(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● 第13回八王子まつり 資源循環・分別収集ボランティアに延べ710人が参加 (2014年9月)
● 第13回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2014年6月)
【2013年】
● 第12回八王子まつり 資源循環・分別収集ボランティアに延べ506人が参加 (2013年10月)
● 第12回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2013年6月)
● 1年間の予定で震災復興に従事している派遣職員の川村 貞二 さん(水循環部付)を訪問! (2013年1月)
【2012年】
● 第11回地球にやさしい 八王子まつり 分別収集ボランティアに延べ917名の方々が参加 (2012年9月)
● 第11回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2012年6月)
● 第11回八王子まつり・分別収集ボランティア 開催日が内定! (2012年3月)
● 新春特集 東日本大震災復興支援と今後 (2012年1月)
【2011年】
● 東日本大震災復興支援 仙台市職へ訪問 (2011年10月)
● 東日本大震災復興支援活動 事業本部も被災地支援に協力 (2011年8月)
● 八王子まつり「資源循環・分別収集ボランティア」中止のお知らせ (2011年7月)
● 東日本大震災 復興支援 4月から自治労の本格的な支援活動を開始 (2011年6月)
● 東日本大震災 復興支援 行政も自治労も最大限の協力体制 (2011年5月)
● 東日本大震災、救援活動本格化 行政組織としての最大限の支援を取り組もう (2011年4月)
● 東日本大震災 “今、何ができるか” (2011年3月)
【2010年】
● 地球にやさしい 八王子まつり 分別収集ボランティアに延べ582名が参加 (2010年10月)
● 地球にやさしい八王子まつり 第10回 資源循環・分別収集ボランティア実施 (2010年6月)
● 松代雪下ろしボランティア開催 大雪を乗り越え交流 (2010年3月)
【2009年】
● 地球にやさしい 八王子まつり 新たなコミュニティづくりを (2009年9月)
● 八王子まつりボランティア 分別ステーションを軸に八王子まつりと環境保護の融合を (2009年9月)
● 八王子まつり実行委員会開催 地球にやさしい八王子まつり (2009年4月)
【2008年】
● 地球にやさしい 八王子まつり (2008年9月)
● 八王子まつり 分別収集ボランティア 参加者大募集! (2008年7月)
● 八王子まつり 分別収集ボランティアに参加しよう (2008年5月)
【2007年】
● 八王子まつり 分別・収集ボランティア338名参加 (2007年8月)
● 八王子まつり  分別・清掃ボランティアに参加しよう (2007年6月)
【2006年】
● 雪下ろしボランティアを実施します (2006年12月)
● 組合員・家族、民間労組、学生、一般市民のべ387人参加 (2006年8月)
● きれいで安心・八王子まつり 今年で5回目、分別収集ボランティアへ参加 (2006年7月)
● 豪雪の新潟、十日町、小千谷で雪下ろしボランティア実施 (2006年2月)
【2005年】
● 八王子まつり「ゴミ」分別収集ボランティア(8月5日〜7日)のべ263人が参加 (2005年9月)
● 第9期 連合東京ボランティア・サポートチーム募集 (2005年4月)
● 青年部主催 豪雪の松代町雪下ろしボランティア (2005年4月)
● ボランティア活動、その基本的な考えについて (2005年2月)
● 1月17日 阪神・淡路大震災から10年 (2005年1月)
● 中越地震の行政ボランティア活動について、
    十日町市長からお礼のメッセージが届きました (2005年1月)
● 第2回/新潟県・中越地震 (2005年1月)
【2004年】
● 第1回/新潟県・中越地震 (2004年12月)
● 新潟県・中越地震災害救援ボランティア (2004年11月)
● 八王子まつり 清掃・分別収集ボランティアのべ283人の参加で10トン以上収集 (2004年8月)
● 第8期連合東京ボランティアサポートチームに参加して (2004年7月)
● 八王子まつり(8月6日〜8日)まつり期間中の
    ゴミ・資源の分別指導ボランティアを実施します (2004年7月)
● 八王子まつり(8月6日〜8日)ボランティア募集 (2004年6月)
【2003年】
● 八王子まつりボランティア (2003年8月)
● 雪下ろしボランティア雪国で汗をかき交流 (2003年2月)
【2002年】
● ボランティアと職務の関係の整理一基本的な考え方を確認−ただちに職場点検を (2002年10月)
● 八王子まつりボランティアのベ200人以上の組合員・地域協力者が
   参加ご協力ありがとうございました (2002年7月)
● 八王子まつりボランティア (2002年5月)
● 地域交流・ボランティア (2002年5月)
【2001年】
● 第41回八王子祭りボランティア募集 (2001年7月)
● 自律と協働のボランティアは地域社会の要、労働組合の地域活動にも不可欠 (2001年5月)

