(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● 第13回八王子まつり 資源循環・分別収集ボランティアに延べ710人が参加 (2014年9月)
● 第13回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2014年6月)
【2013年】
● 第12回八王子まつり 資源循環・分別収集ボランティアに延べ506人が参加 (2013年10月)
● 第12回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2013年6月)
● 1年間の予定で震災復興に従事している派遣職員の川村 貞二 さん(水循環部付)を訪問! (2013年1月)
【2012年】
● 第11回地球にやさしい 八王子まつり 分別収集ボランティアに延べ917名の方々が参加 (2012年9月)
● 第11回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2012年6月)
● 第11回八王子まつり・分別収集ボランティア 開催日が内定! (2012年3月)
● 新春特集 東日本大震災復興支援と今後 (2012年1月)
【2011年】
● 東日本大震災復興支援 仙台市職へ訪問 (2011年10月)
● 東日本大震災復興支援活動 事業本部も被災地支援に協力 (2011年8月)
● 八王子まつり「資源循環・分別収集ボランティア」中止のお知らせ (2011年7月)
● 東日本大震災 復興支援 4月から自治労の本格的な支援活動を開始 (2011年6月)
● 東日本大震災 復興支援 行政も自治労も最大限の協力体制 (2011年5月)
● 東日本大震災、救援活動本格化 行政組織としての最大限の支援を取り組もう (2011年4月)
● 東日本大震災 “今、何ができるか” (2011年3月)
【2010年】
● 地球にやさしい 八王子まつり 分別収集ボランティアに延べ582名が参加 (2010年10月)
● 地球にやさしい八王子まつり 第10回 資源循環・分別収集ボランティア実施 (2010年6月)
● 松代雪下ろしボランティア開催 大雪を乗り越え交流 (2010年3月)
【2009年】
● 地球にやさしい 八王子まつり 新たなコミュニティづくりを (2009年9月)
● 八王子まつりボランティア 分別ステーションを軸に八王子まつりと環境保護の融合を (2009年9月)
● 八王子まつり実行委員会開催 地球にやさしい八王子まつり (2009年4月)
【2008年】
● 地球にやさしい 八王子まつり (2008年9月)
● 八王子まつり 分別収集ボランティア 参加者大募集! (2008年7月)
● 八王子まつり 分別収集ボランティアに参加しよう (2008年5月)
【2007年】
● 八王子まつり 分別・収集ボランティア338名参加 (2007年8月)
● 八王子まつり  分別・清掃ボランティアに参加しよう (2007年6月)
【2006年】
● 雪下ろしボランティアを実施します (2006年12月)
● 組合員・家族、民間労組、学生、一般市民のべ387人参加 (2006年8月)
● きれいで安心・八王子まつり 今年で5回目、分別収集ボランティアへ参加 (2006年7月)
● 豪雪の新潟、十日町、小千谷で雪下ろしボランティア実施 (2006年2月)
【2005年】
● 八王子まつり「ゴミ」分別収集ボランティア(8月5日〜7日)のべ263人が参加 (2005年9月)
● 第9期 連合東京ボランティア・サポートチーム募集 (2005年4月)
● 青年部主催 豪雪の松代町雪下ろしボランティア (2005年4月)
● ボランティア活動、その基本的な考えについて (2005年2月)
● 1月17日 阪神・淡路大震災から10年 (2005年1月)
● 中越地震の行政ボランティア活動について、
    十日町市長からお礼のメッセージが届きました (2005年1月)
● 第2回/新潟県・中越地震 (2005年1月)
【2004年】
● 第1回/新潟県・中越地震 (2004年12月)
● 新潟県・中越地震災害救援ボランティア (2004年11月)
● 八王子まつり 清掃・分別収集ボランティアのべ283人の参加で10トン以上収集 (2004年8月)
● 第8期連合東京ボランティアサポートチームに参加して (2004年7月)
● 八王子まつり(8月6日〜8日)まつり期間中の
    ゴミ・資源の分別指導ボランティアを実施します (2004年7月)
● 八王子まつり(8月6日〜8日)ボランティア募集 (2004年6月)
【2003年】
● 八王子まつりボランティア (2003年8月)
● 雪下ろしボランティア雪国で汗をかき交流 (2003年2月)
【2002年】
● ボランティアと職務の関係の整理一基本的な考え方を確認−ただちに職場点検を (2002年10月)
● 八王子まつりボランティアのベ200人以上の組合員・地域協力者が
   参加ご協力ありがとうございました (2002年7月)
● 八王子まつりボランティア (2002年5月)
● 地域交流・ボランティア (2002年5月)
【2001年】
● 第41回八王子祭りボランティア募集 (2001年7月)
● 自律と協働のボランティアは地域社会の要、労働組合の地域活動にも不可欠 (2001年5月)

組合員・家族、民間労組、学生、一般市民のべ387人参加


こどもたちにも、自分で分別するよう協力を求めます。

各分別ステーションに「こどもを守るネットワーク」の掲示板も掲出。(分別表示の上)

甲州街道、西放射線を中心に22箇所の分別ステーションを設置。

学生たちも大勢参加。藤岡委員長(中央)、森市議(右端)も学生パワーに押されがち。

“広がるボランティア つながるコミュニティ”

日野自動車労働組合からは8人が参加。日野工場支部関戸支部長「昨年も参加しました。お祭の来場者は昨年より協力的な感じがしました。気持ちのいいボランティアでした」(左から4人目)

杏林大学は留学生も含めて20人以上が参加(写真手前座っているグループ)観光事業を研究しているゼミの皆さんが中心。ゼミの実体験で真っ黒に日焼けして頑張りました。

今回は一般市民36人が参加。(飛び入りもあり)
 毎年増えていることに関心の高さが現れているようです。

8月6日(日)午後10時。最後のボランティアが終了しました。
 組合員・家族、執行部、管理職、学生、市民全員です。

【分別収集の実績】
集計中
ビン
集計中
ペットボトル
900kg
可燃ごみ
1,050kg
不燃ごみ
2,000kg

来年の八王子まつりボランティアに向けて
【参加者の感想、意見】
旧横山三丁目駐車場、現コインパーキングは無法地帯。
差し棒があると、ゴミ入先の指示がしやすい。今回はうちわで代用できました。
分別に協力しない山車や神輿のグループがあった。
「ありがとう」ってたくさん言ってくれてとてもうれしかったです。
おまつりは子供のためにある。子供が分別することは良いことであると言っていた市民の方がいた。
ペットのふたがかなり多いので、小さな袋へ入れて、リサイクルできればよいと思う。
生ゴミが多く出るので、ティシュ箱を1つ用意して、その紙でふきとり器を不燃に入れれば良いと思う。
輪ゴムもかなりでるので、小さな袋で輪ゴムも回収したい。
看板の順番を向かって左側からペット・不燃・可燃・カン・ビンのほうが分別しやすい。
夜店にはさまれ(ステーションが)全く見えないので、歩道にBOXを3個とも移動した。(他多数)
【来年に向けて】
(1)分別ステーションの配置について、分かりやすい場所に変更する。夜店と同列におく。
(2)分別の表示、ボックスの大きさと形状について、画一的なので現状に合わせて変更する。
(3)町会、商店会との連携をとるため事前に協議する。
(4)子供たちや学生のボランティア参加を推進し、一般市民、商店との連携、コミュニティづくりの視点を強める。
(5)分別回収と街の美化に向け、以上の取り組みを具体化するため実行委員会への参加を追求する。

(「はぴねす」98号/2006年8月21日)
▲top (上のメニューに戻ります)