(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● 第13回八王子まつり 資源循環・分別収集ボランティアに延べ710人が参加 (2014年9月)
● 第13回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2014年6月)
【2013年】
● 第12回八王子まつり 資源循環・分別収集ボランティアに延べ506人が参加 (2013年10月)
● 第12回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2013年6月)
● 1年間の予定で震災復興に従事している派遣職員の川村 貞二 さん(水循環部付)を訪問! (2013年1月)
【2012年】
● 第11回地球にやさしい 八王子まつり 分別収集ボランティアに延べ917名の方々が参加 (2012年9月)
● 第11回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2012年6月)
● 第11回八王子まつり・分別収集ボランティア 開催日が内定! (2012年3月)
● 新春特集 東日本大震災復興支援と今後 (2012年1月)
【2011年】
● 東日本大震災復興支援 仙台市職へ訪問 (2011年10月)
● 東日本大震災復興支援活動 事業本部も被災地支援に協力 (2011年8月)
● 八王子まつり「資源循環・分別収集ボランティア」中止のお知らせ (2011年7月)
● 東日本大震災 復興支援 4月から自治労の本格的な支援活動を開始 (2011年6月)
● 東日本大震災 復興支援 行政も自治労も最大限の協力体制 (2011年5月)
● 東日本大震災、救援活動本格化 行政組織としての最大限の支援を取り組もう (2011年4月)
● 東日本大震災 “今、何ができるか” (2011年3月)
【2010年】
● 地球にやさしい 八王子まつり 分別収集ボランティアに延べ582名が参加 (2010年10月)
● 地球にやさしい八王子まつり 第10回 資源循環・分別収集ボランティア実施 (2010年6月)
● 松代雪下ろしボランティア開催 大雪を乗り越え交流 (2010年3月)
【2009年】
● 地球にやさしい 八王子まつり 新たなコミュニティづくりを (2009年9月)
● 八王子まつりボランティア 分別ステーションを軸に八王子まつりと環境保護の融合を (2009年9月)
● 八王子まつり実行委員会開催 地球にやさしい八王子まつり (2009年4月)
【2008年】
● 地球にやさしい 八王子まつり (2008年9月)
● 八王子まつり 分別収集ボランティア 参加者大募集! (2008年7月)
● 八王子まつり 分別収集ボランティアに参加しよう (2008年5月)
【2007年】
● 八王子まつり 分別・収集ボランティア338名参加 (2007年8月)
● 八王子まつり  分別・清掃ボランティアに参加しよう (2007年6月)
【2006年】
● 雪下ろしボランティアを実施します (2006年12月)
● 組合員・家族、民間労組、学生、一般市民のべ387人参加 (2006年8月)
● きれいで安心・八王子まつり 今年で5回目、分別収集ボランティアへ参加 (2006年7月)
● 豪雪の新潟、十日町、小千谷で雪下ろしボランティア実施 (2006年2月)
【2005年】
● 八王子まつり「ゴミ」分別収集ボランティア(8月5日〜7日)のべ263人が参加 (2005年9月)
● 第9期 連合東京ボランティア・サポートチーム募集 (2005年4月)
● 青年部主催 豪雪の松代町雪下ろしボランティア (2005年4月)
● ボランティア活動、その基本的な考えについて (2005年2月)
● 1月17日 阪神・淡路大震災から10年 (2005年1月)
● 中越地震の行政ボランティア活動について、
    十日町市長からお礼のメッセージが届きました (2005年1月)
● 第2回/新潟県・中越地震 (2005年1月)
【2004年】
● 第1回/新潟県・中越地震 (2004年12月)
● 新潟県・中越地震災害救援ボランティア (2004年11月)
● 八王子まつり 清掃・分別収集ボランティアのべ283人の参加で10トン以上収集 (2004年8月)
● 第8期連合東京ボランティアサポートチームに参加して (2004年7月)
● 八王子まつり(8月6日〜8日)まつり期間中の
    ゴミ・資源の分別指導ボランティアを実施します (2004年7月)
● 八王子まつり(8月6日〜8日)ボランティア募集 (2004年6月)
【2003年】
● 八王子まつりボランティア (2003年8月)
● 雪下ろしボランティア雪国で汗をかき交流 (2003年2月)
【2002年】
● ボランティアと職務の関係の整理一基本的な考え方を確認−ただちに職場点検を (2002年10月)
● 八王子まつりボランティアのベ200人以上の組合員・地域協力者が
   参加ご協力ありがとうございました (2002年7月)
● 八王子まつりボランティア (2002年5月)
● 地域交流・ボランティア (2002年5月)
【2001年】
● 第41回八王子祭りボランティア募集 (2001年7月)
● 自律と協働のボランティアは地域社会の要、労働組合の地域活動にも不可欠 (2001年5月)

東日本大震災 “今、何ができるか”


豊富な行政経験が力を発揮
▲新潟県・中越地震災害救援
 ボランティア(2004年10月)
 3月11日に発生した、東北地方太平洋沖地震は予想をはるかに超える規模の津波により東北太平洋地域一体に壊滅的な被害をもたらしました。死者・行方不明者は2万人を超え、海岸線一帯の道路は寸断され、行方不明者の捜索活動や被災者への支援物資の提供など、救援隊の行く手を阻んでいる状況です。
 政府関係機関は自衛隊や消防庁など全国からの救援を送り込んで全力で救済にあたっていますが、被災地域が広域でありまだまだ予断を許しません。


街頭募金活動に職員も積極的に参加
 一方、民間レベルの支援の手も続々と寄せられていますが、企業や団体、個人など義援金活動が行なわれるなか、八王子市でも1億円を目標に義援金を募集することとしました。
 駅頭には市議会や市民ボランティアと一緒に職員も率先して配置し呼びかけを行ってきました。
 また、八王子市は現地避難所への支援隊の編成準備を整え、東京都の指示を待っているところです。
 なお東京都からの指示では、現在(3月22日)は物資の支援については飲み水と不足している紙おむつ類などに限られていとのことです。
▲西八王子駅で義援金募金活動をする職員


阪神・新潟・三宅の経験を活かし、組織的な対応が求められる
 自治労本部でも徳永委員長を災害対策本部長に22日から現地入りし被災された各地域の被災状況調査や被災県本部への見舞いを行ないました。
 自治労本部でも全国の仲間のカンパ支援協力を呼びかけるとともに、復旧活動に積極的に参加していく方針を示しました。


事業本部でも避難者支援を
▲三宅島帰島支援(2005年2月)
 八王子市職員等事業本部では、現在会員の方の被災については報告を受けてはいませんが、親戚や友人との連絡が未だ取れない状況にある方々もおおくあります。
 現在、カンパ活動については行政側と一帯で行なうこととしていますが、自治労としてもカンパ要請がされていることを検討し、皆様の暖かい気持ちを現地へ届けて行きたいと考えています。
 また、災害復興など長期化が予想されますが、事業本部ではこれまでの阪神淡路、新潟中越、三宅島など災害支援の経験を活かし、取り組みを進めて行きます。会員の皆様のご理解とご協力をお願いします。

 


(「はぴねす」135号/2011年3月25日)
▲top (上のメニューに戻ります)