(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● 第13回八王子まつり 資源循環・分別収集ボランティアに延べ710人が参加 (2014年9月)
● 第13回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2014年6月)
【2013年】
● 第12回八王子まつり 資源循環・分別収集ボランティアに延べ506人が参加 (2013年10月)
● 第12回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2013年6月)
● 1年間の予定で震災復興に従事している派遣職員の川村 貞二 さん(水循環部付)を訪問! (2013年1月)
【2012年】
● 第11回地球にやさしい 八王子まつり 分別収集ボランティアに延べ917名の方々が参加 (2012年9月)
● 第11回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2012年6月)
● 第11回八王子まつり・分別収集ボランティア 開催日が内定! (2012年3月)
● 新春特集 東日本大震災復興支援と今後 (2012年1月)
【2011年】
● 東日本大震災復興支援 仙台市職へ訪問 (2011年10月)
● 東日本大震災復興支援活動 事業本部も被災地支援に協力 (2011年8月)
● 八王子まつり「資源循環・分別収集ボランティア」中止のお知らせ (2011年7月)
● 東日本大震災 復興支援 4月から自治労の本格的な支援活動を開始 (2011年6月)
● 東日本大震災 復興支援 行政も自治労も最大限の協力体制 (2011年5月)
● 東日本大震災、救援活動本格化 行政組織としての最大限の支援を取り組もう (2011年4月)
● 東日本大震災 “今、何ができるか” (2011年3月)
【2010年】
● 地球にやさしい 八王子まつり 分別収集ボランティアに延べ582名が参加 (2010年10月)
● 地球にやさしい八王子まつり 第10回 資源循環・分別収集ボランティア実施 (2010年6月)
● 松代雪下ろしボランティア開催 大雪を乗り越え交流 (2010年3月)
【2009年】
● 地球にやさしい 八王子まつり 新たなコミュニティづくりを (2009年9月)
● 八王子まつりボランティア 分別ステーションを軸に八王子まつりと環境保護の融合を (2009年9月)
● 八王子まつり実行委員会開催 地球にやさしい八王子まつり (2009年4月)
【2008年】
● 地球にやさしい 八王子まつり (2008年9月)
● 八王子まつり 分別収集ボランティア 参加者大募集! (2008年7月)
● 八王子まつり 分別収集ボランティアに参加しよう (2008年5月)
【2007年】
● 八王子まつり 分別・収集ボランティア338名参加 (2007年8月)
● 八王子まつり  分別・清掃ボランティアに参加しよう (2007年6月)
【2006年】
● 雪下ろしボランティアを実施します (2006年12月)
● 組合員・家族、民間労組、学生、一般市民のべ387人参加 (2006年8月)
● きれいで安心・八王子まつり 今年で5回目、分別収集ボランティアへ参加 (2006年7月)
● 豪雪の新潟、十日町、小千谷で雪下ろしボランティア実施 (2006年2月)
【2005年】
● 八王子まつり「ゴミ」分別収集ボランティア(8月5日〜7日)のべ263人が参加 (2005年9月)
● 第9期 連合東京ボランティア・サポートチーム募集 (2005年4月)
● 青年部主催 豪雪の松代町雪下ろしボランティア (2005年4月)
● ボランティア活動、その基本的な考えについて (2005年2月)
● 1月17日 阪神・淡路大震災から10年 (2005年1月)
● 中越地震の行政ボランティア活動について、
    十日町市長からお礼のメッセージが届きました (2005年1月)
● 第2回/新潟県・中越地震 (2005年1月)
【2004年】
● 第1回/新潟県・中越地震 (2004年12月)
● 新潟県・中越地震災害救援ボランティア (2004年11月)
● 八王子まつり 清掃・分別収集ボランティアのべ283人の参加で10トン以上収集 (2004年8月)
● 第8期連合東京ボランティアサポートチームに参加して (2004年7月)
● 八王子まつり(8月6日〜8日)まつり期間中の
    ゴミ・資源の分別指導ボランティアを実施します (2004年7月)
● 八王子まつり(8月6日〜8日)ボランティア募集 (2004年6月)
【2003年】
● 八王子まつりボランティア (2003年8月)
● 雪下ろしボランティア雪国で汗をかき交流 (2003年2月)
【2002年】
● ボランティアと職務の関係の整理一基本的な考え方を確認−ただちに職場点検を (2002年10月)
● 八王子まつりボランティアのベ200人以上の組合員・地域協力者が
   参加ご協力ありがとうございました (2002年7月)
● 八王子まつりボランティア (2002年5月)
● 地域交流・ボランティア (2002年5月)
【2001年】
● 第41回八王子祭りボランティア募集 (2001年7月)
● 自律と協働のボランティアは地域社会の要、労働組合の地域活動にも不可欠 (2001年5月)

