(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● 第13回八王子まつり 資源循環・分別収集ボランティアに延べ710人が参加 (2014年9月)
● 第13回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2014年6月)
【2013年】
● 第12回八王子まつり 資源循環・分別収集ボランティアに延べ506人が参加 (2013年10月)
● 第12回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2013年6月)
● 1年間の予定で震災復興に従事している派遣職員の川村 貞二 さん(水循環部付)を訪問! (2013年1月)
【2012年】
● 第11回地球にやさしい 八王子まつり 分別収集ボランティアに延べ917名の方々が参加 (2012年9月)
● 第11回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2012年6月)
● 第11回八王子まつり・分別収集ボランティア 開催日が内定! (2012年3月)
● 新春特集 東日本大震災復興支援と今後 (2012年1月)
【2011年】
● 東日本大震災復興支援 仙台市職へ訪問 (2011年10月)
● 東日本大震災復興支援活動 事業本部も被災地支援に協力 (2011年8月)
● 八王子まつり「資源循環・分別収集ボランティア」中止のお知らせ (2011年7月)
● 東日本大震災 復興支援 4月から自治労の本格的な支援活動を開始 (2011年6月)
● 東日本大震災 復興支援 行政も自治労も最大限の協力体制 (2011年5月)
● 東日本大震災、救援活動本格化 行政組織としての最大限の支援を取り組もう (2011年4月)
● 東日本大震災 “今、何ができるか” (2011年3月)
【2010年】
● 地球にやさしい 八王子まつり 分別収集ボランティアに延べ582名が参加 (2010年10月)
● 地球にやさしい八王子まつり 第10回 資源循環・分別収集ボランティア実施 (2010年6月)
● 松代雪下ろしボランティア開催 大雪を乗り越え交流 (2010年3月)
【2009年】
● 地球にやさしい 八王子まつり 新たなコミュニティづくりを (2009年9月)
● 八王子まつりボランティア 分別ステーションを軸に八王子まつりと環境保護の融合を (2009年9月)
● 八王子まつり実行委員会開催 地球にやさしい八王子まつり (2009年4月)
【2008年】
● 地球にやさしい 八王子まつり (2008年9月)
● 八王子まつり 分別収集ボランティア 参加者大募集! (2008年7月)
● 八王子まつり 分別収集ボランティアに参加しよう (2008年5月)
【2007年】
● 八王子まつり 分別・収集ボランティア338名参加 (2007年8月)
● 八王子まつり  分別・清掃ボランティアに参加しよう (2007年6月)
【2006年】
● 雪下ろしボランティアを実施します (2006年12月)
● 組合員・家族、民間労組、学生、一般市民のべ387人参加 (2006年8月)
● きれいで安心・八王子まつり 今年で5回目、分別収集ボランティアへ参加 (2006年7月)
● 豪雪の新潟、十日町、小千谷で雪下ろしボランティア実施 (2006年2月)
【2005年】
● 八王子まつり「ゴミ」分別収集ボランティア(8月5日〜7日)のべ263人が参加 (2005年9月)
● 第9期 連合東京ボランティア・サポートチーム募集 (2005年4月)
● 青年部主催 豪雪の松代町雪下ろしボランティア (2005年4月)
● ボランティア活動、その基本的な考えについて (2005年2月)
● 1月17日 阪神・淡路大震災から10年 (2005年1月)
● 中越地震の行政ボランティア活動について、
    十日町市長からお礼のメッセージが届きました (2005年1月)
● 第2回/新潟県・中越地震 (2005年1月)
【2004年】
● 第1回/新潟県・中越地震 (2004年12月)
● 新潟県・中越地震災害救援ボランティア (2004年11月)
● 八王子まつり 清掃・分別収集ボランティアのべ283人の参加で10トン以上収集 (2004年8月)
● 第8期連合東京ボランティアサポートチームに参加して (2004年7月)
● 八王子まつり(8月6日〜8日)まつり期間中の
    ゴミ・資源の分別指導ボランティアを実施します (2004年7月)
● 八王子まつり(8月6日〜8日)ボランティア募集 (2004年6月)
【2003年】
● 八王子まつりボランティア (2003年8月)
● 雪下ろしボランティア雪国で汗をかき交流 (2003年2月)
【2002年】
● ボランティアと職務の関係の整理一基本的な考え方を確認−ただちに職場点検を (2002年10月)
● 八王子まつりボランティアのベ200人以上の組合員・地域協力者が
   参加ご協力ありがとうございました (2002年7月)
● 八王子まつりボランティア (2002年5月)
● 地域交流・ボランティア (2002年5月)
【2001年】
● 第41回八王子祭りボランティア募集 (2001年7月)
● 自律と協働のボランティアは地域社会の要、労働組合の地域活動にも不可欠 (2001年5月)

