震 (2004年12月)
● 新潟県・中越地震災害救援ボランティア (2004年11月)
● 八王子まつり 清掃・分別収集ボランティアのべ283人の参加で10トン以上収集 (2004年8月)
● 第8期連合東京ボランティアサポートチームに参加して (2004年7月)
● 八王子まつり(8月6日〜8日)まつり期間中の
    ゴミ・資源の分別指導ボランティアを実施します (2004年7月)
● 八王子まつり(8月6日〜8日)ボランティア募集 (2004年6月)
【2003年】
● 八王子まつりボランティア (2003年8月)
● 雪下ろしボランティア雪国で汗をかき交流 (2003年2月)
【2002年】
● ボランティアと職務の関係の整理一基本的な考え方を確認−ただちに職場点検を (2002年10月)
● 八王子まつりボランティアのベ200人以上の組合員・地域協力者が
   参加ご協力ありがとうございました (2002年7月)
● 八王子まつりボランティア (2002年5月)
● 地域交流・ボランティア (2002年5月)
【2001年】
● 第41回八王子祭りボランティア募集 (2001年7月)
● 自律と協働のボランティアは地域社会の要、労働組合の地域活動にも不可欠 (2001年5月)

新潟県・中越地震災害救援ボランティア

 組合では、執行委員会(10/27)、拡大闘争委員会(10/29)を開催し、(1)松代町役場をつうじて、生活用品を中心に救援物資を直接現地に届ける。(2)組合員緊急カンパを実施するとともに、組合会計から30万円の義援金を送る。(3)第一救援クルーは、藤岡委員長を責任者に10月29日夜、新潟現地に出発する。…事を決定しました。
十日町市災害対策本部に救援物質を搬入
 すでに八王子市当局は、先週から給水車など現地に派遣し、支援活動を開始しています。
 なお、救援物資と義援金は、松代町役場と協議し、被害の大きい十日町市に直接届けることとなり、義援金は藤岡委員長から十日町市滝沢市長に直接手渡されました。
【松代情報】
 松代町は来年4月から隣接する十日町市、川西町、中里村、松之山町と合併することになっています。このうち、十日町市と川西町の地震被害がもっとも強く、十日町市は避難勧告が解除されましたが、自宅に戻れない皆さんも大勢います。
 また現地の気温はかなり冷え込み、引き続き支援体制が必要であり、当面組合では、毛布等防寒具を中心に、現地に送る予定です。


【おもな救援物資】
水2L(100本)携帯電話充電器100個懐中電灯50個ビニール袋タオルデイバック100個ブルーシート100枚寝袋用マット50枚紙コップ1,000個粉ミルク100巻味噌汁1,000袋石鹸100個紙おむつ50パック携帯カイロ1,000個スプレー消毒薬50本ナイロンロープ100個カップヌードル200食








【八王子市当局は給水家屋調査に職員派遣
 八王子市を始め三多摩各自治体は、給水車、緊急食料、衣類等を現地に送る救援活動を実施しました。 八王子市からは災害発生直後に給水車を派遣しライフライン確保の救援活動を進めるとともに、家屋調査に関する専門職員も派遣しました。
十日町市内の被害






山あいの道は寸断されている
 現地の状況は報道等でも明らかなように、余震や土砂災害、「天然ダム水害」、寒気など厳しい状況が続いています。
 また救援活動に関する現地からの情報では、(1)救援物資等は当面充足している。(2)現地には救援ボランティアが相当数集まっている。(3)一方、現地市町村職員は、住民保護とともに経常的な行政サービスにも対応しなければならず、さらに職員自身も被災者であり、疲労が極限に達している。(十日町市滝沢市町談)…とのことです。


求められる行政支援
 これに対して自治労都本部は連合東京とともに現地救援ボランティアを送り、八王子市職をはじめいくつかの組合では救援物資の提供や炊き出しなど単独支援活動を続けています。
 また自治労新潟県本部は、避難者への救援とともに、近隣自治体への人的行政支援を開始したようです。
 そこで組合では、11月7日以降の救援活動は、十日町市役所を拠点とした継続的な人的行政支援を中心とすることになりました。
 具体的には、3泊4日で毎回4人程度の組合員をボランティアとして派遣します。活動は、行政側の業務への協力、避難所の維持管理などとなります。なお期間中はボランティア休暇となります。
 すでに現地活動を開始していますが、長期戦になることも予想されますので組合員の皆さんの絶大なるご協力をお願いします。

 

松代町助役と打ち合わせ
松代菅刈(すがかり)分校。裏の土手が崩れている

11/8、十日町に向け行政支援の第1陣出発


(機関紙「はぴねす」77号/2004年11月15日号)
▲top (上のメニューに戻ります)