(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● 第13回八王子まつり 資源循環・分別収集ボランティアに延べ710人が参加 (2014年9月)
● 第13回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2014年6月)
【2013年】
● 第12回八王子まつり 資源循環・分別収集ボランティアに延べ506人が参加 (2013年10月)
● 第12回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2013年6月)
● 1年間の予定で震災復興に従事している派遣職員の川村 貞二 さん(水循環部付)を訪問! (2013年1月)
【2012年】
● 第11回地球にやさしい 八王子まつり 分別収集ボランティアに延べ917名の方々が参加 (2012年9月)
● 第11回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2012年6月)
● 第11回八王子まつり・分別収集ボランティア 開催日が内定! (2012年3月)
● 新春特集 東日本大震災復興支援と今後 (2012年1月)
【2011年】
● 東日本大震災復興支援 仙台市職へ訪問 (2011年10月)
● 東日本大震災復興支援活動 事業本部も被災地支援に協力 (2011年8月)
● 八王子まつり「資源循環・分別収集ボランティア」中止のお知らせ (2011年7月)
● 東日本大震災 復興支援 4月から自治労の本格的な支援活動を開始 (2011年6月)
● 東日本大震災 復興支援 行政も自治労も最大限の協力体制 (2011年5月)
● 東日本大震災、救援活動本格化 行政組織としての最大限の支援を取り組もう (2011年4月)
● 東日本大震災 “今、何ができるか” (2011年3月)
【2010年】
● 地球にやさしい 八王子まつり 分別収集ボランティアに延べ582名が参加 (2010年10月)
● 地球にやさしい八王子まつり 第10回 資源循環・分別収集ボランティア実施 (2010年6月)
● 松代雪下ろしボランティア開催 大雪を乗り越え交流 (2010年3月)
【2009年】
● 地球にやさしい 八王子まつり 新たなコミュニティづくりを (2009年9月)
● 八王子まつりボランティア 分別ステーションを軸に八王子まつりと環境保護の融合を (2009年9月)
● 八王子まつり実行委員会開催 地球にやさしい八王子まつり (2009年4月)
【2008年】
● 地球にやさしい 八王子まつり (2008年9月)
● 八王子まつり 分別収集ボランティア 参加者大募集! (2008年7月)
● 八王子まつり 分別収集ボランティアに参加しよう (2008年5月)
【2007年】
● 八王子まつり 分別・収集ボランティア338名参加 (2007年8月)
● 八王子まつり  分別・清掃ボランティアに参加しよう (2007年6月)
【2006年】
● 雪下ろしボランティアを実施します (2006年12月)
● 組合員・家族、民間労組、学生、一般市民のべ387人参加 (2006年8月)
● きれいで安心・八王子まつり 今年で5回目、分別収集ボランティアへ参加 (2006年7月)
● 豪雪の新潟、十日町、小千谷で雪下ろしボランティア実施 (2006年2月)
【2005年】
● 八王子まつり「ゴミ」分別収集ボランティア(8月5日〜7日)のべ263人が参加 (2005年9月)
● 第9期 連合東京ボランティア・サポートチーム募集 (2005年4月)
● 青年部主催 豪雪の松代町雪下ろしボランティア (2005年4月)
● ボランティア活動、その基本的な考えについて (2005年2月)
● 1月17日 阪神・淡路大震災から10年 (2005年1月)
● 中越地震の行政ボランティア活動について、
    十日町市長からお礼のメッセージが届きました (2005年1月)
● 第2回/新潟県・中越地震 (2005年1月)
【2004年】
● 第1回/新潟県・中越地震 (2004年12月)
● 新潟県・中越地震災害救援ボランティア (2004年11月)
● 八王子まつり 清掃・分別収集ボランティアのべ283人の参加で10トン以上収集 (2004年8月)
● 第8期連合東京ボランティアサポートチームに参加して (2004年7月)
● 八王子まつり(8月6日〜8日)まつり期間中の
    ゴミ・資源の分別指導ボランティアを実施します (2004年7月)
● 八王子まつり(8月6日〜8日)ボランティア募集 (2004年6月)
【2003年】
● 八王子まつりボランティア (2003年8月)
● 雪下ろしボランティア雪国で汗をかき交流 (2003年2月)
【2002年】
● ボランティアと職務の関係の整理一基本的な考え方を確認−ただちに職場点検を (2002年10月)
● 八王子まつりボランティアのベ200人以上の組合員・地域協力者が
   参加ご協力ありがとうございました (2002年7月)
● 八王子まつりボランティア (2002年5月)
● 地域交流・ボランティア (2002年5月)
【2001年】
● 第41回八王子祭りボランティア募集 (2001年7月)
● 自律と協働のボランティアは地域社会の要、労働組合の地域活動にも不可欠 (2001年5月)

八王子まつり「ゴミ」分別収集ボランティア(8月5日〜7日)のべ263人が参加
▲ボランティア本部での打合せ
40万人以上が集まる八王子まつり。そこで発生する膨大なゴミを、分別することで資源化し、減量する。山車や神輿など伝統文化中心の八王子まつりを、「きれいで安全に楽しもう」との目的で実施しているごみ分別収集ボランティア活動も4回目となりました。
 参加者も組合員と家族、連合労働組合、学生組織、一般市民に拡大しています。
 「暑くて大変そうだけど、一度やってみたかった」という市民の皆さんも増えています。

連合三多摩南多摩地区協の各労働組合、学生委員会、一般市民約60人の参加がありました。
▲学生委員会の参加も目立ちました

▲甲州街道に設置したボランティア本部の案内板
今回のボランティア本部は横山町・守屋商店、みずほ銀行のご協力で駐車場敷地をお借りしました。

今年で4回目を迎え、夏休み中のごども達と親子で参加する組合員の皆さんが増えてきました。子供たちも一生懸命分別を訴え、祭り参加者の一般市民からも感謝の声が届いています。
 また環境市民会議の皆さんをはじめリサイクル活動に関心のある市民の皆さんの参加もありました。もちろん管理職の皆さんも大勢参加しています。
▲8月6日、広島被爆60年。この日は黙祷から始まりました。

▲ボランティアで使った軍手
5月11日、八王子まつり田中実行委員長が組合事務所を訪れ、ごみの分別収集ボランティアの協力要請を受けました。この活動も実行委員会の中に定着し、地球環境保護の意識が広がりつつあります。

▲八王子まつり田中実行委員長と藤岡委員長

【分別収集量】
ペットボトル
900kg
アルミ缶
320kg
スチール缶
370kg
ビン
710kg
可燃ごみ
1,300kg
不燃ごみ
2,400kg
▲回収された資源物



参加者の感想・意見(一部)
ごみの分別では協力的な人が多かった。
タバコのポイ捨てが多く、何とかしてほしい。
今年もいい汗が流せました。のぼり旗は「ゴミ箱」ではなく「分別集積所」にすべき。
ペットボトルのキャップをはずす表示が必要。
町会の役員が分別していないごみ袋を強引に捨てていったのは注意してください。
食べ残し、飲み残しの容器を捨てる人が多い。
しっかり分別する人と、理解していない人の差が大きくなってきた。
分別ステーション以外に放置されているごみがあるのでパトロールが必要。
分別ボックスに入れるビニール袋を止める工夫が必要では。
説明するとほとんどの市民は協力してくれた。
初めて参加して不安でしたが自信がつきました。
子供と一緒の時間が持ててよかった。
分別の表示が大きくなったが、実物をつけるなどしたらどうか。
他多数あり


(機関紙「はぴねす」86号/2005年9月12日)
▲top (上のメニューに戻ります)