ボランティア活動、その基本的な考えについて
 組合運動の中でボランティア活動が大きな役割りを占めるようになってきました。そこでボランティア活動そのものについて、これまでの取り組みにふまえ考えてみます。
 かつてボランティアというと、弱者救済的な活動と狭く理解される傾向がありました。また、自然発生的で不確実なイメージもありました。しかし今は共同社会に不可欠な活動として理解され、ボランティア活動に組合が参加することを通じて地域活動・地域コミュニティに組織として参加し、その活動が地域コミュニティを広げる役割りを果たしています。

▲十日町市関口助役(前列右から2人目)が八王子にお礼にみえました。(2月9日)
 ボランティアとは、「自発的に事業に参加する人。特に社会事業活動に無報酬で参加する人」と辞書などには定義されています。つまり「無報酬で自発的に社会事業活動に参加する人」を指すといえます。
 ところでこうした活動は、公共サービスと重なり合う面があり、私たちにとっては業務とボランティアの境界線が曖昧になりがちです。
 そこで02年にボランティア活動に関する労使確認を行い、「(1)職務と区別する。(2)非強制で市が直接募集しない。(3)活動の責任は皆同じ。(4)職務・身分に有利も不利益も生じさせない」とした上で活動を進めてきました。


?人間の自律と協働のボランティア
 日本ボランティア学会設立趣意書では「日本は官主導の社会が終焉を迎え、普通の人々も公益の担い手であるという新しい公共性の考え方が根を張ろうとしています。そのなかで、私たちはボランティアの役割について新しい評価をしていきたいと考えます。ボランティアこそ、人間の自律性と協働性を新たに構築する実践であり、その実践のなかに未来をひらく新しい回路があるにちがいないからです。」とあります。

?阪神大震災で学んだこと、ボランティア活動の定着
▲三宅島の若者たちとの交流が始まりつつあります(三宅島現地)

 阪神大震災は日本社会にボランティアの価値を定着させるきっかけとなりました。
 私たちは被災者への支援や行政支援にボランティアとして参加しました。そこで出来ること、その場で見ず知らずの支援者と一つの目的で自発的に協力しあうという貴重な経験をしました。また、この救援活動をきっかけにNPO法も成立しました。





●2000年9月三宅島全島避難、600人の島民が八王子に
▲帰島に向けた交流会(1月23日)
 全島避難が解除され、帰島が始まっている三宅島。2000年9月の全島避難から、私たちは八王子に避難されている島民の方々への支援と交流を続けてきました。そして帰島第一陣の島民の方々と同じ船で帰島ボランティア第一陣(5名)が三宅島に入りボランティア活動を行いました。三宅島はこれからが今までの生活を取り戻すための交流支援が必要な状況です。

●八王子まつりボランティアの活動
▲学生、市民の参加も増えてます。
 3日間で延べ60万人が参加する八王子まつりでは2001年より「ごみ減量・分別指導、楽しく安全な八王子まつり」のためのボランティアを行っています。開催するたびに参加者と市民の分別意識が高まり、ボランティア活動の役割りも大きくなってきました。
 現在では一般市民や学生の参加も多くなってきました。

●新潟県・中越地震行政ボランティア
▲救援物資の搬入(十日町市)
 昨年の中越地震では、交流のあった松代町をとおして、4月に合併する十日町市に、震災後も不休で市民対応する職員の事務支援を行政ボランティアという形で行いました。
 一般ボランティアは同市だけで1日300人以上参加していました。ボランティアの地位の確立を感じました。私たちは同じ行政職員として出来ること・・・行政ボランティアという形での支援を継続し、被災者台帳受付事務等に参加しました。

●行政区域無き公務員ボランティア
▲十日町市への行政ボランティア
 災害など起きた場合には、人命救助が第一優先ですが、その次に行政機能の回復が必要です。防災協定や姉妹都市関係の有る無しに関わらず、全国の公務員労働者が行政事務(作業)そのものを支援することが災害復興に大きな効果があることが明確になりました。
 八王子市職は全国自治労の仲間に、「行政区域無き公務員ボランティア」を呼びかけています。


(機関紙「はぴねす」81号/2005年2月22日)
▲top (上のメニューに戻ります)