地球にやさしい 八王子まつり 新たなコミュニティづくりを


 今年で9回目となる八王子まつり資源循環・分別収集ボランティアは8月7日から3日間、延べ442人が参加し実施されました。八王子の歴史と文化を継承する八王子まつりも今年で49回を迎えました。来場者は昨年より3万5千人増え、これまでの最多となる65万3千人と主催者側から発表がありました。
 私たちはボランティア活動をつうじて、地球環境保護、CO2削減の推進を訴え、単なるゴミ収集ではないという呼びかけをしてきました。分別種類も可燃物、不燃物、カン、ビン、ペットボトルに加え新たにペットボトルのキャップの回収も加えました。市民の分別意識もだいぶ浸透してきています。このボランティアはこどもや学生、大人など幅広い参加の中で実施しています。

▲出発前本部で説明を受ける参加者
▲暑い中一生懸命に参加した学童のこども達
寺町・台町・千人町の学童のこども達が参加

 ボランティア活動を通じ、こども達や親子での参加は地域社会とのコミュニケーション・親子のふれあいの場となり参加者が増えています。
 今回はじめて寺町、台町、千人町の学童保育所のこども達が元気に参加し、小学生、中学生、高校生や学生委員会、八王子クラッセアッレバレー(相談学級)、家族の皆さんなど多くの参加がありました。
 ボランティア終了後、こども達には、参加証と担当分別ステーション前で撮影した写真をプレゼント。また、清掃職員が清掃車を稼動し説明するなど、実際に資源が処理される所を間近で見ながら、環境学習を実施しました。

▲参加証と記念写真を受け取る小学生
▲清掃車に試乗する参加の小学生


深夜、夜店の戸別収集

 昨年、課題でもあった夜店の資源回収は、本来事業系産業廃棄物扱いとなり、ボランティアの分別収集の枠外でした。しかし資源であることから、どう対処すべきか検討しました。そこで事前に夜店代表者、環境部、事業本部で協議を行い夜店終了後、深夜に収集委託業者とボランティアが共同で個別収集を行なうことになりました。その結果、これまで交差点角にあった分別されてないゴミの山が一掃され、環境面、衛生面、分別作業の手間が大きく改善されました。
 また、町会、商店、神輿、山車のゴミも同様にステーションに持ち込み、分別しましたが、朝方までに不法投棄する方がまだ後を絶たない状況でした。

▲夜間収集をする職員
▲昨年までの深夜交差点に出されたごみの山


ステーションを宿場名に変更

 分別収集ステーションは新たに八王子駅北口のサンドラック前に設置し、昨年より1つ多い14ステーションとなりました。また、今回から八王子の歴史学習を兼ねて、江戸時代半ば八王子横山十五宿と呼ばれた宿場街であったことから各ステーションに宿場名を入れました。
 また、ボランティアがステーション近くで具合の悪い人を介護(2面参照)し病院に連れて行ったなどの報告もありました。

▲新しいステーション子安宿
▲今年もシンボルとなった資源還流門


山車(だし)を引けるランティア参加のこども達!
▲横山町三丁目の「山車」を引く森議員
 今年は、特別執行委員である森えいじ市議会議員の案内で、ボランティアに参加したこども達に横山町三丁目の「山車(だし)」を引くなど楽しい体験が出来ました。

 

来年、資源循環分別収集ボランティアは10周年!
 今回はこれまで以上に組合員、環境部、管理職の皆さん、こども達や学生、企業、労組など多数が参加し、無事終了することが出来ました。
 来年はこのボランティアも10周年を迎えます。さらにボランティアの輪を広げ、地球環境保護、CO2削減など市民参加の地域コミュニティ活動として取り組み、きれいな、心に残る八王子まつりになるよう取り組む考え方です。
▲放水車で早朝清掃





(「はぴねす」126号/2009年9月25日)
▲top (上のメニューに戻ります)