第2回/新潟県・中越地震

 2004年10月23日17時56分、新潟県中越地方を襲った「新潟県・中越地震」は、現地に甚大な被害を及ぼしました。以前より交流のある松代町も町役場の震度計が壊れるなど大きな地震にあいました。12月号でお伝えした十日町市での行政ボランティアのご報告をします。

十日町市での行政ボランティア
 ………………………………………
被災者への対応
 10月23日に起きた「新潟県・中越地震」で、30日に藤岡委員長以下3名が十日町市に支援物資・義援金を届けた後、11月8日より行政ボランティアの活動を開始いたしました。市役所の向かいには社会福祉協議会が中心になって、ボランティアセンターが機能しており、倒れた家財などの片付けなどのボランティアが数百人単位で日々、効率的に機能していました。これは、ボランティアに対する社会的地位が確立してきたことと、阪神大震災の教訓がいかされたのだと思います。
 私たちにできること… 十日町市の職員は自分自身が被災者にもかかわらず、震災後市民のために不眠不休の業務に携わっていることに注目し、市職員でなければできないボランティア=行政ボランティアを十日町市の要請もあり、ボランティア活動として行うこととしました。


行政ボランティア活動の体制 …………………………………………
 11月8日より12月4日まで連続して38人の組合員が参加しました。ボランティア休暇を使い、土日を空けることなく概ね4人で一班の3泊4日の体制とし、途切れることの無いように、現地で後続班に引継ぎ帰京する体制で、9班まで実施しました。

先発班からの引継ぎ
台帳入力作業


行政ボランティアの活動内容 …………………………………………
被災報告の受け付け
 十日町市役所内ロビーにて臨時窓口を設置し、地震による市民の被災状況を把握するために、市民からの被災報告として被災台帳の管理と受付を行いました。この被災者台帳の受付の際に、市民の方から被害状況を伺いながら記入し受け付けをしました。被災の程度の証明である被災証明は、被災台帳受付後、担当職員が現地調査し4段階評価の被災証明書を発行します。これが今後、国・県の公的支援の資料、税の減免、農協や共済等の保険請求にも活用できる公的証明になるものです。
 また、被災台帳受付時に、個人が地震にあったという証明「罹災証明」の発行事務を行いました。これは、会社や学校などで地震により会社を休業した・学校を休まざるを得なかった等の公的証明です。また、今後の国・県の公的支援の簡単な説明を行いました。
 なお、受け付け後現地調査が必要な家屋については、パソコンに入力作業も行い、ボランティア後半の班では、現地調査の訪問日の調整や、現地調査班のための訪問家屋地図作りを受付業務を行いながら作成しました。


参加者のみなさんの感想 ………………………………………
電話による現地調査の日程調整
 参加された方が声をそろえた感想が、「十日町市の市民の方のマナー」の良さを上げていました。列に並び待たされたとしても一礼して席に座り、我々が逆に「東京からはるばるありがとうございます。がんばってください」と励まされたりと、十日町市民の方は、自宅が甚大な被害を受けて避難生活を先日までしていたにもかかわらず、私たちを気遣ってくれました。これは地域性や、ボランティアなど応援に来てくれた人たちへの感謝の表れなのかもしれませんが、普段の市役所職員の態度がしっかりしていて市というものに大きな信用があるからこそ、市民の方がこう接してくれたのだと思います。

経験は貴重な財産 ………………………………………………………
ボランティアの拠点となった松代町旧菅刈分校
 また、今回のボランティアの経験は、八王子がもし被災したら、八王子市は何ができるの?という問いから、今の状態では対応できない、いやこんなことができるといった職員としてまた個人として貴重な財産になったと思います。市として何ができる、何を準備しなければならないといったことや、個人として何ができる、何を準備しなければならないといったことに結びつくと思います。今回の活動は行政支援という名の人的支援であり心の支援が相互にあったと思います。被災した方々の復興はまだまだこれからです。現地の新潟は雪との戦いもあり、長い冬の到来です。今後も有効的な支援を行っていく予定です。




(機関紙「はぴねす」79号/2005年1月1日)
▲top (上のメニューに戻ります)