(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● 第13回八王子まつり 資源循環・分別収集ボランティアに延べ710人が参加 (2014年9月)
● 第13回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2014年6月)
【2013年】
● 第12回八王子まつり 資源循環・分別収集ボランティアに延べ506人が参加 (2013年10月)
● 第12回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2013年6月)
● 1年間の予定で震災復興に従事している派遣職員の川村 貞二 さん(水循環部付)を訪問! (2013年1月)
【2012年】
● 第11回地球にやさしい 八王子まつり 分別収集ボランティアに延べ917名の方々が参加 (2012年9月)
● 第11回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2012年6月)
● 第11回八王子まつり・分別収集ボランティア 開催日が内定! (2012年3月)
● 新春特集 東日本大震災復興支援と今後 (2012年1月)
【2011年】
● 東日本大震災復興支援 仙台市職へ訪問 (2011年10月)
● 東日本大震災復興支援活動 事業本部も被災地支援に協力 (2011年8月)
● 八王子まつり「資源循環・分別収集ボランティア」中止のお知らせ (2011年7月)
● 東日本大震災 復興支援 4月から自治労の本格的な支援活動を開始 (2011年6月)
● 東日本大震災 復興支援 行政も自治労も最大限の協力体制 (2011年5月)
● 東日本大震災、救援活動本格化 行政組織としての最大限の支援を取り組もう (2011年4月)
● 東日本大震災 “今、何ができるか” (2011年3月)
【2010年】
● 地球にやさしい 八王子まつり 分別収集ボランティアに延べ582名が参加 (2010年10月)
● 地球にやさしい八王子まつり 第10回 資源循環・分別収集ボランティア実施 (2010年6月)
● 松代雪下ろしボランティア開催 大雪を乗り越え交流 (2010年3月)
【2009年】
● 地球にやさしい 八王子まつり 新たなコミュニティづくりを (2009年9月)
● 八王子まつりボランティア 分別ステーションを軸に八王子まつりと環境保護の融合を (2009年9月)
● 八王子まつり実行委員会開催 地球にやさしい八王子まつり (2009年4月)
【2008年】
● 地球にやさしい 八王子まつり (2008年9月)
● 八王子まつり 分別収集ボランティア 参加者大募集! (2008年7月)
● 八王子まつり 分別収集ボランティアに参加しよう (2008年5月)
【2007年】
● 八王子まつり 分別・収集ボランティア338名参加 (2007年8月)
● 八王子まつり  分別・清掃ボランティアに参加しよう (2007年6月)
【2006年】
● 雪下ろしボランティアを実施します (2006年12月)
● 組合員・家族、民間労組、学生、一般市民のべ387人参加 (2006年8月)
● きれいで安心・八王子まつり 今年で5回目、分別収集ボランティアへ参加 (2006年7月)
● 豪雪の新潟、十日町、小千谷で雪下ろしボランティア実施 (2006年2月)
【2005年】
● 八王子まつり「ゴミ」分別収集ボランティア(8月5日〜7日)のべ263人が参加 (2005年9月)
● 第9期 連合東京ボランティア・サポートチーム募集 (2005年4月)
● 青年部主催 豪雪の松代町雪下ろしボランティア (2005年4月)
● ボランティア活動、その基本的な考えについて (2005年2月)
● 1月17日 阪神・淡路大震災から10年 (2005年1月)
● 中越地震の行政ボランティア活動について、
    十日町市長からお礼のメッセージが届きました (2005年1月)
● 第2回/新潟県・中越地震 (2005年1月)
【2004年】
● 第1回/新潟県・中越地震 (2004年12月)
● 新潟県・中越地震災害救援ボランティア (2004年11月)
● 八王子まつり 清掃・分別収集ボランティアのべ283人の参加で10トン以上収集 (2004年8月)
● 第8期連合東京ボランティアサポートチームに参加して (2004年7月)
● 八王子まつり(8月6日〜8日)まつり期間中の
    ゴミ・資源の分別指導ボランティアを実施します (2004年7月)
● 八王子まつり(8月6日〜8日)ボランティア募集 (2004年6月)
【2003年】
● 八王子まつりボランティア (2003年8月)
● 雪下ろしボランティア雪国で汗をかき交流 (2003年2月)
【2002年】
● ボランティアと職務の関係の整理一基本的な考え方を確認−ただちに職場点検を (2002年10月)
● 八王子まつりボランティアのベ200人以上の組合員・地域協力者が
   参加ご協力ありがとうございました (2002年7月)
● 八王子まつりボランティア (2002年5月)
● 地域交流・ボランティア (2002年5月)
【2001年】
● 第41回八王子祭りボランティア募集 (2001年7月)
● 自律と協働のボランティアは地域社会の要、労働組合の地域活動にも不可欠 (2001年5月)

地球にやさしい 八王子まつり



▲事前説明を受けるボランティア
 今年で8回目となる八王子まつり分別収集ボランティアは、8月1日から3日間、のべ477人の参加で実施されました。
 今回は八王子まつりそのもののスローガンも「地球にやさしい八王子まつり」となり、地球環境保護を訴えて取り組んできたこれまでのボランティア活動の成果が現れました。
 さらに今回から、とくに夏休み中の小学生、中学生の参加について教育委員会の協力も得ながら取り組みました。これは八王子まつりへのこども達の来場が多く、夜店などから出されるゴミを分別することで、環境保護を学習するとともに、一般参加者へのアッピールにもつながるとの考え方で取り組みました。

▲左から、関野美織さん・米山紗希さん・目黒恵さん
 さらに高校生や、八王子学生委員会の各大学生、また親子での参加も増えました。
 小・中・高生の皆さんには、ボランティア活動参加証を発行しました。

 分別収集ステーションは甲州街道、西放射線を中心に12箇所設置。市民の分別意識は年々高まってきました。
▲ステーションの位置を知らせる看板を設置

▲暑い中、分別の協力を呼びかける
 分別ステーションは、八王子まつりのインフォメーション機能、迷子やいじめなどからこどもを守る機能など、有人ステーションとしての付加価値が多くあります。
 また、ステーションのボランティアが中町で発生した火災の第一通報者となるなど、地域の見守り機能も果たしました。
 一方、環境部の清掃指導員も、ボランティア活動と連携をとりながら、ボランティアでは困難な商店や町会を巡回し、分別指導を強めたおかげで、路上の不法投棄はほとんどなくなりました。

▲集められた資源物「缶」
▲夜店、町会等から分別して出された資源の
 回収が今後の課題



 分別収集の実績は下記のとおりです。この中で、不燃物、可燃物には、やむを得ず収集したステーション付近の夜店や町会の不燃物、可燃物が大量に含まれています。
 その理由は、夜店や商店、神輿や山車から出されるゴミは、「ビン、缶、ペットボトル、ダンボール、不燃ごみ、可燃ごみ」に分別されていますが、分別ごとの集積所がなく、また事業系廃棄物扱いでボランティア収集ではなく収集委託となるためです。(収集委託業者の回収時間は深夜からで、その間放置されるため資源の山がごみの山になってしまいます)
 今後、ボランティアと委託業者との連携した分別収集が大きな課題といえます。





▲分別ステーションに「資源還流門」


▲「資源還流門」を製作した建設ユニオンの
 金子さん、藤岡本部長、村岡さん

 毎年参加している建設ユニオン(大工さんらの組合)は、今回分別ステーションと祭りとの融合をテーマに、多摩産財を使った「資源還流門」を製作しました。
 製作したのは、宮大工の金子さんと村岡さん。設計は建築士の大平さん。「分別ステーションはゴミ捨て場ではなく、資源として還流する入り口」とし、お寺の山門を思わせる立派なつくりで、祭り参加者の注目を集めました。(資源還流門は今後市役所食堂などに展示することを検討しています)
 また、参加協力団体も拡大し、学校給食の廃油を生成し燃料にしている環境部のバイオディーゼル車も活用されました。

▲収集に使用された「バイオディーゼル車」


(「はぴねす」119号/2008年9月17日)
▲top (上のメニューに戻ります)